松本伊代 中森明菜に関するニュース

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

松田聖子、中森明菜、小泉今日子、薬師丸ひろ子、河合奈保子、松本伊代、菊池桃子らがキラキラ輝いていた80年代。当時ももちろん、アイドルといえば写真集が定番だった。 そこで、8000冊以上の写真集をそろえるアイドル&プレミアグッズの聖地「荒魂書店」(東京・神田)の協力のもと、「80年代アイドル写真集」のベスト10をセレクト。もし持っていたら一生のお宝モノ、こ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「松本伊代」(1)いつもより大人なライブになりそう

アサ芸プラス / 2017年02月07日12時57分

●ゲスト:松本伊代(まつもと・いよ) 1965年、東京都生まれ。原宿でスカウトされ、81年「たのきん全力投球!」(TBS系)の田原俊彦の妹役オーディションに合格してデビュー。同年10月、「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビュー。82年、第24回日本レコード大賞新人賞をはじめ、多くの音楽新人賞を受賞。同年の新人賞レースを争ったことから堀ちえみ、小泉今日子 [全文を読む]

ガンダムファンにはおなじみ 歌手・森口博子の実力

NEWSポストセブン / 2016年11月19日07時00分

前年10月にデビューしていた松本伊代も、この中に含まれている。 新人賞は熾烈な争いで、デビューの年、中森明菜だけが無冠に終わっている。その後の歌手人生において、本当に色々なことがあった彼女だが、松田聖子と共に、いまも歌い続けている数少ない“アイドル”の一人だ。 その「82年組」に「追いつき、追い越せ」でデビューした女性アイドルは、なぜか「バラドル」として活 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、早見優と、キラ星のごとく同じ時代に飛び出したのだ。 この時代まで、アイドルの多くは「歌手」を意味していたが、別の潮流も生まれた。それは薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の「角川三人娘」である。彼女たちの可憐な姿を観たいと劇場は超満員になり、その流れは宮沢りえの「ぼくらの七日間戦争」まで受け継がれていった。 さらに忘れてならないの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】早見優&松本伊代、お揃いの“アイドル衣装”を披露「やっぱり、思い切ってやった方が楽しい」

TechinsightJapan / 2015年06月24日11時10分

早見優が松本伊代と一緒に可愛いアイドル衣装を着た1枚をInstagramに投稿した。彼女たちが先日行われた“やついフェス”に出演した時の衣装だ。フェスへの出演が決まった際に、互いに連絡を取り合って「お揃いにしよう」と盛り上がって出来たものだという。 6月20、21日に東京・渋谷エリアで開催された『YATSUI FESTIVAL!2015』(やついフェス)で [全文を読む]

<今年の紅白歌合戦の本当の見所>全盛期を知る元ディレクターが語る「聖子と明菜はライバルだったのか?」

メディアゴン / 2014年12月25日00時24分

当時のアイドルは、松本伊代さんのようにデビュー曲でロケットダッシュする戦略が多かったので、明菜さんは出だしは「マズマズ」アイドルという感じだったわけです。ところが、すぐ次に会った時にはもう2曲目「少女A 」発売になっていました。しかも、かわい子アイドルでは決して歌えない歌詞。言わば不良ソング。当時、未成年の容疑者を仮名で「少年A」という表記が馴染んだ頃だっ [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(4)この子はスターになるよ!

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

松本伊代、小泉今日子、堀ちえみ、早見優、石川秀美が並び「花の82年組」と呼ばれた。 やがて明菜は、いち早くアーティスト性を打ち出していく。シングルとほぼ同じペースでアルバムを発売し、島田の記憶では最初の1年で100曲を明菜のために用意した。 「デビューイベントを豊島園でやって、その司会を徳光和夫さんにお願いした。徳光さんが『この子、絶対にスターになるよ!』 [全文を読む]

『3年B組金八先生』の清純派アイドル・伊藤つかさ「私、初めての取材は週プレさんだったんです」

週プレNEWS / 2014年01月01日12時00分

その後、歌番組などでご一緒したときも松本伊代さんとか中森明菜さんよりも私のほうが年下だったので、「おはようございます」くらいしか言えなかったんです。 あのときは、みんなすごくすてきな衣装を着ていたんですよね。私はずっとセーラー服だったので、「セーラー服じゃない衣装が着たいな」って、ちょっと不満はありましたけど(笑)。 ―80年代にアイドルとして活動していた [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

松本伊代、堀ちえみ、中森明菜、小泉今日子、早見優が新人賞レースを争い、秀美も、後に夫となる薬丸裕英がいたシブがき隊も輪の中にいた。 秀美は同年の4月に「妖精時代」をリリースする。作曲とプロデュースを担当したのは、松田聖子のデビュー三部作を仕掛けた小田裕一郎である。 「聖子に比べれば歌はそれほど上手じゃない。では、どういう形にイメージを作り込んでいこうか考 [全文を読む]

あの元アイドル北原佐和子の「女優業と介護福祉士の両立」告白に賛否の声

アサ芸プラス / 2017年06月01日17時58分

「“花の82年組”と呼ばれる小泉今日子や中森明菜、早見優や松本伊代らと同期デビューした北原の口から『人気にかげりが見え始めると、みんな背を向けていった』『心のバランスを崩しそうになったこともあった』など、当時の心情が素直な言葉で語られるシーンもあり、実に重い内容でした。43歳でホームヘルパー2級の資格を取得し、30軒近い施設に自ら電話をかけて、やっとパート [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

