谷川達也のニュース

国内レース史上初の快挙!デミオディーゼルがS耐鈴鹿でクラス優勝!【スーパー耐久2016】

clicccar / 2016年06月15日19時03分

谷川達也選手チェンジ。さすがに0周ではなく1周でのピットインでした。 その後30分強で井尻薫選手にドライバーチェンジのためにピットイン。フロントタイヤのみ交換、給油は無しでのピットアウト。燃費に優れるデミオディーゼルは、100分のレース時間であれば無給油で走りきることができるのです。 そしてセカンドチャンス100を2位でフィニッシュ。予選順位は5位となりま [全文を読む]

デミオディーゼルのレーシングカー、スーパー耐久富士8時間レースを走りきる!

clicccar / 2015年07月11日19時03分

そんな中、AドライバーとBドライバーの合算となる予選順位で、なんとエントリー8台中5位のポジションで予選を通過! となるはずが、Bドライバー予選中に谷川達也選手にペナルティーがあり、予選順位降格。決勝では3戦連続の最後尾スタートとなってしまいました。しかし今までは伸びてこなかった予選タイムが大きく伸びてきたことで決勝も大きな期待を寄せてしまいます。 今回 [全文を読む]

【スーパー耐久2016】マツダ車が躍進!ディーゼルデミオ5位、新型ロードスターがクラス優勝

clicccar / 2016年05月20日19時03分

スターティンググリッドにはBドライバーの井尻薫選手の姿も見えますが、Aドライバーの谷川達也選手の姿が見当たりません。 グリッドウォークの最中、谷川選手はドライバーチェンジのための準備をしていたのです。 そしてフォーメーションラップからのローリングスタート。セーフティーカーの後を追うようにピットインしてきたディーゼルデミオ。今年もやりました、0周ピットイン! [全文を読む]

【スーパー耐久2016】開幕戦もてぎ5時間レースでデミオディーゼルが2位表彰台の快挙!

clicccar / 2016年04月10日16時33分

しかし、スタートドライバーの谷川達也選手は余裕の表情。なぜか? デミオディーゼルの強みはなんと言っても、レーシングスピードでの圧倒的な燃費のよさ。ライバルが給油などで2時間で3回以上のピットインをする間、デミオディーゼルはノーピットで走りきるほどの実力を持っています。 そのライバルがピットインをしている間に、気がつけばトップ!それも2位に2周差をつけての [全文を読む]

スーパー耐久でデミオディーゼルがフィット、ヴィッツを走りで抜き去った!

clicccar / 2015年09月20日16時33分

速さに手ごたえを感じたチームが最も期待を寄せていたエースドライバー谷川達也選手によるBドライバー予選。タイヤも温まってきて、さぁこれからアタックラップに移行するぞというタイミングで、なんとミッショントラブル発生。 予選終了とともにピットに運ばれてきたマシン。チームは即座にミッション交換作業に入ります。その作業は予選日の夜遅くにまで及びました。 予選そのも [全文を読む]

スーパー耐久富士8時間にMazda Women in Motorsport Project 2015から女性ドライバーが参戦!

clicccar / 2015年06月28日14時33分

6月4日に富士スピードウェイで行われたテストでは谷川達也選手も駆けつけ、女性ドライバーのお二人にアドバイスを授けます。また、耐久レースということで、勝負のポイントにもなりうるドライバー交替の練習も念入りに行われました。 テストの日には井原慶子さんもアドバイスも授けます。 井原慶子さんにMazda Women in Motorsport Project 2 [全文を読む]

デミオディーゼル大躍進!スーパー耐久第2戦で燃費を活かした作戦で4位に!

clicccar / 2015年05月28日16時33分

野上監督から谷川達也選手にドライバーチェンジがなされていたのです。 フォーメーションラップでピットロードに入り、ピットロードでコントロールラインを超えることでラップカウントが開始され、そのままピットでドライバーチェンジ。周回数0周ピットインという奇策により規定ピットイン回数を一回クリアしてしまったのです。 上に掲載したグリッドでの写真をよくご覧下さい。谷川 [全文を読む]

想定燃費はリッター7km!SKYACTIVE-Dのデミオディーゼル、スーパー耐久開幕戦を完走!

clicccar / 2015年04月02日16時33分

グリッド上でスタートドライバーの谷川達也選手と野上敏彦監督の間で交わされた言葉がこのチャレンジのひとつを物語っていました。 谷川選手「何分走るの?」 野上監督「2時間半。その先は様子を見ながら」 この会話、最初はよくある冗談かと思いました。 なぜなら、レーシングスピードではいくらコンパクトクラスのST-5クラスでも45リッタータンクでの走行距離は200km [全文を読む]

次世代エコカー「クリーンディーゼル車」はモータースポーツで通用するのか?

FUTURUS / 2015年03月09日11時27分

この壮大なチャレンジに向かうドライバーは右から、SUPER GTや海外のレースシーンなどで華々しい実績を持つ谷川達也選手。自動車ジャーナリストでありながらフォーミュラーマシンなどで経験を積んでいる山田弘樹選手、先述の野上代表、そしてご子息でロードスターレースなどで活躍した実績を持つ野上達也選手。そしてレースクイーンの汐美茉琴ちゃん。このメンバーに優秀なメ [全文を読む]

スーパー耐久にデミオのSKYACTIVEディーゼル参戦!

clicccar / 2015年03月03日20時33分

その史上初のチャレンジに挑むドライバーは右からSUPER GTやマカオGPでの実戦経験も豊富な谷川達也選手、走ることにはかなり意欲的で昨年はSUPER FJにもチャレンジした自動車ジャーナリスの山田弘樹選手、監督も兼務する野上敏彦代表、そして野上代表のご子息でロードスターパーティレースなどで大活躍した野上達也選手の4名。一番左は今年のTeam NOPRO [全文を読む]

フォーカス