田中秀征のニュース

「インプットの洪水」からあなたを救うITツール8選

Forbes JAPAN / 2017年05月15日15時00分

モバイル版もシンプルなつくりで使い勝手が良い(田中秀征・ビビビット マーケティング事業本部統括 クリエイティブディレクター)8. Alfred:PC上のあらゆる操作がマウス不要にファイルやウェブの検索、アプリの起動などの操作を高速・簡略化。検索ウィンドウへのキーボード入力一つで行うことができる。呼び出しのキーワードを自分で設定してカスタマイズも可能。ー利用 [全文を読む]

使ってる? 「思いつき」をイノベーションにつなぐ10のツール

Forbes JAPAN / 2017年05月09日15時00分

最近周囲でも使い始める人が増えてきているが、良い反応を聞くことが多い(田中秀征・ビビビットクリエイティブディレクター)。9. esa/「途中公開」で完成度を高める「情報を育てる」をコンセプトにしたナレッジ共有ツール。未完成であることを前提に資料を公開する機能があり、スピード感と情報の精度を高める。10. Qiita:Team/タグ付けで欲しい情報に即リーチ [全文を読む]

第37 回「石橋湛山賞」受賞作決定

PR TIMES / 2016年08月19日15時02分

この中から選考委員の奥村洋彦(学習院大学名誉教授)、叶芳和(経済評論家)、田中秀征(福山大学客員教授)、増田弘(立正大学法学部特任教授)、山縣裕一郎(株式会社東洋経済新報社 代表取締役社長) 各氏の合議を経て、最終選考委員会の場で決定します。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

著名人による特別セミナーが好評の「実践ソリューションセミナー」を京都で開催(4月14日)

PR TIMES / 2016年04月01日15時37分

http://www.otsuka-shokai.co.jp/event/jsf/kyoto/seminar.php?t=t02&d=d01&sub=coment&act=A11&02=01_pt_jsf2016_20160401c4月14日(木)13:00~14:10★日本再生の行方[画像2: http://prtimes.jp/i/9712/735/r [全文を読む]

テレビで憲法がタブーになった! 憲法記念日に民放はスルー、NHKは政治家に丸投げ

リテラ / 2015年05月05日21時00分

番組最後のコーナー「風をよむ」で、改正賛成派と反対派それぞれの街の声を紹介した上で、スタジオトークでは細川政権時代に首相補佐官を務めた田中秀征が「改正を怖がってはいけない」と述べ、一方、国際政治学者の姜尚中は「(人を殺さない)日本国憲法は文明の利器」と発言。毎日新聞特別編集委員の岸井成格は「連休明けの国会を国民は注視しなければいけない」と締めた。 .... [全文を読む]

メンバーはセレブだらけ…細川氏擁立した機関「日本の選択」とは?

WEB女性自身 / 2014年01月23日07時00分

この連合を使って、森さんにひと泡吹かせてやろうと考えているのではないでしょうか」 さらに細川陣営に政策策定の責任者として、細川氏の盟友で新党さきがけの元代表代行の田中秀征氏が加わった。ビジネスチャンスを窺うセレブたちに、引退した政治家たち。魑魅魍魎が細川氏を取り巻いている。 (週刊FLASH 2月4日号) [全文を読む]

細川護熙・元首相 東京都知事選挙への電撃出馬劇の内幕とは

NEWSポストセブン / 2014年01月14日07時00分

実は本誌に断わりを入れたその日、細川氏は細川内閣の首相特別補佐を務めた盟友の田中秀征氏と会談しており、かつての側近やブレーンと会談を重ねて出馬を真剣に検討し始めていた。 「都知事選は脱原発を有権者に問うまたとない機会だ。他にやるという候補がいないのなら……」 年が明けると、細川氏はブレーンたちに出馬への意欲をにじませるようになっていた。いつ出馬を決断して [全文を読む]

フォーカス