そのため、1冊しか写真集を出していないようなマイナーなアイドルまで、在庫の問い合わせがきています」(峯岸氏) 他にも中森明菜(51)、菊池桃子(48)、早見優(50)、松本伊代(51)など、昭和アイドルの人気は高く、前出・鎌田氏も言う。「レコードはCDとして再発することもあるが、こうした写真集はなかなか復刻できない。松田聖子(54)のコスプレ写真集『おしゃ [全文を読む]

伝説的アイドル誌『BOMB!』 今では驚きのアイドルへの質問

NEWSポストセブン / 2016年04月15日16時00分

松本伊代の特集号では、中学時代の松本の友人が実名フルネームで誌面に登場し、「伊代は中2のとき、同級生のM君に失恋して大泣きしました」と証言。“こんな暴露、しちゃっていいの?”と突っ込みたくなるような内容が満載だった。 こうしてアイドルたちを“丸裸”にしていた『BOMB!』。このとき、当時の編集フロアではトップアイドルの卵を発掘する雑誌『Momoco』が制 [全文を読む]

50才でも自然体の小泉今日子「加齢は劣化ではなく変化」

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

中森明菜(50才)、松本伊代(50才)、早見優(49才)、堀ちえみ(49才)といったスターが同期としてデビューするという、アイドル全盛期だった。“聖子ちゃんカット”が大流行した当時、同期の面々と同じく小泉も聖子ちゃんカットをしてみるが、ある日事務所にも内緒でショートカットにイメチェン。「アイドル=かわいい」の図式を「アイドルなのにカッコいい」へ塗り替えた。 [全文を読む]

関西の番組で梨園の裏側告白の三田寛子に「ルール違反」

NEWSポストセブン / 2016年02月12日07時00分

いまだに怖いですね、間違えそうで」 小泉今日子(50才)や中森明菜(50才)、松本伊代(50才)と同期デビューの『花の82年組』だった三田が中村橋之助(50才)と結婚したのは1991年。以降、ぐっとメディアへの露出が減り、歌舞伎役者の妻として陰ながら夫を支えてきた。 「梨園の妻がここまで内情を話すのは大変珍しいこと。今年秋の歌舞伎座公演で、橋之助さんは八代 [全文を読む]

明菜、聖子、薬師丸って…若者は興味ゼロ歌手連発で視聴率低下の紅白 捨て合う若者とテレビ

Business Journal / 2015年01月09日23時00分

わかりやすくいえば、サッカーのナビスコ杯は『Jリーグ杯』に言い換えられるし、古い話になりますが松本伊代がNHKに出演した時は『伊代はまだ16だから』という歌詞を『私まだ16だから』と変えさせたほどです。にもかかわらず今回出場した中森や長渕剛は新曲を歌いました。これは宣伝以外の何ものでもなく、NHKが歌手から非難されても仕方ないことでしょう」 そこまでしてN [全文を読む]

菊池桃子 アイドル時代から「大学進学のため勉強は欠かさず」

WEB女性自身 / 2015年01月09日07時00分

そんな私を石川秀美さんが背中をトントンと叩いてくれたり、松本伊代さんが『桃子ちゃん、大丈夫!』と言ってくれたり。年は2~3歳上なだけなんですけど、10歳ぐらい年上のお姉さんのような感じがしました(笑)」 そう振り返るのは昨年、歌手デビュー30周年を迎えた菊池桃子(46)。84年デビュー当時は15歳の高校生だった。デビューから4枚目のシングル『卒業』が大ヒッ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】「8時だョ!全員集合」大ヒットにつき追加配信!

PR TIMES / 2014年01月16日15時14分

その一部を紹介すると・・・相本久美子、アグネス・チャン、浅野ゆう子、アン・ルイス、石川さゆり、石川秀美、五木ひろし、伊藤麻衣子、井上順、岩崎宏美、岩崎良美、内山田洋とクールファイブ、大里えり、大滝裕子、太田裕美、柏原よしえ(現・柏原芳恵)、角川博、河合奈保子、河上幸恵、北原由紀、木元ゆうこ、桑江知子、研ナオコ、小出広美、越美晴、小林幸子、小柳ルミ子、サーカ [全文を読む]

早見優語る「花の82年組」アイドルたちのママ交流

WEB女性自身 / 2013年09月26日07時00分

今も仕事をする機会が多い松本伊代(48)、堀越学園の同級生の堀ちえみ(46)、デビュー日が同じ石川秀美の3人と、特に仲良しという。数カ月に一度会っては、舞台や映画を鑑賞して、食事に行くそう。集まる場所は銀座、六本木などさまざまで、幹事は持ち回り。この3人が中心にもなって、数年に一度、大人数の同窓会も開いているそうだ。「2年前には、二子玉川のレストランでラ [全文を読む]

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(8)「歌の前にぶどうの一気食い」

アサ芸プラス / 2013年04月09日10時00分

松本伊代、堀ちえみ、石川秀美、中森明菜、小泉今日子、早見優──そして男性陣では「シブがき隊」がデビューし、ランキングを競った。 フックンの愛称で親しまれた布川敏和は、同年の5月20日に「NAI・NAI16」(82年5月)で初登場した瞬間を鮮明に記憶している。 「ちょうど初主演の映画を撮っていて、ロケ先の伊豆から中継。小さい頃から家族で観ていた番組だし、メン [全文を読む]

フォーカス