加藤浩次 めちゃイケに関するニュース

<「27時間テレビ」の連続番宣に疑問>「めちゃイケ」に期待しているのは「感動」ではなく「笑い」のエンターテインメントだ

メディアゴン / 2015年07月23日07時20分

例えば、今回と同じく「めちゃイケ」がメインを張った2004年の「27時間テレビ」でも、加藤浩次(極楽とんぼ)が100kmマラソンをやっていたが、これは完全に感動の皮を被ったお笑い企画であった。「24時間テレビ」(こちらは完全に「感動」志向の番組である)と類似(というかそのまんま)のマラソン企画をやるという告知で視聴者は「喘息持ちの加藤がマラソンで頑張る姿を [全文を読む]

山本圭壱のテレビ出演に賛否 「芸能界の甘さ」を感じる人は約6割

しらべぇ / 2016年08月01日08時00分

山本と相方の加藤浩次との絡みや、後輩芸人であるロンドンブーツ1号2号の田村淳の涙を見て、涙腺が崩壊したという声も。めちゃイケの見てるけど懐かしいな小さい頃から見ていたからわたし山本さんのこと覚えてるよだからこそ今見てぼろぼろ泣けるけど10年間残されてそれでも思い支え続けた周りのひとたち本当に素晴らしいよなあ— め る こ (@meluco_dayo) Ju [全文を読む]

<「めちゃイケ」の堕落>工夫のなき元バラエティの雄

メディアゴン / 2017年05月02日07時30分

壮大なストーリーも何もあったものではなく(濱口に対するドッキリや加藤浩次に対するドッキリには若干伏線めいたものもあったが、薄めであった)、ターゲットに短めのイタズラを仕掛けるだけで、ドッキリというよりはリアクションである。同じイタズラをターゲットを変えながら何回も繰り返しており、ターゲットの間にも相互の関連性は希薄なので、ただ映像を足し算して尺を埋めただけ [全文を読む]

「何してくれてんねん」極楽とんぼ・山本の復活劇によゐこ・濱口優がモノ申した意見とは

messy / 2016年08月10日23時00分

元吉本興業所属で、極楽とんぼ・加藤浩次の相方である山本圭壱が、7月30日(土)放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に10年ぶりに登場した。2006年の事件以来、初めてレギュラー番組であった「めちゃイケ」に復帰し、8月6日(土)には前週の復活劇に続いて、めちゃイケ出演に至るまでのメンバーや関係者の想いが明かされた。「ナイティナインの岡村は、同じボ [全文を読む]

めちゃイケ温泉「小涌園のわき園」の全貌を公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月08日08時00分

加藤浩次の湯」には、スーツ姿の加藤の人形の頭にある蛇口をひねると、目から勢いよくお湯が噴射され、どこか見覚えのある光景を楽しむことができる。また、「矢部浩之の湯」では、矢部のプロポーズを再現した人形が作られており、矢部の腕に包まれながらお湯に漬かることができる。ほかにも「武田真治の湯」には武田のダビデ像風の人形が、「鈴木紗理奈の湯」では22年間の芸能生活 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】武田真治 「気持ち悪い」とめちゃイケ女子に嫌われるワケ

TechinsightJapan / 2016年03月30日20時20分

さらには、加藤浩次が武田について外見はカッコいいが「根っこはどす黒い、どろどろのエロを抱えている」と表現すれば、濱口優から楽屋に置いてある「雑誌の袋とじを一番に開けるのは武田くん」だと明かされてしまう。 「どうやったら独身生活を抜けだせるのか?」という当初の質問から思わぬ方向へ進んだが、武田はこうなれば「本当に聞きたかったことを、カットされるのを覚悟で言っ [全文を読む]

