菊池良和のニュース

<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ

メディアゴン / 2016年05月19日07時30分

まず筆者がオススメするのは今回『ラヴソング』を監修している九州大学病院耳鼻咽喉科の医師である菊池良和氏の著書です。【参考】<当事者が語る>フジテレビ「ラヴソング」でドラマ化されたリアルな吃音(きつおん)講談社の『吃音のことがよくわかる本 』(菊池良和監修)が一般の人でもわかりやすいでしょう。イラストも多くとてもわかりやすく解説されているため読み進めやすいは [全文を読む]

月9ドラマ『ラヴソング』で反響、「吃音に悩んでいるのはひとりじゃないよ」と声を届けたい“吃音ラジオ”とは…

週プレNEWS / 2016年06月14日06時01分

前編記事(「“吃音ドクター”が明かす、見えない障害のリアル」参照)ではドラマの監修者のひとり、菊池良和(よしかず)医師に同症の基礎知識について伺ったが、前回の中編(「実は女性にはレアケース…“隠れ吃音症”当事者のリアル」)に続き、当事者である吃音女性たちの声を通して、その現実と向かい合ってみたい。 同作では、吃音当事者の姿を極めて忠実に再現したヒロイン役 [全文を読む]

実は女性にはレアケース…月9ドラマ『ラヴソング』で再認知された“隠れ吃音(きつおん)症”当事者のリアル

週プレNEWS / 2016年06月13日11時00分

前編記事(「“吃音ドクター”が明かす、見えない障害のリアル」参照)ではドラマの監修者のひとり、菊池良和(よしかず)医師に同症の基礎知識について伺ったが、今回は当事者である吃音女性たちの声を中心に紹介する。 同作では、ドラマ初挑戦ながら吃音当事者の姿を極めて忠実に再現したヒロイン役・藤原さくらの演技も高評価され印象に残るが、実は吃音を持つ女性はレアケースな [全文を読む]

福山主演月9ドラマで描かれた「吃音(きつおん)症」ーー“吃音ドクター”が明かす、見えない障害のリアル

週プレNEWS / 2016年06月12日06時00分

そこで今回は、そんな“誤解だらけ”の吃音についてドラマ監修者のひとり、菊池良和(よしかず)医師に伺った。 * * * 「まずは基本的なところから説明しますね。吃音は、言語発達が盛んな幼少期に発症するもので、約74%が自然回復します。一方で、成人後も症状が続く人も多数存在し、吃音の成人は100人にひとりいると言われています。過去には『吃音は精神的なものが原因 [全文を読む]

【吃音】子どもの気がかりな話し方への効果的な支援法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月15日06時30分

『子どもの吃音 ママ応援BOOK』(菊池良和:著、はやしみこ:イラスト/学苑社)は、吃音のある子どもへの具体的な支援方法を解説している。本書によると、吃音の男子は発症してから3年で6割が自然に治り、女子は8割が治る。逆にいうと、男子の4割、女子の2割は治らない。自然回復率を上げるための、世界で認められた方法はないという。吃音と粘り強く付き合っていかざるを [全文を読む]

<当事者が語る>フジテレビ「ラヴソング」でドラマ化されたリアルな吃音(きつおん)

メディアゴン / 2016年05月01日07時40分

[註]「ラヴソング」の制作には、吃音当事者でもあり医師として活躍する吃音ドクターこと菊池良和氏、吃音者の当事者団体「全国言友会(げんゆうかい)連絡協議会」、国立障害者リハビリテーションセンターの坂田善政氏、吃音当事者の川端鈴笑氏、日本言語聴覚士協会など複数の団体や人間が監修や指導担当として参加しています。【参考】<月9「ラヴソング」>なぜ臨床心理士・福山雅 [全文を読む]

フォーカス