遠藤三郎のニュース

二階幹事長「解散総選挙は近いと考えるべき」

プレジデントオンライン / 2017年04月26日15時15分

和歌山県立日高高から中央大学法学部政治学科に進み、卒業後、衆議院議員・遠藤三郎(元建設相・旧静岡2区選出)の秘書となる。75年に和歌山県議に(連続2期当選)。83年12月の総選挙で旧和歌山2区から自民党公認で出馬して初当選(以後、連続11回当選)。自民党では田中派、竹下派、羽田派に所属した。93年に離党し、新生党を経て94年に新進党に。97年の新進党解党に [全文を読む]

二階幹事長「東京都議でも自分の選挙は自分でやるしかない」

プレジデントオンライン / 2017年04月25日09時15分

和歌山県立日高高から中央大学法学部政治学科に進み、卒業後、衆議院議員・遠藤三郎(元建設相・旧静岡2区選出)の秘書となる。75年に和歌山県議に(連続2期当選)。83年12月の総選挙で旧和歌山2区から自民党公認で出馬して初当選(以後、連続11回当選)。自民党では田中派、竹下派、羽田派に所属した。93年に離党し、新生党を経て94年に新進党に。97年の新進党解党に [全文を読む]

スバルに受け継がれる、東洋最大の飛行機会社を作った男の遺志

まぐまぐニュース! / 2017年04月08日08時00分

しかし、この計画は新しくできた軍需省の航空兵器総局長官・遠藤三郎中将によって中止させられてしまった。遠藤中将は、飛行機を一機でも多く必要とする前線のために、現有機の増産を優先させたのである。 「心理的な敗北感をいつまでも持たない」 知久平は戦後まもない昭和24(1949)年10月、享年66で世を去ったが、その直前、次のような言葉を残していた。 日本は今は焼 [全文を読む]

宮下順子もコメンタリー参加 45周年を記念して日活ロマンポルノ・初のブルーレイ化!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月18日00時00分

同年、遠藤三郎監督『団地妻・忘れ得ぬ夜』ロマンポルノ初主演。73年には、永井荷風原作、神代辰巳監督の『四畳半襖の裏張り』に芸者・袖子役で出演し、女優として映画作品として高く評価された。その他の神代作品に、『四畳半襖の裏張り・しのび肌』(74)、『赤線玉の井 ぬけられます』(74)、『壇の浦夜枕 合戦記』(77)などがある。昭和の猟奇事件“阿部定事件”を田中 [全文を読む]

反日を謳う中国共産党政権が日本の天皇に矛先を向けない理由

NEWSポストセブン / 2015年05月18日16時00分

1956年に訪中した遠藤三郎元陸軍中将との会談で「私たちは日本の天皇制を尊重している」と言明した。また、1972年に日中国交回復の交渉のために訪中した田中角栄首相と会談した際も、毛から天皇の話題を切り出し、「唐の時代の高宗皇帝も『天皇』の称号を用いた」などと語り、天皇への関心の高さを示した。 清朝最後の皇帝は辛亥革命で退位したが、それまで2000年以上も [全文を読む]

フォーカス