極楽とんぼ・山本圭壱復帰の感動路線「もう飽き飽き!?」『めちゃイケ』6.8%で低視聴率に逆戻り

日刊サイゾー / 2016年08月08日17時00分

長らく視聴率低迷にあえぐ『めちゃイケ』にとって、山本の復帰ネタは“最後の砦”的企画だったものの、期待していた結果とはならなかった」(テレビ誌ライター) その一方で、山本と加藤浩次によるお笑いコンビ・極楽とんぼの“全国謝罪ツアー”のチケットが、転売屋の格好のターゲットとなっているようだ。 加藤の故郷である北海道・札幌を皮切りに、山本の故郷・広島まで全国14カ [全文を読む]

外堀は埋まった!極楽とんぼ山本、2015年復活への「最後の障壁」

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時58分

今年、相方の加藤浩次がMCを務める『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演していた気象予報士が逮捕されました。それが山本と同じく淫行だっただけでなく、逮捕された2月23日は山本の誕生日でもあったんです。当時は『加藤さんへの嫌がらせかよ』なんて冗談も飛び交っていました」(テレビ関係者) その事件以降、山本に対する環境が少しずつ変化し始めたという。 「5月に発売 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木紗理奈、山本圭壱に駅でバッタリ 「10年ぶりにオフで話した」

TechinsightJapan / 2016年12月12日14時30分

極楽とんぼの相方・加藤浩次が彼を叱責する形で不祥事を起こして迷惑をかけたことを謝罪、2人で土下座した。その場にいた『めちゃイケ』レギュラーの鈴木紗理奈が12月10日、『SARINA_MUNEHIRO munehirovoice Instagram』にてその山本とのツーショットを投稿している。 山本も9日に『山本圭壱(yama_gokuraku)ツイッター』 [全文を読む]

極楽・山本圭壱、吉本復帰が200%ない理由…テレビ本格復帰できない裏事情

Business Journal / 2016年08月03日07時00分

最終的には相方の加藤浩次とともに謝罪し、番組も笑いに包まれて終わった。今後、極楽とんぼとして全国をライブで巡業していくというが、『めちゃイケ』へのレギュラー復帰が約束されたわけではなかった。 事件を起こした芸能人が復帰するケースは多々あるが、山本のように10年ものブランクは長過ぎるという声もある。そのなかには、当時茨城ゴールデンゴールズの監督だったお笑い界 [全文を読む]

【朗報】山本圭一が「めちゃイケ復活!」ネットでも大いに沸く!30日復帰

秒刊SUNDAY / 2016年07月16日08時28分

・ 極楽山本めちゃイケ復帰するの?!嬉しいー!油谷さんみれる?!・ 極楽山本復帰かあ... やっぱ加藤浩次と喧嘩すんのかなw・ 今の人、極楽山本を知っているのかな?ww ・ ここ最近久しくめちゃイケ見てなかったけど見るか! (秒刊ライター:Take) [全文を読む]

『めちゃイケ』、元極楽・山本“復活詐欺”も……「クソみたい」と視聴者激怒、視聴率6%の惨状!

サイゾーウーマン / 2016年06月01日13時00分

昨年山本は、元相方・加藤浩次の舞台上に飛び入り出演後、お笑いライブを開いたり、ラジオ番組を始めるなど、活動を活発化させていただけに、ネットユーザーも山本の『めちゃイケ』復帰にかなり期待をしていたようです」(スポーツ紙記者) しかし、放送に登場したのは、台湾人の番組プロデューサーというオチ。熱心な番組ファンでさえ予想できなかった人選で、放送中からネット上には [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】重盛さと美、三中元克に感謝「泣いていた時、励ましてくれた」

TechinsightJapan / 2016年02月28日16時40分

イチから出直しとなった三中だが、番組レギュラーの加藤浩次は生放送終了後に出演したラジオ番組で「めちゃイケ降板は、芸人としてプラスになるはず」と話していた。三中の芸人としての道もこれからの頑張り次第であろう。 出典:https://www.instagram.com/satomi_shigemori (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

