花咲徳栄 甲子園に関するニュース

【プロ野球】明徳義塾出身・伊藤光と花咲徳栄出身・若月健矢。オリックス・仁義なき正捕手争い

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日16時05分

オリックスの選手の出身校で出場するのは、 聖光学院 園部聡 花咲徳栄 若月健矢 履正社 岸田護、T-岡田 智辯学園 青山大紀 創志学園 奥浪鏡 明徳義塾 伊藤光 大分 佐野皓大 (※学校名/出身選手) 以上の7校。 この中で注目したいのは、同じ高卒入団選手で正捕手争いをしている伊藤と若月だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

大曲工144キロ右腕・藤井「もう一度、甲子園のマウンドに」ノーシードから挑む連覇への道

スポーツ報知 / 2017年06月28日07時30分

投げ合った花咲徳栄(埼玉)の高橋昂也(現・広島)は、被安打10と藤井(8本)よりも多かったが、要所を抑えて失点は本塁打の1点のみ。「ランナーを出してからの投球が違う。直球だけでなく変化球のキレとか、ギアが上がっていた」。甲子園の土は持ち帰らなかったが、大きな経験を得た。冬場は多いときで一日300球、故障明けでも一日200球の投げ込みでスライダーに磨きをかけ [全文を読む]

「BIG3」より上? 夏の甲子園でスカウト陣が絶賛する新たな逸材

週プレNEWS / 2016年08月16日06時00分

履正社(大阪)の左腕・寺島成輝、横浜(神奈川)の右腕・藤平尚真、花咲徳栄(埼玉)の左腕・高橋昂也の3人だ。 「寺島と藤平は大会が始まる前からAクラスでした。寺島はいずれプロの先発ローテーションに入る力がある先発完投型の投手。藤平はバランスのいい体格で素晴らしい潜在能力を持っています。ふたりとも甲子園でも評価は変わっていません。 高橋は夏の埼玉大会から一気に [全文を読む]

【高校野球】最長は25年ぶり!センバツ出場校の「お久しぶり度」

デイリーニュースオンライン / 2016年02月03日16時00分

2016年センバツ出場校「○○年ぶり」一覧 1位:東海大甲府 25年ぶり5回目 2位タイ:釜石 20年ぶり2回目 2位タイ:高松商 20年ぶり26回目 4位:海星(長崎) 15年ぶり5回目 5位:秀岳館 13年ぶり2回目 6位タイ:福井工大福井 12年ぶり4回目 6位タイ:日南学園 12年ぶり5回目 8位タイ:青森山田 11年ぶり2回目 8位タイ:市和歌 [全文を読む]

第75回大会優勝投手、巨人・西村健太郎が語るセンバツの思い出「春はひと冬越した成果を発揮する舞台」

週プレNEWS / 2015年03月22日11時00分

準決勝で注目左腕(グエン・トラン・フォク・)アンの東洋大姫路に勝てたのは、向こうが前の試合で花咲徳栄と延長15回引き分け再試合になったのが大きかったです。 ―大会を通じて、調子はよかったのですか? 西村 高校時代はコントロールに自信があったんです。僕らの頃ってインコースにしっかり投げ込めていれば抑えられたんですよ。あと、キャッチャーの白濱(裕太。広島)が研 [全文を読む]

「敬遠で清宮勝負」を仕掛けた熊本・秀岳館高監督の深謀遠慮

NEWSポストセブン / 2017年05月22日16時00分

自身にとって初めての甲子園だった昨春のセンバツでは、初戦の花咲徳栄(埼玉)戦で「サイン盗み」疑惑が勃発。2塁走者が投手の投げるコースや球種を打者に伝えているのではないかと球審に指摘された。しかも勝利後、お立ち台に上がった鍛治舎監督は、「選手たちには紛らわしいことはやってはダメといっていたので残念に思う」とコメント。ずいぶんと他人事に聞こえる言葉だ。 もと [全文を読む]

スーパー高校球児が集結! U‐18日本代表の「驚異の実力」

日刊大衆 / 2016年09月01日13時30分

特に投手は逸材ぞろいで、選ばれた投手8人は全員、ドラフト候補です」 その中でも軸となるのは、甲子園大会が始まる前から評判の高かった藤平尚真(横浜)、寺島成輝(履正社)、高橋昂也(花咲徳栄)の“BIG3”だろう。 「制球が良く安定感のある寺島は先発の軸、速球が売りの藤平や、セットポジションからの投球が得意な高橋はリリーフ向きですね。でも、さらに注目すべきは、 [全文を読む]

ドラフト直前予想。各球団の“隠し球”は特A候補の陰に潜んだ逸材

週プレNEWS / 2016年10月19日11時00分

B 夏の甲子園の前、寺島成輝(履正社)、藤平尚真(橫浜)、高橋昴也(花咲徳栄)が「BIG3」と呼ばれていたところに大会後、優勝投手の今井達也(作新学院)が加わって「+1」ってことですね。 C 4人とも怪物感はないけど、投手としてハイレベル。現時点では寺島が一番上だろうな。左で150km/hを投げるって時点で特Aなんだけど、試合の中で場面や打者によってギア [全文を読む]

夏の甲子園2015に出場した選手の名前 大輔が6人、翔が4人

NEWSポストセブン / 2015年08月17日16時00分

「はい、松坂さんの名前から付けたとお母さんから聞きました」 というのは、花咲徳栄の岡崎大輔選手。 「おじいちゃんが熱心な高校野球ファンだったので、たぶんおじいちゃんから勧められたんじゃないかなと思います」(岡崎選手) 上田西の関口大輔選手も、 「中学のとき自分の名前の由来を聞く宿題があって、そのとき松坂さんから取ったと聞きました。お父さんが高校野球ファン [全文を読む]

【プロ野球】データでも怪物級!! ドラ1候補に躍進した作新学院・今井達也のスゴさとは!?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月31日17時05分

母校を54年ぶり優勝に導いた“怪物右腕”は、横浜・藤平尚真、履正社・寺島成輝、花咲徳栄・高橋昂也といった「BIG3」の陰に隠れていたが、夏の甲子園で投げた5試合でメキメキ評価を上げ、ファンやプロのスカウトを驚かせた。 今夏の甲子園、筆者は注目投手を中心に1球ずつスコアをつけながら観戦してきた。そのデータをもとに今井の魅力を明らかにしてみたい。 ※野球の見 [全文を読む]

フォーカス