田嶋伸博のニュース

テスラ「モデルS」、GO PUCK社製軽量バッテリーでパイクスピークに初参戦が決定!

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年05月24日18時00分

リーマック・オートモービル社と共同開発したEV「E-RUNNER CONCEPT 1」を駆るモンスター田嶋こと田嶋伸博は、約25秒遅れて2位でフィニッシュした。パイクスピークの全クラスでの歴代最速記録は、2013年にセバスチャン・ローブが達成した8分13秒878だ。 今年のレースでは、モデルSのほか4台のEVが参戦する。ミレンは「eO PP100」でカムバ [全文を読む]

1368馬力のEVが米伝統の山岳自動車レースでガソリン車を破った!

FUTURUS / 2015年07月03日20時30分

ちなみに、総合2位もEVで、日本から参戦したドライバー、田嶋伸博選手が駆る『2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One』が9分32秒401をたたき出した。 今までこのレースの最速レコードタイムは、2013年にセバスチャン・ローブ選手がガソリン車で出した8分13秒878。今回の『PP03』は、そのタイムには及ばなかったものの [全文を読む]

【ビデオ】モンスター田嶋、「レース・トゥ・ザ・スカイ2015」参戦中にマシンがクラッシュ

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年04月24日17時00分

天候などの条件が過酷な「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で2006年から2011年まで6年連続優勝の経歴を持つ "モンスター田嶋"こと田嶋伸博選手は、おそらく世界で最も有名なヒル・クライム・レーサーだろう。しかし、いかに経験豊富な選手でも、ドライブする競技車両に問題が起きればどうしようもないこともある。ニュージーランドで8年ぶりに復活を遂 [全文を読む]

4万8000人を集めた一大イベント、全日本ラリー選手権・新城ラリー

clicccar / 2014年11月04日14時33分

新城ラリーでも、走行の合間にトミ・マキネン選手のトークショーやサイン会のほか、モンスターこと田嶋伸博氏のサイン会なども行われ、多くの観客が列を作る光景も。 また、モータースポーツにはつきもののクラッシュも、時には観客の目の前で発生することも……。この日もオープンクラスの参加車両がコースアウトを喫してしまいました。競技は一時ストップし、オフィシャルカーが車 [全文を読む]

【ビデオ】パイクスピークのEVクラスで新記録を樹立した三菱車のオンボード映像!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年07月12日10時30分

昨年"モンスター田嶋"こと田嶋伸博選手が打ち立てた9秒46分530というEV最速記録を大幅に塗りかえただけでなく、総合でも歴代4位に入る速さだ。今年の三菱は電気自動車改造クラスで1位、2位を独占し、総合でも2位と3位を占めた。これらの偉業は、モータースポーツの未来を占う上で重要な意味を持つといえるだろう。 それでは早速、下のビデオで新記録を達成した走りをチ [全文を読む]

パイクスピーク・ヒルクライム 2014で、三菱が全日クラス1位・2位を独占!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年07月01日18時50分

日本から参戦を続ける"モンスター田嶋"こと田嶋伸博選手が2006年から20011年まで6年連続で総合優勝したことから、我が国でもよく知られるアメリカン・モータースポーツの1つとなっている。三菱自動車は、2012年より電気自動車でこのヒルクライムに参戦。同社が2009年に発売した世界初の量産電気自動車「i-MiEV」の名前を受け継ぐその参戦車両も、今年は「M [全文を読む]

こんなクルマが集まった! 東京お台場で「モータースポーツジャパン フェスティバル」開催

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月16日08時30分

モンスター田嶋こと田嶋伸博選手、増岡浩選手、塙郁夫選手によるトークショーやデモンストレーション走行も行われた。少し離れたB会場では、各自動車メーカーとインポーターによる同乗試乗会も実施。「マクラーレン MP4-12C スパイダー」や「アストンマーティン・ラピードS」などにも乗れる(助手席または後部座席だが)ということで、抽選会場には長い列ができていた。毎年 [全文を読む]

10月13・14日の連休には「モータースポーツジャパン フェスティバル」へ行こう!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月10日19時35分

さらに企画ブースの方では、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦しているモンスター田嶋こと田嶋伸博選手、増岡浩選手、塙郁夫選手を招きトークショーが開催されるという。今年のEVクラス優勝マシン「E-RUNNER」も登場する予定。メイン会場から少し離れたB会場には、毎年国内・海外自動車メーカーが市販モデルを展示。当日参加を受け付ける同乗試乗 [全文を読む]

三菱重工:リチウムイオン二次電池「MLiX」搭載のEVレーシングカーが優勝

JCN Newswire / 2013年07月05日18時46分

6月30日に行われたEV部門の決勝は、大雨後のウェットな悪条件下でのレースとなりましたが、ドライバーの田嶋伸博氏が、永年同レースで培った経験を活かして健闘。昨年の総合優勝車(ガソリン車)の記録(9分46秒16)とほぼ同じタイムで走破して今回の快挙となりました。当社は、コンテナ型電力貯蔵システムやハイブリッドフォークリフトなどで豊富な実績を有するリチウムイ [全文を読む]

【ビデオ】三菱チームの今年のパイクスピーク参戦を振り返る

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年07月03日07時30分

オリジナルEVマシン「E-RUNNER パイクスピーク・スペシャル」で出場したモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が優勝に輝き、昨年のリタイアの雪辱を果たしている。 では早速ビデオでインタビューとテスト走行の模様をチェックしてみよう。レース直前に雨が降らずスリックタイヤで勝負できていたら結果は違ったかもしれない。 <関連動画はこちら> By Jeremy Kor [全文を読む]

パイクスピーク決勝、セバスチャン・ローブとプジョーが優勝! EVクラスはモンスター田嶋!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年07月01日10時10分