ナイナイ『27時間テレビ』総合司会でささやかれる“アノ男”のサプライズ復帰

日刊サイゾー / 2015年05月11日11時00分

(相方の)加藤浩次にも(山本が出演していた)めちゃイケメンバーやめちゃイケスタッフに対しても何も気持ちを伝えてくれなかった。それだけに個人的には非常に気持ちが悪かった」とダメ出ししたが、直後に再びブログで陳謝。「僕が叱咤激励のつもりで書いたコメントに配慮が足らなく、不快に思われる方がいらっしゃった」と述べた上で「山本圭一さんの完全復帰を心から待ちます。山本 [全文を読む]

<悪い素人と悪い編集>11月22日の放送で「めちゃ✕2イケてる」が犯した2つの間違い

メディアゴン / 2014年11月24日00時10分

加藤浩次が後輩芸能人にアドヴァイスするというコーナーで、加藤の言葉をリフレインさせる編集になんの意図があるのか。「めちゃイケ」は笑いを取ろうとしている番組ではないのか。編集のダメなところはまだある。ゲストのヒロミは、落としのセリフが思いつかないので、しょうがなく岡村の頭を叩いて落とす。その回数が多すぎる。ヒロミが好きなら(好きだからキャスティングしたのだろ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】雛形あきこ、初ゾンビ仮装で“女優魂” 矢部浩之は職質され「一生忘れへん!」

TechinsightJapan / 2016年11月07日11時45分

『めちゃイケ』の企画“ゾンビ選手権”で雛形あきこや哀川翔が気合の入った仮装を見せれば、加藤浩次は完全手作りながら存在感あるゾンビで渋谷の街をざわつかせる。一方で最後に仮装することとなったナインティナイン矢部浩之はとんだ目に遭ってしまう。11月5日に放送されたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)では岡村隆史(ナインティナイン)が“めちゃイ [全文を読む]

めちゃイケ20周年SPに明松CP「懐かしいキャラも」

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日07時02分

また、今回のスペシャルでは、元天才子役や加藤浩次の天敵、メンバーのある一人が片思いをしていた俳優など、「めちゃイケ」を放送当初から見ているファンが驚くような懐かしのゲストも登場する。 明松功チーフプロデューサーは「番組の20周年を記念する今回のスペシャルに、史上最も豪華なゲストの方々にご出演いただくことができて非常にうれしく思います。 さらに、長寿番組な [全文を読む]

笑いと感動の両取りを狙った「めちゃイケ」大久保佳代子の27時間マラソンは中途半端

メディアゴン / 2015年08月10日10時22分

この2回では、加藤浩次(2004)と矢部浩之(2011)がマラソンを走った。2004年の加藤マラソンは基本的にお笑いが志向されていたが、2011年の矢部マラソンは何がやりたいのかよく分からなかった。矢部マラソンの反省を活かして軌道修正をしてほしかったが、今回の大久保マラソンも中途半端に終わってしまった。具体的な話をする。27時間テレビにおけるマラソンは、基 [全文を読む]

<生放送をやめるか「27時間テレビ」をやめるか>明石家さんまのいない生放送は面白くない。

メディアゴン / 2015年08月01日06時50分

オチは、トリなのに忘れられた加藤浩次である。ただ全部使い古されたコンセプトであり、予想ができたのが問題である。加藤のオチなど、加藤本人も指摘していたが、中居くんがフリすぎである。あとはまあ、生放送なのでグダっているという問題は他の企画にも共通している。<2015FNSドリームカバー歌謡祭>見ていない。<中居・矢部の本気のスポーツ>(収録)収録なのはいいのだ [全文を読む]

「めちゃイケ」の実力は有象無象の腐ったテレビ番組と同じレベルではないはずだ

メディアゴン / 2015年06月22日07時10分

後半の「加藤浩次を元気にする」という企画は、「めちゃイケ」にしては練り込みが甘い。最近疲れているという評判の加藤を連れ回して漢方や精のつく料理を食べさせたり、鍼治療を施したりという内容だった。しかし、基本的には単純にそれだけだったので、ただの情報番組みたいであった。一応、漢方店の店主がやたら加藤に絡んできたり、どう見てもインチキのサーモグラフィーの映像を出 [全文を読む]

フォーカス