阿部秀保のニュース

第5回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)が今年もやって来た!」

PR TIMES / 2015年12月04日20時15分

また、保育所の訪問に先立ち、阿部秀保(あべ ひでお)東松島市長とヘミングとの面会が行われました。そこで阿部市長よりヘミングへ、これまで5年間の支援に対する感謝状が贈呈されました。「ヘミング 氏が代表取締役社長を退任した後も、こうして子供たちのためにドイツから東松島に来てくださったことをとても嬉しく思います。これまでボッシュと築いてき た絆が今後一層深まって [全文を読む]

災害公営住宅「市営柳の目東住宅」が竣工、入居開始(東松島スマート防災エコタウン)

PR TIMES / 2015年08月07日13時44分

<東松島市 阿部秀保市長 コメント> 東日本大震災からの生活再建において、住宅再建の優先度は高く、災害公営住宅のいち早い建設が重要と考えている。復興はまだ道半ばだが、この先、さらに住宅再建の取り組みを加速させていきたい。 また、東日本大震災を通じて、市民の命を守るためには災害時のエネルギー確保が不可欠だと強く認識し、当地では環境省の補助を受け「東松島スマー [全文を読む]

日本のボッシュ・グループ被災地復興支援イベント 「ドイツのサンタクロースが今年もやって来た!!」

PR TIMES / 2013年12月10日10時25分

東松島市の阿部秀保市長からは、ボッシュの支援活動に対し、「復興は子供たちの笑顔からスタートしたので、こうやってボッシュ・グループが子供たちに喜びを与えてくださるのはとてもうれしいです。そして私たちでは手の届かない時間のかかる子供たちの施設の整備や、演奏会、クリスマスイベントの開催などハードとソフトの両面でのサポートをしていただいていることに大変感謝していま [全文を読む]

日本のボッシュ・グループ被災地復興支援活動 「ドイツのサンタクロースが今年もやってきた!!」 子供たち189人への復興支援イベント

PR TIMES / 2012年12月07日09時41分

東松島市の阿部秀保市長はこのイベントについて「復興は子供たちの笑顔からスタートしたので、こうやってボッシュ・グループが子供たちに喜びを与えてくださるのはとてもうれしいです。そして私たちでは手の届かない時間のかかる子供たちの施設の整備や、演奏会、クリスマスイベントの開催などハードとソフトの両面でのサポートをしていただいていることに大変感謝しています。」と述 [全文を読む]

ボッシュ・グループの被災地復興支援活動 世界に羽ばたこう!サッカー教室 in 東松島 ドイツ・ブンデスリーガVfBシュトゥットガルトの 岡崎 慎司、酒井 高徳両選手が協力

PR TIMES / 2012年06月21日09時21分

イベント終了後、東松島市の阿部秀保市長は、「子供たちにとっては憧れのサッカー選手ですので、両選手から元気と希望と勇気をいただきました」とコメントを述べられました。 2011年以降も継続する東松島市への復興支援活動 創業者ロバート・ボッシュの「社会奉仕」の精神に基づき、自主的・積極的に社会との調和を図り、さまざまな分野で社会への奉仕活動を実施しているボッシ [全文を読む]

フォーカス