鈴木康夫のニュース

8割以上が「気まずい思い」。お尻の症状話しにくい…若い世代の発症が多い難病「クローン病」とは?

QLife / 2017年06月01日16時00分

患者の多くが「外食」「旅行」がやりたくてもできない 東邦大学医療センター佐倉病院 消化器内科 教授 鈴木康夫先生 下痢や血便、腹痛などの症状を伴う「炎症性腸疾患」のひとつ、クローン病。口から肛門まで、消化管のいたるところに慢性的な炎症を生じ、腹痛や下痢などの症状が現れます。重症化すると手術が必要になることも。日本では難病に指定されており、残念ながら完治させ [全文を読む]

セルフドリップ専門店「MINEDRIP COFFEE」新宿ルミネNEWoMan屋上に期間限定オープン!

PR TIMES / 2016年06月10日19時24分

11:00 ~ 12:00 ハンドドリップワークショップ(旅スタイルコーヒープランナー 向山岳さん) 12:15 ~ 13:15 ハンドドリップワークショップ(私立珈琲小学校 吉田恒さん) 14:45 ~ 15:30 カッピングセミナー(さかい珈琲 阪井寛治さん) 15:45 ~ 16:45 ハンドドリップワークショップ(TRUNK COFFEE 鈴木康 [全文を読む]

2017年サンダンス映画祭にて日本人初のグランプリを獲得した映画『そうして私たちはプールに金魚を、』のバンタン卒業生、長久 允監督による公開講座を実施!2017年4月27日(木)バンタンデザイン研究所東京校

@Press / 2017年04月13日10時00分

お問い合わせ: 0120-03-4775 (バンタンデザイン研究所 東京校/ 担当: 影正)『そうして私たちはプールに金魚を、』ご紹介【キャスト】湯川ひな・松山莉奈・西本まりん・菊地玲那・黒田大輔・山中崇・増渕来夢・ユキちゃん・クリトリックリス・NATURE DANGER GANG・フジロッ久(仮)・並木愛枝・石本径代・三科喜代・野上絹代【スタッフ】製作: [全文を読む]

2017年サンダンス映画祭にて日本人初のグランプリを獲得した 映画『そうして私たちはプールに金魚を、』の バンタン卒業生、長久 允監督による公開講座を実施!

DreamNews / 2017年04月13日10時00分

お問い合わせ: 0120-03-4775 (バンタンデザイン研究所 東京校/ 担当: 影正)『そうして私たちはプールに金魚を、』ご紹介【キャスト】湯川ひな・松山莉奈・西本まりん・菊地玲那・黒田大輔・山中崇・増渕来夢・ユキちゃん・クリトリックリス・NATURE DANGER GANG・フジロッ久(仮)・並木愛枝・石本径代・三科喜代・野上絹代【スタッフ】製作: [全文を読む]

消化管の難病「クローン病」は抗TNFα抗体製剤が有効

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

東邦大学医療センター佐倉病院消化器内科の鈴木康夫教授に話を聞いた。 「下痢・腹痛といった同じような症状を起こす潰瘍性大腸炎は血便を伴うのに対し、クローン病は目に見える血便は少ないという差があります。血液検査で、全身性の炎症反応や貧血、低たんぱく血症が認められた場合はクローン病を疑い、内視鏡やX線、そして、最近ではCT、MRIを応用した画像検査で診断します [全文を読む]

コーヒー器具メーカー『Kalita』、日本初上陸のロボットアームを用いたハンドドリップマシーンを発表

PR TIMES / 2016年09月29日08時30分

■ 参加コーヒーショップ/バリスタ (アルファベット順)Fuglen TOKYO (渋谷) / 小島賢治LIGHT UP COFFEE (吉祥寺) / 川野優馬The Coffee Collective (デンマーク)・PNB COFFEE (中目黒) / ピーター・ブルTRUNK COFFEE (名古屋) / 鈴木康夫詳細はこちらからhttp://www [全文を読む]

世界最高峰のコーヒーが集う2日間のイベントが神田で開催!フグレン、トランクコーヒーなど

FASHION HEADLINE / 2016年03月28日15時00分

同イベントのためだけにGLITCH COFFEE&ROASTERSの鈴木清和、FUGLEN TOKYOの小島賢治、TRUNK COFFEEの鈴木康夫の人気店3人のバリスタが焙煎したこだわりの豆を各50g×3つのセットにした「ロースターズセレクション(ROASTERS SELECTION)」も税込2,000円で限定販売される。 その他、2ヶ所のサテライト会場 [全文を読む]

潰瘍性大腸炎 患者数は1970年代の10倍以上、20~40代に多い

NEWSポストセブン / 2012年03月02日07時00分

東邦大学医療センター佐倉病院消化器センターの鈴木康夫教授に話を聞いた。 「潰瘍性大腸炎は、原因や症状が人それぞれ違う疾患群です。発症して1回で治るのは20%未満で、大多数が再発を繰り返します。軽症から重症までさまざまで、炎症も直腸だけというものから大腸全体に広がっている症例もあります。重症度と病型を見極めた上での治療計画が必要です」 (取材・構成/岩城レ [全文を読む]

フォーカス