竹崎博允のニュース

親子二代の長官が誕生・・・「最高裁長官」って何をする人なの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月12日18時30分

前任の竹崎博允長官は、裁判員裁判制度の導入・定着に多大な功績があったと言われています。寺田新長官は、裁判員裁判の審理のあり方などの問題点について、さらに研究するよう指示すると思われます。 [全文を読む]

最高裁長官(日本の司法制度の現状)を、実名で痛烈に批判! 『絶望の裁判所』(瀬木比呂志・著/講談社現代新書) に熱い注目! 各書店 新書No.1の売れ行きに!

PR TIMES / 2014年03月19日19時44分

「いまや国民の法的権利は危機の瀬戸際にある」として、竹崎博允・最高裁判所長官(現職)と裁判員制度をはじめとする日本の司法制度の現状を、元エリート裁判官で学者の瀬木比呂志氏が、実名で痛烈に批判した前代未聞の書=『絶望の裁判所』(講談社現代新書)=が、今、全国的に売り上げを伸ばしている。【発売4週目で、たちまち4刷、5万部突破】【3/3~9 紀伊國屋書店梅田 [全文を読む]

『Woman』『スターマン』らひとり親家庭のドラマ増加の背景

NEWSポストセブン / 2013年07月29日16時00分

7月10日、最高裁判所大法廷(竹崎博允裁判長)は、「遺産相続で、婚外子の取り分を、婚内子の半分とする民法900条の規定は、法の下の平等を定めた憲法14条に反するのではないか」と争われている2件の裁判について、婚外子側と婚内子側双方から意見を聞く弁論を開いた。 婚内子とは婚姻届を出している男女に生まれた子供のことを指し、婚外子は、事実婚など法律上の婚姻関係 [全文を読む]

1票の格差訴訟 最高裁で「選挙無効」判決出る可能性を指摘

NEWSポストセブン / 2013年03月11日07時00分

最高裁の竹崎博允・長官をよく知る元裁判官はこう語る。 「竹崎長官は2009年総選挙の格差訴訟で違憲状態という判決を出した際、法廷で『速やかに1人別枠方式(*注)を廃止する必要がある』と異例の付言をして抜本的な定数是正を強く求めてきた人物で、昨年10月には、2010年の参院選も違憲状態と判断した。しかも、国会は最高裁の判決から十分な時間があったのに定数是正 [全文を読む]

裁判員制度施行から3年。半数以上が呼び出しに応じない実態明らかに

週プレNEWS / 2012年05月30日17時00分

国策として推進される制度として、こんなに長い間、国民の間に定着しない例はほかにないと思います」 しかし、最高裁判所長官の竹崎博允氏は、5月3日の憲法記念日に発表した談話の一部で、「比較的順調に運営されてきたということができると思います」(最高裁ホームページより抜粋)と裁判員制度に一定の評価を与えている。はたして裁判員制度はどこへ向かうのか。 (取材/西島博 [全文を読む]

フォーカス