瀧廉太郎のニュース

日本国はじまりの地 奈良県橿原市の「春の神武祭」にて 台湾との文化交流コンサートを4月7日~9日開催!

@Press / 2017年03月28日14時30分

【トピックス1】鄧雨賢音楽隊による「春の神武祭 開会式コンサート」開催:4月7日(金) 16:30~台湾歌謡の父と呼ばれる作曲家である鄧雨賢は、日本で音楽教育を受けたこともあり、日本を通して西洋音楽文化を学び、台湾の音楽文化との融合を試みた作曲家であり、いわば台湾の音楽文化の近代化を象徴する作曲家で、台湾における瀧廉太郎とも呼ばれています。この台湾の国民的 [全文を読む]

「月(MOON)からイメージする曲」ランキング。~音楽情報マガジン『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2016年09月26日15時27分

)回答者数 n=6203人順位:曲名/アーティスト名1位:三日月/ 絢香2位:月光/鬼束ちひろ3位:月のしずく/RUI(柴咲コウ)4位:ムーンライト伝説/DALI5位:MOON/REBECCA6位:今夜月の見える丘に/B'z7位:Fly Me to the Moon/クレア・リトリー、高橋洋子 他8位:月光/ベートーヴェン9位:Moon Crying/倖田 [全文を読む]

子供の歌から世界の名曲、歌謡曲まで全285曲! 歌い継がれる名曲の魅力とは!? 長田暁二著『世界と日本の愛唱歌・抒情歌事典』11月27日発売!

PR TIMES / 2015年11月25日17時44分

[画像: http://prtimes.jp/i/4566/747/resize/d4566-747-367461-1.jpg ] 「荒城の月」へ込めた作曲家・瀧廉太郎の心情、格調と美的情緒を享受できる唱歌「故郷(ふるさと)」、愛しい女性への想いをスコットランド独自のことばに乗せて唄った「アニー・ローリー」……。歌には、当時の制作者や歌い手の希望や夢、祈 [全文を読む]

『必ず役立つ 合唱の本 日本語作品編』5月21日発売!

PR TIMES / 2015年05月20日12時44分

「日常会話の発声法とどう違うのかわからない」 「お客さんに『歌詞が聴き取りづらい』と言われた……」 そんなあなたに今日から役立つ1冊! [目次] ■■序章 マンガ:日本の合唱を歌おう ■■第1章 座談会:日本語を美しく表現する方法 ■■第2章 日本語作品を歌う魅力と難しさ ■■第3章 日本語が美しく聞こえる歌い方 ■■第4章 実践で学ぶ日本語作品の歌い方 [全文を読む]

は~、スッキリ!「頭痛がやわらぐクラシック曲」ランキング

Woman Insight / 2014年12月04日11時30分

6位 瀧廉太郎「組歌《四季》から第1曲『花』」 909名 7位 サティ「ジムノペディ No.1「ピアノ版」」 885名 8位 エルガー「愛のあいさつ Op.12sgr」 478名 9位 チャイコフスキー「弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48第1楽章」 463名 10位 マスカーニ「歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲」 337名 ※バイエル製薬調べ [全文を読む]

フォーカス