菊田真紀子のニュース

<SM愛好者は成人の2%>民主党・菊田真紀子氏の「口にするのも汚らわしい」発言は傲慢の現れ

メディアゴン / 2014年11月01日01時14分

藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)]* * *10月28日の衆議院本会議での民主党・菊田真紀子氏の発言が物議をかもしている。宮沢洋一経済産業相の資金管理団体が、交際費として「SMバー」に政治資金を支出してことへの批判演説であるが、物議の中心は「SMバー」を「口にするのも汚らわしいところ」と表現したということにある。一般的な「交際費」の感覚を超えている [全文を読む]

金子恵美氏 ゲス夫との「不離婚宣言」は執行猶予付きか

NEWSポストセブン / 2016年06月09日16時00分

自民に追い風が吹いた前回総選挙(2014年)でも次点の菊田真紀子氏(現民進)とは3000票差で、菊田氏に比例復活当選を許した。そうしたことが「離婚しない発表」のタイミングに関わっていたようだ。 「衆参W選回避が確定的になったのが先月29日。当面は選挙がなくなったので、夫と婚姻関係を続けることを公にしても問題なくなったということでしょう。ただし、遅くとも2年 [全文を読む]

安倍自民党に塩を送る民主党 お家芸の内ゲバ体質変わらず

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

新潟選挙区では野党の候補者一本化調整が進められるなか、公認候補を決めていなかった民主党が突然、現職衆院議員の菊田真紀子氏の鞍替え出馬を決定。自ら乱立に拍車を掛け、野党共闘はほとんど不可能な状況に陥っている。まさに安倍自民党に塩を送っているのだ。 「岡田さんに“共産党と組むな”と圧力をかけているのは連合サイドだ。連合はアベノミクスの恩恵を受ける大企業労組の [全文を読む]

SMアイドル「フェッティーズ」がオウム三女アーチャリー・松本麗華「止まった時計」を読んでみた

メディアゴン / 2015年03月29日01時08分

民主党・菊田真紀子衆議員がSMのことを「口にするのも汚らわしいところ」と表現した問題があったが、少なくとも「SMは汚らわしい」という認識を持つ人は現実に存在している。SM愛好者や異端とされる性的嗜好を持つ人の中には、「一般常識」から疎外され、本来の自分の嗜好性を発揮できずに悩んでいる人は少なくない。もちろん、自分の趣味を隠している人は、「フェティッシュサロ [全文を読む]

<キワモノではない?SMアイドルに注目>「変態アイドル」を名乗るフェッティーズは「変態ではない」

メディアゴン / 2015年03月17日02時17分

昨年10月、現役大臣が政治資金の交際費として「SMバー」へ支出してことについて、民主党・菊田真紀子衆議員が「口にするのも汚らわしいところ」と表現して批判して問題になったことは記憶に新しい。私的な遊興費の支出に政治資金を利用することへの批判のために、なぜ「SMバーは汚らわしい」と言う必要があったのか。私たちは、現在「フェッティーズ」という名前で活動している4 [全文を読む]

安倍首相の「ウーマノミクス」は矛盾だらけ? 減少する女性議員数を海外紙が指摘

NewSphere / 2014年12月14日11時00分

◆男性天国の自民党では改革はムリ ブルームバーグは、新潟4区で争う元ミスの経歴を持つ自民党前職の金子恵美氏と、「STOP! アベノリスク」を掲げる民主党前職の菊田真紀子氏を取り上げ、男性が支配する日本の政界で「珍しく」女の戦いが行われていると報じた。今回の選挙では全国で女性同士の戦いが多くみられる。 金子氏を応援する自民党の野田聖子前総務会長は「国会は昔 [全文を読む]

大義なし、争点ナシ…なら見て楽しい“ビジュアル系”選挙区を楽しめ!(1)女たちの激しいバトル

週プレNEWS / 2014年12月11日06時00分

元ミス日本関東地区代表の金子恵美候補(自民)と、SMバーについて「汚らわしい」と発言して物議を醸した菊田真紀子候補(民主)がぶつかる注目区。選挙戦初日の新潟は厳しい冷え込みの上に暴風雨だったが、金子氏は元気いっぱいだった。 「私は市議選でも県議選でも2年前の国政選挙でも初日は悪天候でした。今回は予想以上の大荒れですが、いい前兆だと思っています!」 菊田陣 [全文を読む]

「SMバー汚らわしい」発言候補のライバルにSMの是非を聞いた

NEWSポストセブン / 2014年12月03日11時00分

12月14日投開票の衆議院選挙で新潟4区は前回初当選を果たした自民党・金子恵美(めぐみ)氏と比例復活に回った民主党・菊田真紀子氏の美女対決が話題になっている。 菊田氏といえば10月末の衆院本会議で質問に立った際、宮沢洋一・経産相の資金管理団体による「SMバー」への支出について、「口にするのも汚らわしいところに政治資金を支出していた」と表現したことが物議を醸 [全文を読む]

宮沢経産相の“SMバー問題”で、著名人の「SMバー離れ」が急速に進んでいる!?

日刊サイゾー / 2014年11月11日19時00分

「民主党・菊田真紀子議員が『口にするのも汚らわしいところ』と、SMバー自体を中傷したことも影響を大きくした一因」(前出ライター) いずれにせよ、このタイミングで「●●もSMバーに通っている」などと名前を出されたくないというのが本音だろう。 ただ、東京・池袋でSMバーを営む女王様の凛さんによれば「実は、それ以上に問題なのが違法なSMクラブ通い」だという。 [全文を読む]

フォーカス