武藤栄のニュース

いとおしいすべての命のため…「福島原発告訴団」女性団長の奮闘

WEB女性自身 / 2016年05月22日06時00分

過酷事故を引き起こした東電幹部が罪に問われないどころか、強制捜査すらされないという異常事態が続いていたが、告訴団の粘り強い追求の末、 15年7月、ようやく東電の元会長・勝俣恒久氏、元副社長の武黒一郎氏・武藤栄氏の3人が強制起訴され、いよいよ画期的な刑事裁判がスタートすることになった。 「この裁判は10年かかるといわれていて、まだまだ先は長いんですけど、よう [全文を読む]

裁判所は原発ムラの代理人だ! 高浜原発再稼働のために最高裁が“選り抜き裁判官“を福井地裁に送り込んでいた

リテラ / 2016年03月15日08時00分

事故当時の東京電力の幹部、勝俣恒久会長、武藤栄副社長、武黒一郎副社長の3人の刑事責任がようやく問われることになった。 といっても、検察が起訴したわけではない。検察はこの3人について2度に渡り不起訴処分という信じがたい決定を下したが、それに対し検察審査会が2度とも「起訴すべき」との議決をした結果、強制起訴になったのだ。 今後は裁判で審理されるが、彼らが刑事罰 [全文を読む]

福島第一原発事故から5年、東電の元会長ら3人を強制起訴=欧米ネット「どんな処罰や罰金が科せられるのだろう?」「たった3人?」

Record China / 2016年03月01日18時00分

2011年に発生した原発事故から5年がたったが、事故の刑事責任が法廷で争われるのは初めてで、起訴されたのは、元会長の勝俣恒久氏、元副社長の武藤栄氏、武黒一郎氏の3人。起訴状によると、3人は津波が発生して事故が起こることが予測できたにもかかわらず、対策を怠ったために原発事故を引き起こし、死者や負傷者を出したとしている。3人は無罪を主張するとみられている。 [全文を読む]

「歴史的な出来事」「被害者の励みに」東電旧経営陣の強制起訴を受け原発告訴団が会見

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月29日20時08分

●「徹底的に究明してほしい」 強制的に起訴されたのは、東京電力の勝俣元会長、武藤栄元副社長、武黒一郎元副社長の3人。津波の襲来によって、福島第一原発が浸水する可能性について予見できたにもかかわらず、未然に防ぐ業務上の注意義務を怠って、13名にケガを負わせたほか、44人を避難を余儀なくさせるなどして死亡させたとして、業務上過失致死傷の罪に問われている。 武 [全文を読む]

原発事故めぐる「初の刑事裁判」で何が問われる?――東電元会長ら強制起訴へ

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月28日17時02分

報道によると、勝俣元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の3人が、事故を予見できたのに、安全対策をする義務を怠って原発事故を発生させ、避難を余儀なくされた周辺の病院の入院患者を死亡させたことなどが起訴状に盛り込まれる見通しだという。この事故をめぐっては、検察は不起訴という判断をしていたが、検察審査会が2015年7月に「起訴すべき」と議決していた。今回の強 [全文を読む]

東電幹部を業務上過失致死傷の疑いで起訴へ!原発、大津波事故を予見しつつ対策先送り

Business Journal / 2016年02月12日06時00分

起訴されるのは、勝俣元会長と、武藤栄・元副社長(原子力・立地本部長)、武黒一郎・元副社長(同)の3人。罪名は業務上過失致死傷だ。検察審査会の議決は、3人が福島第一原発を大きく超える津波が襲来して重大事故が発生する可能性のあることを予見できたのに、必要な安全対策を取ることなく運転を続けたため、大震災による津波で炉心損傷などの事故を起こし、避難を強いられた近 [全文を読む]

弱きを助け強きを挫く! 原発裁判を闘う凄腕弁護士・河合弘之という男

tocana / 2015年08月14日11時00分

福島第一原発事故当時、東京電力の会長であった勝俣恒久、副社長であった武藤栄、武黒一郎が、業務上過失致死傷罪で強制起訴されることが、この日、東京第五検察審査会で決定したのだ。 私たちが日々接しているニュース。たとえば、高速バスの事故、船の転覆事故、トンネルの崩落事故などでも、事故が発生すれば直ちに管理している会社に警察の捜査が入り、責任者の罪が問われる。だが [全文を読む]

東電旧経営陣強制起訴:海外メディア、市民のパワーを評価も“有罪の可能性低い”

NewSphere / 2015年08月06日11時30分

◆「安全性よりも経済的合理性を優先した」と非難 強制起訴されるのは、勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の3人。福島県の住民グループなどが業務上過失致死傷で告訴していた。原告団は、旧経営陣は津波の危険性を十分に認識していたにもかかわらず、有効な対策を取ることを怠り、放射能漏れという深刻な事態が引き起こされたと主張。その結果、近隣の病院からの避難 [全文を読む]

東電・勝俣元会長ら幹部3人「原発事故」で強制起訴 「市民の正義が勝ち取った」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月31日16時04分

強制起訴が決まったのは、勝俣恒久・元会長と武藤栄・元副社長、武黒一郎・元副社長の3人。 ●「ようやくここまで来た」 福島原発告訴団の武藤類子団長(61)は「私たち被害者はようやくここまで来たという思い」「東電が大津波を予見しながら対策を怠ってきたことは、次々に明らかになっている。元幹部らの罪は明らかだ」と力を込めた。 弁護団の海渡雄一弁護士は検察審査会の議 [全文を読む]

東京大学主席卒業・元ベンチャー企業取締役の石井 遼介氏を招いて講義「本当に使えるようになる!! 提案のためのロジカルシンキング実践講座」を開催

PR TIMES / 2013年08月13日09時51分

日本設計工学会 武藤栄次賞・優秀学生賞受賞(卒業論文)。 同大学院在籍中に株式会社イキゴト設立に参画。 コンサルティング、ブランディング、人材開発領域で「数字」と「ことば」のプロフェッショナルとして生きる。 ◆株式会社ヒトメディアについて 所在地:東京都港区元麻布3-1-35 c-MA3 A棟4F 設立:2006年12月 資本金:3990万円 代表者:代 [全文を読む]

フォーカス