金日成 金正日に関するニュース

北朝鮮「核実験」と「ミサイル乱射」は金正恩の弱さの証明

文春オンライン / 2017年05月07日11時00分

金日成への回帰」は金正日が計画した 二〇一六年五月、朝鮮労働党は三十六年ぶりに党大会を開催した。つまり金正日時代には一度も党大会は開かれなかったのである。この第七回党大会で、金正恩は、労働党委員長、党中央委員会委員、政治局常務委員兼政治局委員、秘書局第一秘書、軍事委員会委員長に選ばれた。これは党大会という制度的手続きによって、金正恩が党の最高指導者に選 [全文を読む]

「金正恩とISが手を組んだ」? 今、情報筋から流れる“すごく怖い情報”とは…

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

佐藤 今回の党大会で一番注目すべきは、北朝鮮が「金日成(キムイルソン)主義」から「金日成・金正日(キムジョンイル)主義」に変わったことです。どういうことか? 北朝鮮という国は今まで、建国の祖・金日成が決めたことを絶対に変えてはいけないという「遺訓政治」で動いていたんです。だから2代目・金正日も、この範囲の中でしか政策を作ってこなかった。 しかし、実際問題 [全文を読む]

北朝鮮の若者「金日成主席ではなく、資本主義こそが我が首領様」

デイリーNKジャパン / 2017年04月10日06時09分

4月15日は金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)だ。北朝鮮では「民族最大の名節」として様々なイベントが行われる。そして、この日は単なるお祝いにとどまらず、政治的にも非常に重要な意味を持つ。 金正恩党委員長は、北朝鮮の人々が金日成主席に対して持つ「懐かしみ」を利用して、自らを白頭の血統の正式な継承者としての立場をより強固なものにしようとしている。とこ [全文を読む]

金正恩最大の後見人が金慶喜である証拠はエスカレーターの順

NEWSポストセブン / 2012年01月27日16時00分

金慶喜は1946年、金日成と金正淑(最初の妻)の間の3人の子供の末っ子として生まれている(長兄が金正日)。正式な肩書は朝鮮労働党政治局員・朝鮮人民軍大将・軽工業部部長。金日成総合大学で経済学を学んでいた時、夫の張成沢と知り合い、父親の猛反対を押し切って結婚。朝鮮労働党書記を務め、後に韓国に亡命した黄長燁は回顧録の中で、「金慶喜は頭がよく、闊達な性格」と評 [全文を読む]

金正恩が「金正男暗殺」に関わっていない可能性急浮上

プレジデントオンライン / 2017年04月07日15時15分

これは、最初の最高指導者である金日成と金正日に続く血統でなければ、後継者の資格がないという理屈だ。なので「金正恩は母親が在日朝鮮人であるため『白頭の血統』としては低く、金正日の最初の子供である金正男が『白頭の血統』にふさわしい。だから金正男をうらやんで金正恩が殺害命令を出したのだ」と見る向きがある。しかしこれは説得力がない。金正男の母親である成蕙琳(ソンヘ [全文を読む]

金正恩氏がカダフィ大佐と同じ末路を辿る可能性を専門家指摘

NEWSポストセブン / 2012年02月27日16時00分

彼をよく知る朝鮮労働党の幹部・仮称「ミスター・キム」によれば、金正日は死の直前、「たびたび父・金日成が夢に出てきて、私にたくさんのお金を手渡す」という“悪夢”を見ていたそうだが、現実の世界では、死亡する直前、金正日を苦しめたのが、北アフリカと中東地域の民主化運動「アラブの春」、そして、そのリビアへの波及だった。当時の状況を、ジャーナリストの新村住人氏がリポ [全文を読む]

金正恩体制の鍵握る「4人の女たち」の位置付けを専門家分析

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

正恩のすぐ側に立っているのは、金日成の葬儀の際の金正日、金慶喜の並び方と同じ。金正日は男兄弟を遠ざけ同じ母を持つ妹に権力を与えたが、正恩も同様の判断をするのか。 ※SAPIO2012年2月1・8日号 【関連ニュース】金正恩体制の最重要人物は金正日妹の金慶喜 金玉は遠ざかるか北朝鮮・金正日総書記「後継・正恩」で握られた「金玉」情報次の将軍様・金正恩に「取り柄 [全文を読む]

金正恩氏「残虐部隊」が思い起こす大粛清の悪夢

デイリーNKジャパン / 2017年03月29日06時47分

1965年、金正日氏がインドネシアを訪問した際、人民軍護衛局副局長だった彼は機転を利かせて金正日氏を爆弾テロから救ったことで、金日成氏、金正日氏の目に留まり、昇進していった人物だ。 金炳夏氏は、悪名高い「出身成分」を制度化した。国民を「核心」「動揺」「敵対」の階層に分ける事実上の身分制度だ。そして、成分の悪い人、ちょっとした間違いを犯した人を容赦なく粛清 [全文を読む]

金正恩体制を揺るがした「ピョンヤン天安門事件」スッパ抜く

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

「金正恩は、祖父である金日成の生誕百周年となる2012年を『強盛大国の大門を開く年』と位置づけ、それに向けて昨年来、ピョンヤン市内に大規模な高層住宅の建設を進めてきた。20階建て以上を含む高層住宅を次々と建設し、総数は10万戸にも上る計画だ。機械がなく人海戦術に頼るほかないため人手が足りず、周辺の農民のほか、ピョンヤン市内の大学生が大量動員されることにな [全文を読む]

ロシア紙が北朝鮮「礼賛記事」を出す訳

デイリーNKジャパン / 2017年05月01日12時29分

金日成同志の労作をロシアインターネットが掲載 【平壌4月20日発朝鮮中央通信】偉大なる首領金日成同志の労作「祖国統一の3大原則について」を太陽節に際して7日ロシアのインターネット・ホームページ「イルクーツクブログスポット.ル」が掲載した。チュチェ61(1972)年5月3日、11月3日に発表された労作には自主、民族大団結、平和統一の祖国統一3大原則と、朝鮮 [全文を読む]

フォーカス