関口由紀のニュース

SOS!人には聞けないデリケートゾーンのお悩み【出ない・出すぎる編】

Woman Insight / 2014年08月16日21時00分

運動不足や生活の様式化で、骨盤底筋の筋力が弱くなっている、膀胱粘膜を刺激する食生活などの要因が重なって、若い人にも頻尿が増えています」(LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長・関口由紀先生) ◆頻尿って体に悪いの? 「排尿回数が多いだけで、生活に支障を来してなければ、治療する必要はなし。ただし、我慢できない尿意切迫感やチョイもれがあるなど困っている場 [全文を読む]

お泊り前は要注意!アソコが臭くなる食べ物3つ

Woman Insight / 2015年11月08日11時30分

頭皮やワキはもちろん、アソコ……そう、“デリケートゾーン”! 気をつけているつもりでも、「ン、なんか臭うかも?」という人は、“食事”のせいかも? そこで、女性医療クリニック・LUNA(http://www.luna-clinic.jp/)のグループ理事長、関口由紀先生に、デリケートゾーンの“悪臭”について聞いてみました。 女性医療クリニック・LUNA グル [全文を読む]

健康美人シリーズ『ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖』5月17日発売!

PR TIMES / 2017年05月17日13時33分

ちょっと人には聞けない悩みも、イラストで楽しく読めるビジュアルでわかる新しいオトナ女子の健康読本です! [画像1: https://prtimes.jp/i/7785/258/resize/d7785-258-959434-0.jpg ] 『ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖』 大好評発売中 著者:関口由紀 定価:1,300円+税 ISBN:97 [全文を読む]

男子の〇〇を眺めると恋が始まる!?恋愛ホルモンPEAを分泌させるコツ

Daily Beauty Navi / 2017年03月13日09時00分

最近トキメいていない、彼氏ができないと悩んでいるそこのあなた! 「ドキドキが足りなかったり、恋のチャンスに鈍感になってしまったりするのは、恋愛ホルモンが不足していることが原因かもしれません」と教えてくれたのは、医学博士の関口由紀先生です。「恋愛ホルモンとは、フェネチルアミンまたはフェニルエチルアミンと呼ばれる、通称『PEA』のこと。このPEAが恋愛ホルモン [全文を読む]

尿意のメカニズムと頻尿のさまざまな原因

NEWSポストセブン / 2016年10月15日16時00分

LUNA骨盤底トータルサポートクリニック理事長で医師の関口由紀さんは言う。 「骨盤底筋は尿を我慢する時に収縮し、その刺激が脊髄内の排尿中枢に伝わり、膀胱をリラックスさせ、膀胱の収縮を抑えて尿を蓄えます。ところが、出産や慢性的な便秘、咳、重い荷物を持ったり、猫背や反り腰などで骨盤底筋が傷むと、その作用は発揮されにくくなります。臓器を支える力もなくなり、膀胱が [全文を読む]

40代~70代女性の人に言えない悩み、1位は尿漏れ

NEWSポストセブン / 2016年06月15日07時00分

LUNA骨盤底トータルサポートクリニックの院長で泌尿器科専門の関口由紀先生は「閉経前後の女性に多い病気」だと説明する。 「生まれつき子宮や膀胱を支える骨盤底筋が柔らかい人もいて、遺伝も原因の1つ。特に更年期の女性は、筋力低下による骨盤底筋の緩みや、女性ホルモンの減少による尿道周囲のコラーゲンの減少によって尿漏れしやすくなります」 なかでも出産は、骨盤底筋を [全文を読む]

生理前は顔がたるむ!?女性ホルモンを味方につけて、老け顔とおさらば

Daily Beauty Navi / 2016年04月21日15時00分

寝る前にヨガやマッサージでリラックスする時間を作るのもオススメですよ! 女性ホルモンのバランスを整え、生理周期と肌の関係を意識することが、顔たるみ解消への近道ですよ♪ お話しを伺ったのは... 女性医療クリニックLUNAグループ 理事長・関口由紀さん 女性医療クリニックLUNAグループ理事長として、婦人科・女性泌尿器科・女性内科・乳腺科・美容皮膚科、心斎橋 [全文を読む]

排尿回数、姿勢…「女性の尿トラブル」招く生活習慣3

WEB女性自身 / 2016年02月28日06時00分

他人には相談しにくいし、かといって病院に行くのも恥ずかしいし そんなデリケートな女性たちのために、女性医療クリニックLUNAグループ理事長で泌尿器科が専門の関口由紀先生が、「尿トラブル」を起こしやすい生活習慣と、その対処法を教えてくれた。 【1】尿意があると、行ったばかりでもまたすぐトイレに行ってしまう 「尿を我慢すると膀胱炎になると思っている人が多いです [全文を読む]

40才以上女性の3人に1人が尿もれ 骨盤底筋トレが効果的

NEWSポストセブン / 2016年02月17日16時00分

「出産に加え、40才になると全身の筋肉量が減ることや、閉経期になると女性ホルモンの分泌が低下して、筋肉にはりがなくなることも、骨盤底筋が緩み、尿もれにつながる一因です」と、女性医療クリニック・LUNAグループの関口由紀さん(以下「」内同)。 尿もれは大きく腹圧性尿失禁と、切迫性尿失禁の2つに分かれる。約半数が腹圧性、25%が切迫性で、残りの25%は腹圧性 [全文を読む]

閉経前後の女性ホルモン低下の対策はモナリザタッチが効果的

NEWSポストセブン / 2015年11月05日16時00分

そこで婦人科医の関口由紀氏(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)が報告したのが、「萎縮した膣が締まって潤う膣フラクショナル炭酸ガスレーザー治療」についてだ。一体どんな治療なのか。 * * * 閉経前後から女性ホルモンの低下により膣の萎縮が起こると、膣の乾燥感や灼熱感、かゆみ、疼痛、性交痛、尿漏れなどの閉経関連性器尿路症候群(GSM)が起こります。 一 [全文を読む]

フォーカス