水巻善典のニュース

室田淳が首位浮上! 水巻善典が2打差の2位に

ParOn.(パーオン) / 2013年11月02日16時55分

室田と同じく2位タイスタートの水巻善典も、10番のイーグルなど見せ場を作り、この日3アンダー、通算8アンダーで最終日に逆転を狙う。 首位と3打差の3位には6番でチップインイーグルを沈めたバリー・レーン。トップと5打差の4位に加瀬秀樹がつけている。 イーブンパーの10位タイでスタートした尾崎直道は、前半から二つバーディを沈めて浮上するも後半崩れてこの日もイ [全文を読む]

P・ウェセリンがトップ、水巻善典と室田淳が1打差で追う

ParOn.(パーオン) / 2013年11月01日17時54分

初日首位でスタートした水巻善典と室田淳は共に1つスコアを落として2位タイにとどまった。 そんな中、この日5アンダーをマークし、通算6アンダーでトップに立ったのは、特別承認枠で出場となったポール・ウェセリン。通算3アンダーで4位につけたバリー・レーンと共に欧州シニアツアーで活躍する選手だ。 首位と4打差の5位タイには羽川豊と岩渕博幸。初日4アンダーと好スター [全文を読む]

水巻善典、QT受験が絶妙なスコアメイクを生んだ!

ParOn.(パーオン) / 2013年10月31日18時01分

日本シニアオープン(10月31~11月3日、福岡県・麻生飯塚GCブルー・グリーンC、6726ヤード、パー72) 水巻善典はハーフターンした時点で1アンダー。スコアボードを確認し、「室田(淳)さんが8番で6アンダー、独壇場だなと思った」 と、客観的に首位の位置を確認。しかし「とにかく丁寧にピンの内側を狙っていこうと思った」 というコースマネジメントとパッティ [全文を読む]

室田淳と水巻善典が首位タイ発進!

ParOn.(パーオン) / 2013年10月31日17時50分

日本シニアオープン(10月31~11月3日、福岡県・麻生飯塚GCブルー・グリーンC、6726ヤード、パー72) シニア日本一を決める戦いの初日が行われ、現在賞金ランキング首位の室田淳と、水巻善典が6アンダーで首位に並んだ。 室田は出だしの1番でバーディを奪い、さらに3番でイーグルを決めるなど絶好調。前半を30のハイペースで飛ばした。後半こそイーブンパーと伸 [全文を読む]

モンスターコースに手を焼く日本勢の中、チャレンジ組が好スタート!

ParOn.(パーオン) / 2015年09月03日18時56分

この試合が今季のレギュラーツアー2試合目だが、師匠である水巻善典のアドバイスが効いたという。「マンデーからいい流れですね。気楽な気持ちで入って、唯一のボギーは3パットのみだし、ショットもミスというミスはありませんでした。この試合の解説を務める師匠の水巻プロから『稼ぐなら、フェードだ』と言われ、飛距離を求めずコントロール重視のフェードに球筋を変えました。それ [全文を読む]

アンカリング禁止まであと1年で、減ってきた長尺パター使用者

ParOn.(パーオン) / 2014年12月16日07時00分

加瀬秀樹ら複数のプロも同様にパターを替えているほか、芹澤信雄やブレンダン・ジョーンズのように通常の長さのパターに戻すプロ、水巻善典のように通常の長さに戻したものの、実戦投入に時間がかかっているプロなど、それぞれに苦慮しているようだ。 そもそも長尺・中尺パターによるアンカリングが支持されてきた理由は、前かがみにならないので腰痛にいい、シンプルに反復動作ができ [全文を読む]

尾崎直道、三つ巴のプレーオフを制しシニアメジャー初制覇!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月12日18時28分

通算13アンダーの4位に水巻善典が入り、井戸木鴻樹はポール・ウェセリンと並んで通算12アンダーの5位タイ。PGA会長としての初Vを狙った倉本昌弘は、通算5アンダーの24位タイ、中嶋常幸は通算4アンダーの30位タイ、尾崎健夫は通算イーブンパーの39位タイに終わった。 [全文を読む]

倉本昌弘、井戸木鴻樹が首位と3打差 上出裕也が単独トップに

ParOn.(パーオン) / 2014年10月10日16時59分

水巻善典、デビッド・イシイ、白浜育男ら5人が、通算7アンダーの5位タイにつけている。 PGA会長の倉本昌弘は、井戸木鴻樹、尾崎直道らと並んで通算6アンダーの10位タイ、2戦連続優勝を狙う尾崎健夫は、通算5アンダーの20位タイ、ディフェンディングチャンピオンの渡辺司、昨年の賞金王、室田淳や中嶋常幸は、通算4アンダーの26位タイ、初日トップに立った佐藤剛平は、 [全文を読む]

倉本昌弘、トップから2打差の7位タイ発進 佐藤剛平が単独トップ!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月09日17時06分

トップから1打差の5アンダー、2位タイに東聡、真板潔、白石達哉、福澤義光、手嶋啓二の5人がつけ、倉本昌弘、水巻善典、白浜育男ら8人が、4アンダーの7位タイグループ。中嶋常幸、井戸木鴻樹は3アンダーで15位タイ、コマツオープンに続く2戦連続優勝を狙う尾崎健夫は、2アンダーの28位タイにつけた。 ディフェンディングチャンピオンの渡辺司、現在賞金ランキング1位 [全文を読む]

昨年プロテスト合格の谷河枝里子が5位タイから逆転狙う!

ParOn.(パーオン) / 2014年04月12日18時24分

「昨日、ミスショットをしたときとか、すごく顔が暗くなっていることもあったので、なるべく口角を上げて笑顔でいるようにしています」 ちなみに谷河の師匠は男子プロゴルファーの水巻善典なのだが、同じ鳴尾GC所属ということで、師弟関係になった。「水巻さんからも『お前はニコニコしているのが取り柄なのだから、笑ってプレーしなさい』と言われています(笑)。自分ができること [全文を読む]

フォーカス