深谷昌志のニュース

清原夫妻も? お受験のための「仮面夫婦」合格後数年で離婚

NEWSポストセブン / 2015年12月23日16時00分

お受験事情に詳しい教育評論家の深谷昌志氏が語る。 「経済力の問題が無視できません。特にエスカレーターで上がっていく学校の場合、幼稚園から大学に上がるまでの15年間に莫大な学費がかかります。入学後、それらの費用を捻出することができるのか。学校側にそういう懸念を抱かせる可能性があります」 例えば都心のある名門私立小学校の場合、毎年6月のボーナス時期になると、寄 [全文を読む]

うの以外も 高島忠夫、研ナオコら芸能界ベビーシッター事件簿

NEWSポストセブン / 2015年06月11日16時00分

教育評論家の深谷昌志氏が語る。 [全文を読む]

山田優が生後2か月の長女を抱き居酒屋へ 医師・学者が苦言

NEWSポストセブン / 2014年12月16日07時00分

ただ、赤ちゃんはいったん風邪などのウイルスに感染すると、重症化する可能性があるので、換気が悪く、人が集まるような場所に行くのは避けた方がいいです」 また教育学者の深谷昌志氏もこう指摘する。 「赤ちゃんは何も言わないのでわかりませんが、夜7時から10時にかけてガヤガヤとした場所で灯りが煌々とついている場所にいるというのは決していいとはいえません。すぐに何か問 [全文を読む]

愛子さま 「不規則登校」の裏には皇太子さまの不在が影響か

NEWSポストセブン / 2014年07月08日07時00分

教育評論家の深谷昌志氏はこう言う。「愛子さまも成長され、雅子さまのご病気のことを理解できるようになったのではないでしょうか。ですから、皇太子さまが不在ということで、愛子さまは自分なりに“お母さまの役に立ちたい”という思いから、雅子さまに合わせたのかもしれませんね。遅刻にしても、朝が苦手と伝えられる雅子さまが起きてこられるのを待ってからのご登校だった可能性も [全文を読む]

愛子さま 友達とお出かけの約束をすべて達成できず残念がる

NEWSポストセブン / 2014年02月15日16時00分

「今、愛子さまは雅子さまが学校行事に姿を見せられたり、一緒に出かけられることを、あまり望まれていないようで、仲の良いお友達には、“別にひとりでも大丈夫なのに…”とか“別にママはいなくても…”なんて漏らされているようです」(学習院関係者) 愛子さまの心の変化を教育評論家の深谷昌志氏はこう話す。 「子供は中学生になるころに反抗期を迎えて、親とも距離を置き、自 [全文を読む]

シングルマザーのお受験成功「実家近い」「収入安定」が条件

NEWSポストセブン / 2013年04月03日16時01分

お受験事情に詳しい教育評論家の深谷昌志さんが解説する。 「名門と呼ばれる私立幼稚園の場合、“うちはよいご家庭のお子さんをお預かりしています”というイメージをとても大切にするので、受験においても円満な家庭の子供を優先して合格させる傾向があります。受験時に両親が揃っているかどうかを気にするところは多いので、離婚協議中だとイメージが悪く、受験に不利に働くことがあ [全文を読む]

愛子さま「1/2成人式」でクラスメートといきものがかり合唱

NEWSポストセブン / 2012年03月02日16時00分

これからも思いやりを忘れずに、人から信頼される人間になりたいと思います」 この愛子さまのスピーチを、東京成徳大学子ども学部・深谷昌志特任教授はこう解説する。 「本来、小学4、5年生というのは児童期が完成するころなんです。愛子さまが堂々たる姿で自信に満ちた発言をなさったことは、成長なさって精神が安定している証拠といえます。愛子さまはいくつかのお悩みを抱えてい [全文を読む]

フォーカス