織本順吉のニュース

織本順吉 思いを託してセリフ言うときは、その前に息を吸う

NEWSポストセブン / 2015年03月28日07時00分

役者歴66年になる織本順吉(88)は、呼吸とセリフと芝居の関係について、最近になってまた、考えを新たにしたと語る。織本が呼吸とセリフについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 織本順吉の役者人生は、今年で66年になる。それでもなお、演技に対する探求心は飽くなきものがあるようだ。「 [全文を読む]

織本順吉 悪代官からいじめられっ子の父になった出来事語る

NEWSポストセブン / 2015年03月20日07時00分

ヤクザ映画に親分役でよく出演していた俳優の織本順吉(88)は、テレビ時代劇でも悪代官などの悪役をよく演じていた。なぜ悪役に向くようになったのか、悪役の決まりきった芝居をやらなかったときのことについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 織本順吉は1970年代、東映のヤクザ映画に数多 [全文を読む]

織本順吉 西村晃、金子信雄らと劇団青俳を旗揚げした若き時代

NEWSポストセブン / 2015年03月10日16時00分

舞台で役者としてキャリアをスタートした織本順吉は1955年公開の『美わしき歳月』で映画デビュー、それから半世紀以上にわたり舞台、映画、ドラマなど多方面で活躍を続けている。映画デビューより前に仲間と劇団青俳をたちあげたころについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 織本順吉は今年で [全文を読む]

話題騒然!「やすらぎの郷」上川隆也ら“オールスター”ゲスト判明

Smartザテレビジョン / 2017年04月17日07時00分

その他、織本順吉、上條恒彦、きたろう、佐々木すみ江、品川徹、柴俊夫、毒蝮三太夫、布施博、村田雄浩といったそうそうたる名優たちも続々登場するという。平穏なはずの「やすらぎの郷」に、心中穏やかでない波乱を巻き起こしていく。 誰が、いつ、どんな役柄で登場するのか、オールスター俳優たちが運んでくる今後のドラマティックな展開に、期待が大きすぎて心が“やすまる”こと [全文を読む]

浜辺美波がアイドルグループのセンターに!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日10時57分

一方、左江内はたまたま立ち寄ったもんじゃ焼き店の店主・茂(織本順吉)から、タワーマンション建設を受注することに。ところが、左江内が計画を進めようとしていたさなか、店が何者かによって荒らされてしまう。実は、店の一帯はある問題を抱えていた…。 [全文を読む]

佐々木希、ウェディングドレス姿で参戦 黒木瞳初監督作品の追加キャスト発表

モデルプレス / 2016年03月08日07時00分

そのほか、徹子が勤務する萩原法律事務所のルーキー弁護士・磯崎賢役に中村蒼、徹子の上司で法律事務所の所長・萩原道哉役にラサール石井、法律事務所で事務を担当しており徹子の1番の理解者・大宅みゆき役に永島暎子、さらに寺田農、織本順吉、袴田吉彦、田中麗奈の出演も発表された。(modelpress編集部) [全文を読む]

【TBSオンデマンド】金曜ドラマ「夜のせんせい」1月19日(日)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年01月17日16時03分

見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!夜のせんせい【出演】観月ありさ、蓮佛美沙子、田中圭、大政絢、高橋一生、新川優愛、山本舞香、清水くるみ、太賀、岡山天音、滝裕可里、江原由夏、織本順吉、光石研、矢柴俊博、中原丈雄、大倉孝二、堀内敬子、笹野高史、山本耕史 ほか【第1話あらすじ】夜野桜(観月ありさ)、38歳。見栄っ張りで [全文を読む]

大政絢、先輩役者に本音

モデルプレス / 2014年01月10日06時00分

◆先輩役者が生徒役 幅広い年齢の学生が集う定時制高校が舞台の同作では、下は16歳の山本舞香から、上は86歳の織本順吉までが教室に一同する。教師役として出演する大政は、「こんなに素敵な先輩方が生徒役ということで、とても緊張しますが教師として頑張りたいと思います」と意気込んだ。 司会者に「年齢が上の生徒もたくさんいるけど、やりにくい部分はある?」と聞かれると [全文を読む]

東洋水産「マルちゃん 麺づくり」新CM 9月9日(月)放映開始

@Press / 2013年09月09日10時00分

織本順吉さん(祖父役)、りりィさん(祖母役)、田中広子さん(母役)という著名俳優陣に加え、音楽プロデューサーの亀田誠治さん(父役)、ミュージシャン「レキシ」の池田貴史さん(従兄弟役)という、個性豊かな家族構成になっています。■撮影エピソード撮影は、8月某日、静岡県熱海市内の某所で行われました。熱海の海岸からほど近く、坂を登った岡の上にポツリと佇む一軒の家。 [全文を読む]

山下智久、榮倉奈々、AKB48前田敦子共演ドラマ「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」第4話放送

モデルプレス / 2012年02月02日11時08分

第4話では、事故で亡くなった建設会社「岡部組」の社長・岡部啓介(織本順吉)が長男・秀喜(哀川翔)&二男・剛史(小市慢太郎)に残したメッセージの真相をハートフルに描く。 啓介が遺体で発見される前、葬儀の説明会のチラシを配っていた真人(山下智久)は、ラーメン店で言い争う啓介と秀喜を目撃していた。 葬儀の準備を進める中、秀喜は真人に遺言状はないと答えるが、真人 [全文を読む]

フォーカス