河原温のニュース

【JAF滋賀】クルマで『びわいち!』 湖国スタンプラリーに参加で豪華賞品が当たる

PR TIMES / 2017年03月21日19時39分

http://jafevent.jp/area/kansai/shiga/news/1702_25_018_9.html 〈賞 品〉彦根キャッスルリゾート&スパ ペア宿泊券(1泊朝食付)1名様 大河原温泉 かもしか荘 レストランペアお食事券 1名様 琵琶湖汽船 ミシガンクルーズ ペア乗船券 2名様 びわ湖バレイ ロープウェイ ペア招待券 2名様 ローザン [全文を読む]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.13 RIKI HIDAKA × オカモトレイジ

NeoL / 2016年07月10日15時00分

それラストシーン」 ヒダカ「それくらいしか覚えてないっす」 レイジ「酔っぱらって起きたらタトゥーが入ってることなんかしょっちゅうあるでしょ?」 ヒダカ「さすがにしょっちゅうはないけど、河原温って超偉大な現代美術家がいて、河原温が“I am still alive”って書いた電報を毎日世界のどこかから送るという作品があって。それを観たときにヤバいと思って、い [全文を読む]

京都の老舗帯問屋に現代アートが並ぶ光景。河原温とドナルド・ジャッドの展覧会

FASHION HEADLINE / 2015年01月22日17時00分

会場では14年7月に逝去した河原温に加え、ミニマルアートの巨匠として知られるドナルド・ジャッド(Donald Judd)の作品が展示される。 河原温は“時間”や“存在”をテーマとする作品を得意としており、今回は「日付絵画/デイトペインティング」シリーズから数点の作品を出展。製作の日付や場所が、現地の言葉で単一色のキャンバスに描かれている。2月6日から5月3 [全文を読む]

60歳でアートに目覚めた現役医師、自宅は美術館顔負けの空間

Forbes JAPAN / 2017年05月03日11時00分

サイ・トゥンブリー、河原温、リュック・タイマンス、ジグマー・ポルケ。現代美術の巨匠たちによるクオリティの高い作品がキラ星の如く並ぶ。 リキテンシュタインの版画「金魚鉢」もその一つ。毎朝目を覚まし、ベッドルームの壁に掛かったこの作品を眺めるのが楽しみだという。アートへの情熱が高まっていたときに出会ったのが現存する最大の巨匠・リヒターの作品だった。当時は安価で [全文を読む]

変革はいかに受容されたか? 「日本におけるキュビスム」展はまるで推理小説

ニューズウィーク日本版 / 2017年01月18日19時41分

ピカソとブラックの作品をはさみ、戦前と戦後のふたつのムーヴメントを振り返る会場は、日本のキュビスムの代表とされる萬鐵五郎や東郷青児をはじめ、独自のキュビスムを追求し続けたただひとりと言える坂田一男から、あまりキュビスムとは結びつけられない堂本尚郎や河原温といった画家たちまで、西洋から遠く離れた日本で、キュビスムが、いかに時系列を無視して同時に入ってきた他 [全文を読む]

建築模型に特化した国内唯一の展示&企画施設「建築倉庫ミュージアム」がオープン

NeoL / 2016年06月06日01時34分

収蔵模型 ※2016年6月3日時点、五十音順 青木淳建築計画事務所、阿部仁史アトリエ、北河原温建築都市研究所、隈研吾建築都市設計事務所、 クライン ダイサム アーキテクツ、香山壽夫建築研究所、SANDWICH、シーラカンス アンド アソシエイツ、 千葉学建築計画事務所、トラフ建築設計事務所、株式会社日建設計、坂茂設計事務所、古市徹雄都市建築研究所、 MO [全文を読む]

やくしまるえつこが新作インスタレーションを豊田市美術館「反重力」展で発表

okmusic UP's / 2013年09月15日15時00分

■「反重力 浮遊│時空旅行│パラレル・ワールドAnrigravity」9月14日(土)〜12月24日(火) 豊田市美術館 休館日:月曜日 *9月23 日、10月14 日、11月4 日、12月23日は開館 開館時間:午前10時-17:30(入場は17時まで) *10月12日、10月13日、10月14日は午後8時まで開館 観覧料:一般¥1,000 (¥800 [全文を読む]

フォーカス