野口雨情のニュース

名曲誕生伝説のウソを徹底調査! 竹内 貴久雄 著 『唱歌・童謡120の真実』 好評発売中!

PR TIMES / 2017年02月21日15時22分

[画像2: https://prtimes.jp/i/4566/1477/resize/d4566-1477-982654-3.jpg ]●『黄金虫』(作詞:野口雨情/作曲:中山晋平)お金持ちの象徴である黄金虫は、カナブンの仲間ではなくて、チャバネゴキブリのことだった!?●『春の小川』(作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一)“さらさら”流れる春の小川の舞台は大都 [全文を読む]

茨城が生んだ豚肉「ローズポーク」を使った人気の「ローズポークヒレカツ丼」に舌鼓み

Walkerplus / 2017年01月27日16時55分

岡倉天心・野口雨情など近代を代表する芸術家や文化人達が愛した大津港・五浦海岸のある北茨城の地にある中郷パーキングエリアで、茨城産のローズポークに舌鼓みをうってみては?【ウォーカープラス編集部】 [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

上記著者の他に、永井荷風、永井隆、中里介山、中島敦、長塚節、中戸川吉二、中原中也、中谷宇吉郎、中山太郎、南部修太郎、新美南吉、西尾正、西田幾多郎、新渡戸稲造、野上豊一郎、野口雨情、萩原朔太郎、橋本五郎、長谷川時雨、長谷川伸、服部之総、浜尾四郎、浜田青陵、林不忘、葉山嘉樹、原勝郎、原民喜、樋口一葉、久生十蘭、火野葦平、平出修、平田晋策、平野万里、平林初之輔、 [全文を読む]

近年流行の「ご当地駅メロディ」 ブームを作ったのは何線の何駅?

太田出版ケトルニュース / 2014年08月18日08時54分

詩人の野口雨情がこの寺に伝わる伝説にインスパイアされ作詞したそうです。 そもそも、ご当地駅メロのブームのきっかけは1997年、京浜東北線蒲田駅に名曲「蒲田行進曲」が使われたこと。「松竹キネマ蒲田撮影所」が存在したことが由来です。最初は違和感があるとクレームがあったものの、このムーブメントは広がり、山手線恵比寿駅で「第三の男」(ヱビスビールCM曲)、山手線高 [全文を読む]

『ぞうさん』や『しゃぼん玉』等童謡誕生に深い背景が存在

NEWSポストセブン / 2014年03月20日11時00分

「作詞家の林柳波(りゅうは)は、“子供が海に憧れるような唱歌を作るように”と軍から注文されたという話を、柳波の娘さんから聞きました」(合田さん・以下同) また、はかなくも消えてゆくシャボン玉を描いた『しゃぼん玉』が発表された1922年ごろ、作詞をした野口雨情の娘、恒子は病気のため2才で亡くなっている。実はそれ以前にも彼は子供を亡くしている。 「1908年 [全文を読む]

高度成長で縁起物から“害虫”に ゴキブリと人間の50年格闘史

NEWSポストセブン / 2013年04月29日16時00分

作詞した野口雨情の出身地では、チャバネゴキブリのことを「こがねむし」と呼び、現れると金が貯まる縁起物とされていた。 ところが、日本の住宅事情が改善され人々の生活が豊かになると、特別な金持ちの家に限らずゴキブリは出現するようになった。すると、縁起物の地位からすべり落ち、細菌やウイルスを運ぶ“害虫”と考えられるようになった。 50年ほどのゴキブリ駆除の歴史のな [全文を読む]

フォーカス