鈴木康之のニュース

男の“ちょいモレ”、20代でも約85%が経験あり

QLife / 2016年11月01日10時00分

東京都リハビリテーション病院副院長の鈴木康之医師(泌尿器科)は「正常排尿には自律神経のバランスが大切ですが、ストレスはその悪化要因の1つです」と指摘した上で、「構造的にちょいモレしやすい男性は、たかがちょいモレと放置せず、しっかりと対処することをお勧めします」と話しています。(菊地 香織) 関連リンク QLife 女性にはない、男性のパンツ選びのこだわり [全文を読む]

愛する我が子を殺したのは私ですか―? けっして他人事ではない、どこにでもある家族の光と闇

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月03日09時00分

壮絶な家族の物語に涙してください大杉書店市川駅前本店・鈴木康之さん3つの家族の幸せはどうやって崩壊していくのだろうと、急きたてられるように読みました。今この時代に子供を育てることの難しさ、そして辛さに、そっと寄り添ってくれる小説だと思います紀伊國屋書店新宿本店・今井麻夕美さん [全文を読む]

愛する我が子を殺したのは私ですか?「子育て」をテーマに圧倒的リアリティで描いた、椰月美智子さんの最新作『明日の食卓』8月31日(水)発売! 特設サイト本日オープン!

PR TIMES / 2016年08月24日17時32分

――大杉書店市川駅前本店 鈴木康之さん3つの家族の幸せはどうやって崩壊していくのだろうと、急きたてられるように読みました。今この時代に子供を育てることの難しさ、そして辛さに、そっと寄り添ってくれる小説だと思います。――紀伊國屋書店新宿本店 今井麻夕美さん育児は孤独です。誰かの助けが必要です。本書が一人一人の心の中にある「優しさ」に光を灯してくれることを切に [全文を読む]

50歳以上男の3割が尿漏れ 最も多い対処はちり紙をパンツに

NEWSポストセブン / 2015年03月06日07時01分

東京都リハビリテーション病院診療部長で、東京慈恵会医科大学准教授(泌尿器科)の鈴木康之氏が語る。 「中高年男性の尿漏れは最近になって現われた傾向ではありません。これまで大規模なデータもなかったため話題にのぼらなかっただけで、尿漏れに悩む男性は昔から一定数いたと考えられます。高齢者の人口増加で尿漏れを訴える男性の絶対数が増えていることが、問題が顕在化した要 [全文を読む]

頻尿で受診する人の2~3割は水の飲みすぎが原因と医師が指摘

NEWSポストセブン / 2014年09月12日07時00分

ところで、「頻尿で受診する人の2~3割は、水の飲み過ぎが原因」というのは東京都リハビリテーション病院診療部長で、東京慈恵医科大学准教授(泌尿器科)の鈴木康之氏だ。 「昨今の健康志向で、水分は摂れば摂るほどよいと考えている人が多く、それが頻尿の原因となっているケースがある。1日の成人の平均的な排尿量は1~1.5リットル。1.8リットル以上の尿が出ているようで [全文を読む]

残尿感ある男性 40代で18.9% 50代で22.8% 60代は28.3%

NEWSポストセブン / 2014年09月06日07時00分

東京都リハビリテーション病院診療部長で、東京慈恵会医科大学准教授(泌尿器科)の鈴木康之氏が解説する。 「膀胱や尿道の弛緩、収縮は脳にある排尿中枢によって行なわれており、その仕組みは非常に精密にできている。それが加齢に伴なう脳の委縮による機能低下によって、膀胱や尿道からの情報、それに対する脳からの指令が伝わりにくくなるため、頻尿や尿勢低下、残尿感などの症状が [全文を読む]

「第8回デザインコンテスト」「第7回しあわせデザインコンテスト」「第1回住みこなしコンテスト」開催 応募総数1006点から受賞作品を決定

PR TIMES / 2014年07月23日14時17分

ジャーブネット会員・アキュラホームが手掛けお引渡しした住宅を対象に、今回特別審査員として、「住まいの設計」(扶桑社)編集長の鈴木康之氏をお迎えし、「グランプリ」2作品、「審査員特別賞」2作品、「優秀賞~審査員部門~」10作品、「優秀賞~一般部門~」10作品が選ばれました。※1 形あるものの美しさの法則性を住宅設計の場面で活用できるようコード(原則)化したも [全文を読む]

フォーカス