花形敬のニュース

利伝説の喧嘩師・花形敬

デイリーニュースオンライン / 2016年08月26日14時00分

【関連記事】 [全文を読む]

前科7犯・逮捕歴22回! 伝説の武闘派ヤクザ・花形敬の墓に行ってみた

tocana / 2016年02月21日11時00分

そんな安藤と生前とりわけ親交が深かった花形敬(1930年~1963年)という人物を、読者諸兄はご存知だろうか。比較的若い世代の読者には、板垣恵介の人気漫画『グラップラー刃牙』(秋田書店)シリーズに登場するキャラクター・花山薫のモデルになった人物と言ったほうがわかりやすいかもしれない。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02 [全文を読む]

哀川翔 赤井英和のパンチを受けたVシネマのリアルさを語る

NEWSポストセブン / 2014年07月01日07時00分

真樹さん、安藤組の花形敬(※注)とも多摩川の土手でケンカしたって言ってて、それを『すてごろ』(2003年)って作品で俺が真樹さん、赤井(英和)さんが花形敬で再現したんだけど、赤井さんのパンチがすごいのよ。「ちょっとかじってるだけだから大丈夫です」って言ってたけど、違うだろ!【※注】安藤昇が設立した東興業、通称「安藤組」の大幹部。1963年、抗争中に刺殺さ [全文を読む]

ノンフィクション作家として初めての「全集」電子化決定! 「電子版・本田靖春全作品集」28冊が一挙に配信開始

PR TIMES / 2013年04月19日14時58分

『現代家系論』『日本ネオ官僚論』『日本ネオ官僚論〈続〉』『私のなかの朝鮮人』『ニューヨークの日本人』『世界点点 裸の国トンガ』『体験的新聞紙学』『サンパウロからアマゾンへ』『オリエント急行の旅』『誘拐』『私戦』『K2に憑かれた男たち』『村が消えた』 『栄光の叛逆者 小西政継の軌跡』『ドキュメント脱出 4600キロ・イランからの決死行』『新・ニューヨークの [全文を読む]

映画・小説化で盛り上がる!「国士舘高校・大学」ハチャメチャ最強伝説!(3)天ぷらうどんを投げつけた

アサ芸プラス / 2016年09月09日05時54分

結果、その根性を買われて、ある組事務所からスカウトされました」 ちなみに、戦後の愚連隊として知られる安藤昇氏率いる「安藤組」で「ステゴロ最強」の異名を持つ花形敬氏も国士舘(旧制中学)の出身。芸能界からはOBの桜金造(59)が、こんな武勇伝を打ち明けてくれた。「大学1年の時、学食で天ぷらうどんを食べながら履修届を書いていたら先輩がやって来て、『お前、何今頃書 [全文を読む]

【戦後アウトローの実像】元祖愚連隊「安藤組」元組員インタビュー

東京ブレイキングニュース / 2015年04月06日16時30分

後は陰で怪物と呼んで恐れていた花形さん、あの人の迫力は凄かった」「花形さん」とは今も語り続けられる伝説の男、「花形敬」である。素手での喧嘩は東京一と言われた。顔中、傷だらけでも有名だ。また、彼は安藤昇氏が刑務所に収監中に安藤組を守り続け組長代行の立場でもあった。後に同じく刺殺された、舎弟の西原健吾絡みの揉め事で最後は刺殺された。●俺から言わせれば、当時の力 [全文を読む]

やくざ、裕次郎、安倍晋太郎、そして池田大作……なべおさみの昭和“裏”交遊録

日刊サイゾー / 2014年07月21日16時00分

住吉会系集団「銀座警察」のやくざや、「銀座の二郎」の異名を取った直井二郎、安藤組の大幹部・花形敬などと交流を持ち、極道への憧れを募らせていった。だが、彼が選んだのは「ヤクザ」ではなく「ヤクシャ」の道。安藤組が襲撃事件を起こした現場に駆けつけた際、放送作家・三木トリロー事務所の看板を見つけ、思わずそのドアを叩いたことから芸能界に足を踏み入れることになる。 放 [全文を読む]

フォーカス