池田修一のニュース

シャア専用オーリスⅡ、量産型ザクオーリスとキャラホビ2015に出撃し重大発表を!

clicccar / 2015年08月22日15時35分

この発表にはシャア・アズナブルの声優である池田修一さんがサプライズゲストのプレゼンターとして登場します。場内は動揺を隠せないどよめきと歓声に包まれます。 今回の受賞作はファーストガンダムにこだわることなく、逆襲のシャアやギレンの野望などから着想を得るなど、自由な発想が多く目立ちました。 今回、会場では佳作で受賞された2名の応募者が、池田修一さんから賞品目 [全文を読む]

訴訟ではなく学会で議論を 頸がんワクチン記事 月刊誌提訴問題

Japan In-depth / 2016年09月06日15時00分

上昌広(医療ガバナンス研究所 理事長) 「上昌広と福島県浜通り便り」 8月17日、信州大学副学長の池田修一教授が、月刊誌「Wedge」やウェブマガジン「Wedge Infinity」を発行する株式会社ウェッジ、編集人であった大江紀洋氏、さらに医師・ジャーナリストの村中璃子氏に対し約1100万円の損害賠償を求める訴訟を提起した。 問題となった記事とは、「We [全文を読む]

問われるメディアの良心 子宮頸がんワクチンデータ捏造疑惑報道

Japan In-depth / 2016年11月27日07時00分

11月15日、子宮頸がんワクチンの副作用についての厚労省班研究(代表:池田修一信州大学教授)に関する不正疑惑について、信州大学が設置した調査委員会が、調査結果を発表した。同日、朝日新聞は「信州大「不正認められず」子宮頸がんワクチン研究巡り」、毎日新聞は「子宮頸がんワクチン研究不正認められず 信州大調査委」という記事を配信した。朝日、毎日新聞の何れも池田教授 [全文を読む]

子宮頸がんワクチン研究者「実験捏造」と書かれ、ウェッジを提訴

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月17日18時50分

子宮頸がんワクチンの副作用を研究している信州大医学部の池田修一教授は8月17日、研究結果を捏造したと書かれ、名誉を毀損されたとして、出版社ウェッジと当時の編集長、記事を執筆したジャーナリストを相手取り、東京地裁に提訴した。約1100万円の損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めている。 子宮頸がんワクチンの接種をめぐっては、健康被害を訴える報告が約3000件あり [全文を読む]

HPVワクチン副反応の診断基準は単なる仮説

Japan In-depth / 2016年06月04日18時00分

久住英二(医療法人社団鉄医会理事長)2016年6月1日、パシフィコ横浜にて開催された第19回国際細胞学会議にて信州大の池田修一教授の講演を拝聴しました。題は“Neurological manifestations following HPV vaccine immunization.”日本語にすると、HPVワクチン接種後に出現する神経学的兆候、でしょうか。 [全文を読む]

フォーカス