川島なお美 失楽園に関するニュース

川島なお美さん 常に芸能マスコミに愛され続けた理由とは

NEWSポストセブン / 2015年09月26日07時00分

今回は、9月24日夜に亡くなった川島なお美さんを追悼。 * * *「息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした」 24日、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった川島なお美さんの御主人でパティシエの鎧塚俊彦さんが自身のFacebookに寄せたコメントである。 さすがは御主人。なお美さんのことをよくわかっていらっしゃるし、最期まで女優として生き [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

女優・川島なお美が胆管がんのため、24日に逝去した。享年54歳だった。昨年1月にがんが発覚し、摘出手術を受けたが、術後は抗がん剤や放射線治療を一切受けずに、免疫療法を向上させる食事療法や運動を実践してきたという。最後まで女優として生き、再び舞台に立つことを願ったうえでの選択だったとのことだ。 参考:浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポ [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

女優の川島なお美(53)が、現在がんに侵され5年の生存率50%であることを公表した。奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、 [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

ヒロイン凛子を、体当たりで演じたのが川島なお美(54)だった。「私にとって渡辺先生は“恩師”でもあると同時に、作品を通しての“戦友”でもありました。『失楽園』(日本テレビ系)、『くれなゐ』(’98年・日本テレビ系)そして映画『メトレス・愛人』と、渡辺文学のヒロインを3人も演じさせて頂きました。渡辺文学のヒロインたちはみな、芯は強くても女性的で、はかなげで、 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

一方、ドラマ版の『失楽園』でヒロインを務めた女優の川島なお美は「ショックで何も言葉が出て来ません」「思い出がたくさんあり、今は気持ちの整理がつきません」などと手短にコメントし、ショックの大きさをうかがわせた。 「渡辺氏の代表作『失楽園』のヒロインを務めた2人だが、双方とも渡辺氏と“大人の関係”であったことは公然の秘密。とはいえ、黒木は当時結婚していたので [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(2)「<1997年9月22日・失楽園>国広富之」

アサ芸プラス / 2016年03月07日17時57分

もうひとつ、「失楽園」では、妻(川島なお美)が別の男(古谷一行)と不倫に走るエリート医師の苦悩と嫉妬を演じた。「小説でも映画でも、妻を寝盗られる夫のことは多くは描かれていない。ただ、ドラマだと尺が長いですから、視聴者に嫌われるくらい粘着質に描かれていましたね。中には『こんな夫だから妻が不倫するんだ』と言われたくらい(笑)」 エリート街道を走ってきた医師に [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

9月24日に胆管ガンで逝去した川島なお美(享年54)。11月5日の追悼イベントでは多くのファンがその早すぎる死を悼んだ。だがその水面下では、川島の「遺品」がひそかに注目を集めていた。 ここに1冊の書籍を写した画像がある。07年に刊行された小説「あじさい日記」。著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記さ [全文を読む]

石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……

日刊サイゾー / 2015年10月08日13時00分

先月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さんの通夜が1日、営まれた。祭壇にはワイングラスが飾られ、棺の中には舞台衣装、ゴルフボール、愛犬の服などが納められた。 通夜には秋元康、松嶋菜々子、中島美嘉、荒川静香など1,500人が参列。その後、取材に応じた芸能人の中で「何もこのタイミングで言わなくても……」と白い目で見られていたのが、石田純一だ。 川島さん [全文を読む]

川島なお美の陶酔と強さが私たちの不安を救う――失笑されても「私は女優」

ウートピ / 2015年10月02日19時04分

9月24日、川島なお美が胆管がんで亡くなった。54歳だった。訃報にあたり、多くのメディアが彼女を「女優として人生をまっとうした」「女優業にまい進した」「女優としても評価は高かった」と賞賛した。生前からそんな評価だったろうか。「川島なお美」と聞いて、「女優」と認める人はあまりいないだろう。代表作は「お笑いマンガ道場」とワインだ。「失楽園」は、枕営業疑惑や激し [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

9月24日、女優の川島なお美が胆管ガンのため逝去した。その直前まで激やせした姿で表舞台に立ち、「激やせとか言われている場合じゃない」と仕事への意欲を語るなど最後まで女優としてまっとうしたその姿と生き様に、ワイドショーはじめ多くのメディアが川島の死を悼み、その訃報を大きく取り上げた。 だが川島という女優を語る上で、大きな分岐点となったある出来事に触れるメディ [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

川島なお美との"失楽園"不倫をはじめ、黒木瞳など、生前は数々の女性と浮き名を流したナベジュン先生だけど、長年秘書を務めていたMさんとも実は長く愛人関係にあったといわれている。生前仕事関係はMさんが仕切っていたから、出版各社が合同で開いたお別れの会も、Mさんと相談しながら進めていたんだよ。ところが、娘さんが勝手に進めないでとクレームを入れ、社長クラスも巻き込 [全文を読む]

渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

そこには、共演NGといわれてきた、映画『失楽園』で主演を務めた黒木瞳(53才)と川島なお美(53才)が同席した。2人とも渡辺さんとはただならぬ関係にあったと言われているが、『お別れの会』でのその胸中はいかに。17年前の映画『失楽園』では川島は主演女優レースで黒木に敗れた。だが、その後は連ドラで見事高視聴率を稼ぎ出し、女優としての評価も高まった。「今思うと [全文を読む]

『失楽園』川島なお美は“枕営業”だった──女と銀座を愛した作家・渡辺淳一さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2014年05月13日13時00分

渡辺さんは、テレビドラマ版『失楽園』に主演した川島なお美が今年3月、肝内胆管がんの手術を受けていたことが報じられた際、激励のメールを送っていたという。渡辺さんと川島は、ドラマの原作者と主演女優という単純な関係ではなかった。文壇タブーとして闇に葬られてきたが、2人が不倫関係だったことは有名な話だ。 川島は、青山学院大学在籍中に芸能界デビュー。“キャンパスクィ [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

映画版『失楽園』でヒロインを務めた黒木瞳(53才)、さらにドラマ版『失楽園』で主役に自ら抜擢した川島なお美(53才)らとの関係も囁かれた。 渡辺さんと40年以上の親交があり、自伝小説『阿寒に果つ』の担当編集者だった水口義朗さんはこう語る。 「経験したからこそ書けることは、やっぱりあると思うんです。何人かつきあっていた女性も知っています。男として恋愛を楽しみ [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

その筆頭は、96年10月に月刊誌「噂の眞相」で報じられた川島なお美(52)との不倫行状。2人は北海道札幌市郊外にある渡辺氏の別荘に1泊2日旅行へと出かけ、一夜を過ごしたのだ。 その数カ月前、写真誌「フォーカス」も都内ホテル密会を激写。部屋に入って抱き合い、キスをする場面までが押さえられた。しかし、 「ドル箱作家のスキャンダルはある種のタブーであり、不倫密 [全文を読む]

松居一代が「死者でマーケティング」? 夫と川島なお美さんの過去を暴露する本当の理由

日刊サイゾー / 2015年10月11日12時00分

タレントの松居一代が7日、著書「松居一代の開運生活」(アスコム)の出版会見を都内で行い、夫で俳優の船越英一郎と先月24日に亡くなった川島なお美さんが過去に交際していたことを“暴露”した。 川島さんの葬儀からわずか5日しか経っていない中での今回の発言。さらに自著のPR会見の場で答えたことから、「売名」の印象があまりにも強く植えつけられた。ネット上では即座に [全文を読む]

川島なお美を金儲けのダシに!?松居一代の暴露話に非難が殺到

アサジョ / 2015年10月09日17時58分

9月24日に胆管がんのため54年の生涯を閉じた川島なお美。そのお通夜の席で、石田純一が「僕が降板したことで『失楽園』の主役が彼女になった」と失言したことに続き、今度は松居一代が突如、夫・船越英一郎と川島との交際歴を明かし、物議を醸している。「一部インターネット上で噂になっている“船越と川島の関係”について言及するという形で、『結婚前に二人が交際していたとい [全文を読む]

「放送コードに挑んだ」TVドラマ(1)川島なお美が喪服姿で…

アサ芸プラス / 2015年05月03日17時56分

川島なお美と古谷一行が、「放送コードの限界に挑戦する」と言ったとおりの体当たり艶技を演じた。「ドラマ1回の放送時間が正味40数分の中、カラミのあるシーンだけで10分以上を占めている。それこそ、濡れ場で始まり濡れ場で終わる回もあるほど。今見返しても奇跡的なほど過激なドラマでした」(芸能記者) 中でも、伝説となったのは第4話。実父の通夜の後にもかかわらず、喪服 [全文を読む]

【最高視聴率27.3%】伝説のドラマ『失楽園』が17年の時を越え、初DVD化!

PR TIMES / 2014年10月01日19時22分

古谷一行、川島なお美、菅野美穂、十朱幸代、 みのもんた、加賀まりこ、国広富之、金子賢、大浦龍宇一ほか 【参考資料:~不倫ブームの歴史(昭和~平成)~】 ≪第1次不倫ブーム到来!~明るい時代:バブル前夜の明るく軽い世相≫ ■1983年~85年『金曜日の妻たちへ』 シリーズ最高視聴率 23.8%! 放送日の金曜夜10時は、主婦が電話に出ないとまでいわれるほど [全文を読む]

フォーカス