鈴木松美のニュース

泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」アクセス好調! 公開後25日でYouTube再生回数50万回突破!

PR TIMES / 2012年10月12日15時52分

泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」は、そんなお母様たちのお役に立てるものを作ろうと、日本音響研究所所長の鈴木松美氏を監修に迎え、科学的な根拠に基づいて開発されたものです。実際に、0~3歳児52名を対象に行った実証実験調査では、96.2%の子どもが「ふかふかかふかのうた」を見て泣きやむという結果が出ております。※YouTube管理画面からデータ抽出<泣き [全文を読む]

『かむミルク。カフカ』プロモーション映像 グズった子どもの96.2%が泣きやんだ!“泣きやみ動画”公開!

PR TIMES / 2012年09月18日14時11分

日本音響研究所所長の鈴木松美氏を監修に迎え、科学的な根拠に基づいた動画を制作いたしました。さらに、音楽プロデュースにはエステー「消臭力」CM音楽を作曲した福井洋介氏、映像監督には映画「食堂かたつむり」の監督を手がけた富永まい氏という音と映像のスペシャリストを迎えて、徹底的に鈴木松美氏の泣きやみ理論に基づいた「泣きやみ動画」を完成させました。 0〜3歳児52 [全文を読む]

海外でも話題沸騰!泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」、公開後41日でYouTube再生回数100万回突破!

PR TIMES / 2012年11月01日11時47分

「ふかふかかふかのうた」は、日本音響研究所所長の鈴木松美氏を監修に迎えて開発され、0~3歳児52名を対象に行った実証実験調査では、96.2%の子どもが「ふかふかかふかのうた」を見て泣きやむという結果が出ております。 また、海外のWEBメディアで紹介され、世界中で閲覧されたことも、100万再生回数突破の1つの要因として挙げられます。スペイン、アメリカ合衆国 [全文を読む]

あの人の話し方を勝手に分析!

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

引き受けてくださったのは、声の専門家、鈴木松美さんと、パフォーマンスの専門家、佐藤綾子さんです。 小池さんについては、記者の批判的なツッコミにも笑顔で「それを調べるのがジャーナリズムのお仕事じゃない?」と答える提案型の切り返しが絶妙と高評価。 小林りんさんは、手の動き(ハンドムーブメント)がアメリカのオバマ前大統領並みにすごい! など、もしかしたら本人も気 [全文を読む]

96.2%が泣き止んだ伝説の曲も!赤ちゃん「泣きやませ秘密兵器ソング」6選

It Mama / 2016年04月26日11時49分

この動画を監修された、日本音響研究所所長の鈴木松美先生は、このように話をされています。 「赤ちゃんが何にでも興味を示して反応する現象を“定位反射”といいます。赤ちゃんの聞こえやすい周波数と次々と変わる音楽や映像に、泣くことを忘れさせる、という仕組みです」子守唄のようなゆったりした単調な歌より、コロコロと展開が早い歌の方が子どもの好奇心をあおり、泣くことを忘 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宇多田ヒカルや吉田美和と同じ“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。心に沁みわたる新曲『花』がドラマ『シメシ』の主題歌に。

TechinsightJapan / 2015年06月25日16時30分

彼女は“1/fゆらぎ声”を持つアーティストとして、音響研究所・鈴木松美所長により認定された歌手だ。歌詞も彼女が書いているが、ドラマの脚本を読んで書き下ろしたというだけあって、このストーリーにふさわしい内容となっている。 Ms.OOJAは、『花』のテーマは「誰だって花のように咲き誇ることができる」だとして、「“目まぐるしい日々の中でも、真っ直ぐに生きて行く凛 [全文を読む]

子どもの泣きと育児ストレスに関する調査 「子どもの泣き声」をストレスに感じる母親、86.2%~「泣きやませ」に6割以上の親がデジタルツールを使用~

PR TIMES / 2012年10月04日15時54分

泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」は、日本音響研究所所長の鈴木松美氏を監修に迎え、この商品のターゲットである子持ちの女性たちの悩みである「子どものグズり泣き」のために、科学的な根拠に基づき開発されました。0〜3歳児52名を対象に行った実証実験調査(2012年8月25~26日、会場調査)では、52名中50名、96.2%の子どもが「ふかふかかふかのうた」を [全文を読む]

フォーカス