田代政弘のニュース

日本政治史に残る小沢一郎氏疑獄事件 不可解な形で無罪放免

NEWSポストセブン / 2013年04月30日16時00分

4月22日、東京第1検察審査会(検審)は、虚偽有印公文書作成などの容疑で刑事告発された田代政弘・元検事(懲戒処分後、辞職)について「不起訴不当」とする議決書を公表した。 田代氏の容疑は、小沢一郎・生活の党代表の資金疑惑捜査の際、小沢氏の元秘書だった石川知裕・代議士の取り調べに関して「虚偽の報告書」を作成したというものだ(※注1)。 虚偽報告は捜査への信頼 [全文を読む]

山口地検検事 飲食店で4か月に5回お触りして減給1か月処分

NEWSポストセブン / 2012年09月07日16時00分

だがその一方で、小沢氏の元秘書の捜査報告書を捏造した元東京地検特捜部の田代政弘氏は不起訴とされ、「減給処分」の末に自主退職で済ませている(現在、市民団体が検察審査会に不起訴処分の不服申し立て中)。身内に甘い体質は、何も変わっていない。 そうした検察の姿勢を端的に示す資料を入手した。最高検、全国の高検、地検全59か所に対し、過去3年分(2009~11年度) [全文を読む]

指揮権発言の小川前法相「なぜクビになったのかわからない」

NEWSポストセブン / 2012年06月26日07時00分

小川氏は、小沢一郎氏の陸山会事件をめぐり、東京地検特捜部の田代政弘検事(当時)が虚偽の捜査報告書を作成したとされる問題について指揮権の発動を決意したが、総理の了承を得られなかったと述べた。 多くのメディアは政治と検察の均衡を損なうとして批判的に報じている。その真意をジャーナリスト・青木理氏が質した。 ――昨年末、関係者の間では麻原死刑囚の執行も間近と取りざ [全文を読む]

小沢元秘書石川氏 検事と三宅雪子氏の「車イス事件」語った

NEWSポストセブン / 2012年05月16日07時00分

小沢一郎氏の元秘書である石川知裕代議士を東京地検特捜部の田代政弘検事が事情聴取した際のやりとりを録音したテープの反訳書が流出した。約5時間にわたる取り調べで、その大半は事件や公判と関係ない雑談に終始している。その内容は下世話な居酒屋談義そのもの。 押収された石川氏のパソコンから、エロビデオが見つかったという会話を二人はしたが、こんなくだりがあった。 石川: [全文を読む]

小沢氏起訴した検察審査会が抱える「7つの重大疑惑」を紹介

NEWSポストセブン / 2012年05月09日07時01分

【6】起訴の判断根拠が田代政弘検事が作成した捏造の捜査報告書だった。 【7】特捜部は小沢氏に有利な証拠は提出さえしていなかった。 ※週刊ポスト2012年5月18日号 【関連ニュース】「小沢起訴」審査員平均30.9歳は「100万分の7」の確率大新聞がスルーした「小沢起訴」審査員の平均年齢改ざん疑惑検審判断を疑問視すると「小沢から金貰ってる」と言われる大マス [全文を読む]

鳥越俊太郎氏「検察審査会というシステムを見直す必要ある」

NEWSポストセブン / 2012年05月08日07時00分

郵便不正事件で前田恒彦・元検事が村木氏を陥れるために改竄したフロッピーディスクは裁判で証拠提出されていないが、陸山会事件では東京地検特捜部の田代政弘・検事が作成したでっちあげの捜査報告書は検察審査会に提出されて決定的な影響を与え、強制起訴で無罪の小沢氏を被告人の立場に追い込んだからだ。 一般国民から選ばれる検察審査会は検察をチェックするためにつくられたは [全文を読む]

陸山会事件めぐり市民団体が検事を告発、捜査報告書の虚偽記載などで

ニコニコニュース / 2012年01月12日22時56分

小沢一郎・元民主党代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる「陸山会事件」の裁判に関連し、東京の市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は2012年1月12日、東京地検特捜部の田代政弘検事を虚偽有印公文書作成罪などで告発する告発状を最高検に提出した。 「陸山会事件」の公判では、陸山会の元事務担当者だった石川知裕衆院議員が保釈後に田代検事に取 [全文を読む]

フォーカス