茂木友三郎のニュース

海外でも愛される企業になるために― ゲスト 茂木友三郎(キッコーマン名誉会長)後編

経済界 / 2016年12月05日11時00分

キッコーマンが海外展開で成功した理由の1つに、現地に深く溶け込み、地域に貢献してきたことが挙げられる。今回は、米国の工場進出にあたっての茂木氏の経験にさらに踏み込むとともに、人材育成のポリシーなどについても語ってもらった。構成=本誌/吉田 浩 写真=森モーリー鷹博工場建設では醤油を持って1軒ずつ説得に歩いた神田 アメリカ工場建設では、どのような苦労があった [全文を読む]

アメリカに醤油を根付かせた若き日の挑戦― ゲスト 茂木友三郎(キッコーマン名誉会長)前編

経済界 / 2016年12月02日11時00分

醤油という日本を代表する調味料を海外に普及させ、キッコーマンをグローバル企業へと成長させた茂木友三郎名誉会長。その足掛かりとなった若き日の挑戦と、経営者としての原点であるアメリカ留学時代を振り返る。構成=本誌/吉田 浩 写真=森モーリー鷹博醤油を知らないアメリカ人をあえてターゲットに神田 キッコーマンの特徴として、非常に早い時期から海外展開をされていたとい [全文を読む]

「日経トップリーダー Nextオーナーズ」2016年11月1日開始

PR TIMES / 2016年09月06日17時17分

[アドバイザリーボード]茂木友三郎・キッコーマン名誉会長/樋口武男・大和ハウス会長兼CEO/山田邦雄・ロート製薬会長兼CEO/大山健太郎・アイリスオーヤマ社長/櫻田厚・モスフードサービス会長/赤塚保正・柿安本店社長/横田英毅・ネッツトヨタ南国相談役/広野道子・21LADY社長/山井太・スノーピーク社長/坂本光司・法政大学大学院政策創造研究科教授/藻谷浩介・ [全文を読む]

顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

HANJO HANJO / 2016年02月22日08時30分

最後に日本生産性本部の茂木友三郎氏が登壇し、今年度の受賞者に対して祝辞を述べた。 「今年度は宿泊や医療などサービス分野の企業が受賞される運びとなった。我々の運動目標にも掲げられているとおり、日本経済全体の底上げには、GDPの7割を占めるサービス産業の生産性向上が重要なポイントになる。その意味では、日本経営品質賞でサービス分野の受賞が増えていることは喜こば [全文を読む]

フジテレビ、総務局が内部告発!? 腐敗した上層部の 「やらせ・隠蔽・偽装工作」とは?

tocana / 2015年06月27日08時00分

実質子会社の産経新聞社会長に飛ばされた太田英昭社長(68歳)を除くすべての取締役と、今回、在任12年の任期満了となった茂木友三郎監査役(キッコーマン取締役名誉会長、80歳)が再任されようとしていることに、複数の株主から異議の声が上がる。70代80代と高齢なだけでなく、株主総会に出席しない者も少なくないのだから当然だろう。 その中で、「社員株主に関して、定款 [全文を読む]

視聴率壊滅のフジ、訴訟バトルの異常事態 32年間役員君臨の日枝会長と株主の争い

Business Journal / 2015年06月23日06時00分

ほかにも松岡功(80歳)が、27年間も取締役を務め、監査役でも茂木友三郎(80歳)が12年間、尾上規喜(80歳)が10年間、南直哉(79歳)が9年間在任。役員の長期滞留の状況を打破して、時代の変化に即応できる経営体制を構築することが急務である」 これに対しフジHD取締役会は、「その適性は在任年数だけで判断すべきものではない」として、株主提案に反対している。 [全文を読む]

抜擢人事「26人中25番目の男が選ばれた理由」

アサ芸プラス / 2013年07月18日09時58分

同社は一昔前にお家騒動に近い内紛の過去があり、その轍を踏まぬよう「財界論客」で名高い智将の茂木友三郎現名誉会長の判断でしょう。 今年4月、「10年に1人の大物次官」と呼ばれた財務省・前事務次官の勝栄二郎氏が、インターネットイニシアティブの社長兼最高執行責任者に就任したことも話題になりました。政界の裏側で大臣らを操っているのは、実は勝氏のような官僚たち。大物 [全文を読む]

フォーカス