川島なお美 失楽園に関するニュース

川島なお美さん 常に芸能マスコミに愛され続けた理由とは

NEWSポストセブン / 2015年09月26日07時00分

今回は、9月24日夜に亡くなった川島なお美さんを追悼。 * * *「息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした」 24日、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった川島なお美さんの御主人でパティシエの鎧塚俊彦さんが自身のFacebookに寄せたコメントである。 さすがは御主人。なお美さんのことをよくわかっていらっしゃるし、最期まで女優として生き [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

女優・川島なお美が胆管がんのため、24日に逝去した。享年54歳だった。昨年1月にがんが発覚し、摘出手術を受けたが、術後は抗がん剤や放射線治療を一切受けずに、免疫療法を向上させる食事療法や運動を実践してきたという。最後まで女優として生き、再び舞台に立つことを願ったうえでの選択だったとのことだ。 参考:浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポ [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

女優の川島なお美(53)が、現在がんに侵され5年の生存率50%であることを公表した。奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、 [全文を読む]

昼顔に金妻…「ハマった不倫ドラマ」1位は流行語にもなったあの名作

Menjoy / 2016年06月07日15時30分

古谷一行さん、川島なお美さん主演のこのドラマは、青春時代の恋とはまた違う、しっとりしながらも激しくうずくまるような究極の大人の恋愛を描いたもの。大人になった今だからこそ、衝撃的なラストシーンも理解できるのかもしれません。 この作品に関しては、意見が賛否両論であり、「純愛」だと言いきる人もいれば「どこにでもあるような色物作品」という意見もありました。確かに [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

ヒロイン凛子を、体当たりで演じたのが川島なお美(54)だった。「私にとって渡辺先生は“恩師”でもあると同時に、作品を通しての“戦友”でもありました。『失楽園』(日本テレビ系)、『くれなゐ』(’98年・日本テレビ系)そして映画『メトレス・愛人』と、渡辺文学のヒロインを3人も演じさせて頂きました。渡辺文学のヒロインたちはみな、芯は強くても女性的で、はかなげで、 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

一方、ドラマ版の『失楽園』でヒロインを務めた女優の川島なお美は「ショックで何も言葉が出て来ません」「思い出がたくさんあり、今は気持ちの整理がつきません」などと手短にコメントし、ショックの大きさをうかがわせた。 「渡辺氏の代表作『失楽園』のヒロインを務めた2人だが、双方とも渡辺氏と“大人の関係”であったことは公然の秘密。とはいえ、黒木は当時結婚していたので [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(2)「<1997年9月22日・失楽園>国広富之」

アサ芸プラス / 2016年03月07日17時57分

もうひとつ、「失楽園」では、妻(川島なお美)が別の男(古谷一行)と不倫に走るエリート医師の苦悩と嫉妬を演じた。「小説でも映画でも、妻を寝盗られる夫のことは多くは描かれていない。ただ、ドラマだと尺が長いですから、視聴者に嫌われるくらい粘着質に描かれていましたね。中には『こんな夫だから妻が不倫するんだ』と言われたくらい(笑)」 エリート街道を走ってきた医師に [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

9月24日に胆管ガンで逝去した川島なお美(享年54)。11月5日の追悼イベントでは多くのファンがその早すぎる死を悼んだ。だがその水面下では、川島の「遺品」がひそかに注目を集めていた。 ここに1冊の書籍を写した画像がある。07年に刊行された小説「あじさい日記」。著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記さ [全文を読む]

石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……

日刊サイゾー / 2015年10月08日13時00分

先月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さんの通夜が1日、営まれた。祭壇にはワイングラスが飾られ、棺の中には舞台衣装、ゴルフボール、愛犬の服などが納められた。 通夜には秋元康、松嶋菜々子、中島美嘉、荒川静香など1,500人が参列。その後、取材に応じた芸能人の中で「何もこのタイミングで言わなくても……」と白い目で見られていたのが、石田純一だ。 川島さん [全文を読む]

フォーカス