畑山隆則のニュース

日本人唯一のミドル級世界王者、竹原慎二が今明かす舞台裏「あんなデブに負けてたまるかと…」

週プレNEWS / 2014年12月28日11時00分

最近は元王者の畑山隆則氏とともにジムを営み、後進の指導にもあたっているが、つい先日、膀胱(ぼうこう)がんを患い手術を受けていたことを明かし、ファンから心配の声が上がっている。 「現在はすっかり回復していますので、ご安心を。悩んでいても何もいいことはないですし、まだまだ選手を育てていかなければならないですから、これからもバリバリやりますよ」 ■竹原慎二(た [全文を読む]

あの“カリスマ日本人対決”を畑山隆則が述懐!「ただ、ボクシングをやってきてよかったと思いたい…それが坂本戦でした」

週プレNEWS / 2014年12月29日11時00分

今回は、世界タイトルを2階級で制し、多くの伝説的名勝負を生んだ畑山隆則! *** 好戦的なボクシングスタイルときっぷのいい言動で人気を博した畑山氏。スーパーフェザー級、ライト級と2冠を制した華やかなキャリアはファンの記憶にも新しいだろう。 その戦歴においてまず目を引くのは、1998年3月29日、時の日本王者・コウジ有沢との一戦だ。 このひとつ前の試合で、 [全文を読む]

長谷川穂積選手・薬師寺保栄さん・竹原慎二さん・ 畑山隆則さん・大友康平さんが登場! 「CR Winning Rush with ROCKY」新機種発表会開催

PR TIMES / 2012年03月13日18時37分

当日は、サンセイがスポンサードを務める長谷川穂積選手を筆頭に、歴代日本人世界チャンピオンの薬師寺保栄さん・竹原慎二さん・畑山隆則さん、そして本機種の日本語カバー楽曲の提供を頂いている大友康平さんをお迎えしました。■ 長谷川穂積選手「次の試合に勝って、この台を打ちにいきたい」イベント当日は、株式会社サンセイアールアンドディ営業本部長からの『CR Winnin [全文を読む]

がんと戦う竹原慎二氏「闘病は弱気なぐらいがちょうどいい」

NEWSポストセブン / 2017年02月15日07時00分

現在は「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」で指導も行なう。 撮影■北村崇 ※週刊ポスト2017年2月24日号 [全文を読む]

いまだ現役“浪速のジョー”が過去を語った!そして「辰吉の子がボクシングやる、世界チャンピオンになる、当たり前や」

週プレNEWS / 2014年12月22日06時00分

現在も引退せず日々トレーニングに取り組む (取材・文/友清 哲 撮影/ヤナガワゴーッ!) ■週刊プレイボーイ52号(12月17日発売)「語り継がれる“あの一戦”の舞台裏を本人に直撃! ボクシング伝説の瞬間」より(本誌では、具志堅用高、鬼塚勝也、竹原慎二、畑山隆則、内藤大助、西岡利晃のインタビューも掲載!) [全文を読む]

内藤大助があの亀田戦をいま振り返って語る!「ヒールを目指した自分が逆に“いい人”に…人生ってわからないもんです」

週プレNEWS / 2014年12月19日11時00分

フライ級における最短KO負けの記録と、日本タイトルマッチ史上の最短KO防衛記録を保持し、“最短男”の異名を持つ (取材・文/友清 哲 撮影/田村孝介) ■週刊プレイボーイ52号(12月17日発売)「語り継がれる“あの一戦”の舞台裏を本人に直撃! ボクシング伝説の瞬間」より(本誌では、具志堅用高、辰吉丈一郎、鬼塚勝也、竹原慎二、畑山隆則、西岡利晃のインタビュ [全文を読む]

19歳の“怪物”田中恒成、日本ボクシング史上最短の世界獲りを狙う逸材は井上尚弥を超えられるか?

週プレNEWS / 2014年10月29日06時00分

もちろん早ければいいというものでもないが、畑山隆則が23戦目、内藤大助が35戦目の戴冠だったことと比較すれば、彼らの早熟ぶりがうかがえる。 こうした記録は、単に実力だけで塗り替えられるものではない。日本のボクシング界は現在、世界挑戦者の粗製乱造を防ぐため、日本もしくは東洋太平洋のタイトル獲得を世界挑戦の条件としている。つまり田中が世界へ進むには、まずいずれ [全文を読む]

クラウドファンディングプラットフォーム「ShootingStar」、元NHKアナウンサー堀潤氏などの案件に続き第2弾案件サポーター募集開始! 共通テーマは「経験に基づいた若者支援」

PR TIMES / 2013年06月27日19時38分

第2弾案件は、現役時代“平成のKOキング”と呼ばれ、畑山隆則と対戦したWBC世界ライト級タイトルマッチはファンの間でも「伝説の試合」として語り継がれている元プロボクサー坂本博之氏が児童養護施設への支援活動を続けるためのサポーターを募集するプロジェクトと、ニート支援の先駆者であるNPO法人「育て上げネット」 理事長・工藤啓氏による、ニート・ひきこもりのエピ [全文を読む]

ジャニーズ初の偉業なるか!? V6・三宅健がボクシングプロテストに意欲的

サイゾーウーマン / 2012年02月23日08時00分

かなり"狭き門"ですが、"合格すれば初"という冠を好むジャニー喜多川社長も手放しで喜ぶでしょうね」(芸能プロ関係者) 具志堅用高、輪島功一、ガッツ石松、竹原慎二、畑山隆則ら元ボクシング世界王者から転身組が多い芸能界。歌手の山川豊は30歳の時にプロテストに合格しており、おととしの歌手デビュー30周年記念を記念し、ボクシングの聖地・後楽園ホールでエキシビジョン [全文を読む]

フォーカス