篠原一之のニュース

女性の毎日をサポートする天然アロマ「FOR WOMEN」

@Press / 2016年04月18日14時15分

<製品特長> ■あらゆる年代の女性の毎日をサポート 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 篠原一之教授の監修のもと開発・実験を行った、あらゆる年代の女性のいきいきとした毎日をサポートするための100%天然のエッセンシャルオイルブレンドです。 篠原一之教授の研究により、女性の卵胞期にエストロジェン(卵胞ホルモン)値を上げることが明らかとなっている成分「β-カ [全文を読む]

「講演の達人」に(株)マザー&チャイルドの代表取締役、篠原一之が講師登録されました。記念キャンペーンとして、2015年4月10日~6月末日まで期間限定で通常の50%offで講演いたします。

DreamNews / 2015年04月10日17時00分

長崎大学大学院教授で小児精神科・心療内科医師でもある篠原一之は、これまでも多数の講演やテレビ出演を行っておりますが、専門分野である健康、美容、育児、脳科学の場に於いて幅広く社会のお役にたてるよう「講演の達人」からの依頼を開始いたします。講師登録記念キャンペーンとして6月までの2ヶ月間、期間限定で通常の50%offで講演致します。お問い合わせは(株)マザー& [全文を読む]

「講師依頼.com」に(株)マザー&チャイルドの代表取締役、篠原一之が講師登録されました。記念キャンペーンとして、2015年4月1日~6月末日まで期間限定で通常の50%offで講演いたします。

DreamNews / 2015年03月31日13時00分

長崎大学大学院教授で小児精神科・心療内科医師でもある篠原一之は、これまでも多数の講演やテレビ出演を行っておりますが、専門分野である健康、美容、育児、脳科学の場に於いて幅広く社会のお役にたてるよう講師依頼.comからの依頼を開始いたします。講師登録記念キャンペーンとして2015年4月~6月の間限定で通常の50%offで講演致します。お問い合わせは(株)マザー [全文を読む]

篠原一之は第5回化粧品開発展で「ホルモンのアンバランスによって生じるメンタルな問題を改善する匂い物質について」の学術発表を行いました。

DreamNews / 2014年12月02日13時30分

五感に訴える技術を用いた、母子のコミュニケーション支援や母や乳幼児の精神疾患の客観的早期診断法や香りを使った症状の緩和法の開発を行う株式会社マザー&チャイルド(本社:長崎県長崎市 代表取締役:篠原一之/長崎大学医学部教授)は、2014年10月20日(月)に開催された第5回化粧品開発展 COSME Tech 2014(リード エグジビション ジャパン株式会社 [全文を読む]

“生理がうつる”原因はニオイ!?更年期障害はアロマでラクに!

WEB女性自身 / 2017年05月26日16時00分

いっぽう、60代ごろになってから始まる人も増えてきていて、幅広い年代の女性の悩みとなってきています」 そう語るのは、日本アロマ環境協会と共同で研究発表をした、長崎大学大学院教授の篠原一之先生。更年期障害の主な症状は、のぼせ、冷え、眠れない、元気がない、肩こり、めまいなど。暑くもないところで急に汗が噴き出てくるホットフラッシュなどもよく知られている。 「女性 [全文を読む]

精油の香り刺激により、女性ホルモン分泌量が上昇

PR TIMES / 2017年03月31日13時22分

~長崎大学大学院との共同研究で確認~ 公益社団法人 日本アロマ環境協会(略称:AEAJ、東京都中央区)は、長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 神経機能学の篠原一之教授と共同研究を行い、精油の吸入が女性ホルモンに与える影響を確認しました 40代の女性15名を対象に10種類の精油で実験を行った結果、ゼラニウム精油とローズオットー精油の香り刺激で、唾液中のエスト [全文を読む]

長崎大学大学院教授篠原一之((株)マザー&チャイルド代表兼任)は、2015年4月26日「第45回子育て講演会」にて愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」について講演を行います。会場:メルパルク京都

DreamNews / 2015年04月10日18時00分

長崎大学大学院教授篠原一之((株)マザー&チャイルド代表兼任)は、2015年4月26日メルパルク京都にて、乳幼児期における母子間のコミュニケーションをテーマに、愛情ホルモン(母性愛ホルモン)と呼ばれる「オキシトシン」ついて講演を行います。このホルモンは、出産や子育てに於いて重要な役割を果たしています。お母さんやお父さん、これからお母さんなる妊婦さんにも知っ [全文を読む]

篠原一之 胎児虐待を防ぐために「胎児期から乳幼児の子どもの発達」ついて講演長崎大学大学院教授篠原一之((株)マザー&チャイルド代表兼任)は、2015年3月3日子どもの虹情報研修センターにて講演を実施。

DreamNews / 2015年03月23日09時00分

長崎大学大学院教授篠原一之((株)マザー&チャイルド代表兼任)は、2015年3月3日子どもの虹情報研修センター(横浜)にて、胎児虐待を防 ぐために「胎児期から乳幼児の子どもの発達」ついて講演を行いました。定員150名を超える専門職の方々に参加いただき、五感を通じた母子間のコミュニケーションを学ぶことで、胎児期から乳幼児期の子育ての大切さ、養育環境や発達上の [全文を読む]

ユニ・チャームと長崎大学が、NIRSで赤ちゃんの触覚刺激に対する脳の反応を共同研究 赤ちゃんの脳はおむつ素材の違いを区別し“気持ちいい”触感を実感 ~2013年3月27日(水)第90回日本生理学会にて発表~

@Press / 2013年04月04日11時00分

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都三田、社長:高原 豪久)は、国立大学法人長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の篠原一之教授と協力して、乳幼児を対象に脳の血流量変化をNIRS(ニルス)※によって測定し、赤ちゃんの触感について研究を行いました。この結果、「赤ちゃんは紙おむつ素材の触感の違いを区別していて、素材の気持ち良さを実感している」ことを実証いたしました。 [全文を読む]

フォーカス