電気自動車のみで競われるエレクトリック・クラスでは、オリジナルEVマシン「E-RUNNER パイクスピーク・スペシャル」で出場したモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が9分46秒530というタイムを記録してクラス優勝。僅か1kmを走っただけでリタイアとなった昨年の雪辱を見事に晴らした。今回のタイムは総合でも5位に入る記録。大会開催中の6月28日に63回目の誕生日 [全文を読む]

パイクスピーク4日目、ついにモンスター田嶋が三菱チームの間に割って入る!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月29日18時00分

続く2位には、ついにモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が2分27秒88というタイムを叩き出し、2台のi-MiEV エボリューション IIの間に割って入る。3番手タイムはトレーシー選手と同じ三菱チームの選手兼監督、増岡浩選手。記録は2分30秒56だった。4位は「トヨタ TMG EV P002」に乗るロッド・ミレン選手で2分45秒96。トヨタの2連覇は厳しいかも知 [全文を読む]

パイクスピーク3日目、電気自動車クラス予選1・2位の三菱チームにモンスター田嶋が迫る!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月28日18時30分

続いてモンスター田嶋こと田嶋伸博選手のオリジナルEVマシン「E-RUNNER パイクスピーク・スペシャル」が3分58秒189を記録して3位。三菱勢に僅か2秒以内まで迫る。昨日の練習走行からサスペンションや空力をリセッティングしたことが奏功したようだ。田嶋選手は「走れば走るほど良くなっている」という。しかし、ガソリンをつぎ足せばいくらでも走れるエンジン搭載車 [全文を読む]

パイクスピーク2日目もやはりプジョーとローブ! 電気自動車クラスは日本チームが活躍!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月27日19時40分

彼らに続いて、「E-RUNNER パイクスピーク・スペシャル」で参戦するモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が2分36秒20で3番手。情報収集とセッティングを煮詰める作業に集中しているため「現時点のタイムはあくまでも参考程度」だそうだ。昨年のクラス優勝マシン「トヨタ TMG EV P002」を奴田原文雄選手に替わってドライブするロッド・ミレン選手が4番手のタイム [全文を読む]

パイクスピーク1日目は、WRC王者セバスチャン・ローブとプジョーがトップタイム!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月26日19時40分

同じエレクトリック・クラスにオリジナルのEVマシン「モンスター・スポーツ E-Runner」で出場するモンスター田嶋こと田嶋伸博選手は、とりあえずクラス4番手。今年のマシンは昨年の改良型だが、大幅な軽量化と信頼性の向上が図られているという。さらにSIM-Drive社からの技術支援による四輪独立制御を導入し、タイヤはシンガポールに本社を置くGiTi社と協力し [全文を読む]

【ビデオ】あのパイクスピーク・ヒルクライムに、「GT-R」のエンジンを積んだMINIが参戦!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月03日16時00分

つまり、かつてモンスター田嶋こと田嶋伸博選手のドライブで優勝に輝いた「モンスタースポーツ スズキ SX4」と成り立ちは同様、MINIに見えるのは外観だけで、中身は全くの別物だ。デイロー選手は昨年のパイクスピークで、大会最速記録を樹立したリース・ミレン選手のヒュンダイよりも途中まで速いタイムを刻んでいながら、ゴールまで残り僅か1kmという地点でブレーキ・トラ [全文を読む]

【字幕付きビデオ】EVで参戦したモンスター田嶋に密着! 2012年のパイクスピークを振り返る

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年05月04日14時00分

今回は、乗り物とテクノロジーを紹介する番組『トランスロジック』が、昨年のレースにEVで参戦した「モンスター田嶋」こと田嶋伸博選手に行ったインタビューの映像をお届けしよう。 パイクスピークのコースレコード保持者でもあり、一昨年まで6年連続優勝を飾っている田嶋選手は、昨年のレースにEV車「E-RUNNER パイクスピークスペシャル」で参戦した。 パイクスピーク [全文を読む]

モンスタースポーツが手掛けた2台の「トヨタ 86」! ラリーカーと市販コンプリートカー!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年04月12日15時00分

スズキ車のイメージが強いモンスターだが、田嶋伸博選手自身が若い頃にTE27型「カローラ レビン」でラリーに参戦していたこともあり、また「次世代のモータースポーツ、あるいはドライビング・プレジャーを鑑みたとき、ベース車として最適」という理由でトヨタ 86が選ばれたそうだ。ボディには各部に補強パーツが入れられ、トランスミッションは1速・2速をクロスに、ファイナ [全文を読む]

モンスター田嶋、V6ツインターボ4輪駆動の「トヨタ 86」でダートラ参戦!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年04月08日17時40分

"モンスター田嶋" こと田嶋伸博氏率いるモンスタースポーツは4月7日、筑波サーキットで開催された「ハイパーミーティング2013」の会場で、"「トヨタ 86」最速のデモンストレーションカー" であるという「モンスタースポーツ スーパー86」を発表した。Gallery: Monster Sport Super 86 フロント・マスクには確かにトヨタ 86の面影 [全文を読む]

注目はモンスター田嶋VSロッド・ミレン! 今年のパイクスピークはEVクラスが熱い!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年02月16日07時00分

今回の注目はやはりエレクトリッククラスでのロッド・ミレン(61)と田嶋伸博(62)によるベテラン対決だろう。ロッド・ミレンは昨年の優勝マシン、トヨタ「TMG EV P002」に乗り、モンスター田嶋は昨年マシントラブルを起こした「モンスタースポーツE-RUNNER」で再び挑戦するという。 また、リース・ミレンは2013年型ヒュンダイ「PM58OT」でエント [全文を読む]

フォーカス