桑田真澄 清原和博に関するニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

そして2位に田中将大、3位には斉藤や中田を抑えて、桑田真澄がランクイン。現在はyoutubeで高校時代の動画が閲覧できるだけに、それをみて凄さを実感しているのかも。・30代30代は圧倒的に清原和博の支持率が高く、続いて松井秀喜がランクイン。30代にとって清原の高校時代は幼少期となるが、プロでの活躍が強烈だったため、支持する人が多い模様。・40代KK世代であ [全文を読む]

清原和博氏 黒パンツ一丁で『とんぼ』を熱唱した泥酔の夜

NEWSポストセブン / 2012年04月16日16時00分

桑田真澄とのCM初共演で、因縁解消かと話題になっている番長こと、清原和博(44)は、夜の街でも絶好調だった。 「清原さんは黒パンツ一丁になって歌って踊って、そりゃあ、大騒ぎでしたよ」 と、話すのは清原の“ショー”を目撃した男性。 この日、番長が出撃したのは都内の繁華街にあるガールズバーだった。最近、お気に召したようで、頻繁に通っているんだとか。 「その日は [全文を読む]

桑田、清原らを輩出した超名門PL野球部はなぜ廃部に追い込まれたのか?

週プレNEWS / 2017年04月18日06時00分

桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、前田健太らそうそうたるOBをプロに輩出しながら、2016年夏に突然休部した名門PL学園高校野球部。その「謎の休部」の裏側を関係者らへの取材で明らかにしたのが『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』だ。 同学園野球部を取り上げた書籍は数多くあれど、その創設の経緯や黄金期の圧倒的な強さの背景に、母体であるPL教団の「信 [全文を読む]

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

アサ芸プラス / 2016年02月21日17時57分

特に清原の場合には、PLの盟友・桑田真澄(47)と和解することが一番の社会復帰につながると説明したんだ。しかし、アイツは『それはイヤです』と拒否してきた」 清原容疑者が簡単に首を縦に振らなかった背景には、もちろん85年、「運命のドラフト」という遺恨があったからに他ならない。 スポーツライターが解説する。「巨人が第一希望だった清原にとって、こっそり密約を交わ [全文を読む]

SMAP中居、とんねるず、桑田真澄……断たれた思いと、“虚像”に生きた清原和博の「モロい本質」

日刊サイゾー / 2016年02月03日17時00分

PL学園の同級生で「KKコンビ」の1人として甲子園を沸かせた桑田真澄氏も「野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念」とコメント。当然ながら桑田氏だけでなく、関わりのあった多くの野球人から驚きと落胆の声が上がっている。 ネット上でも「終わったな」「やりそうな見た目どおり」「ウワサどおりかよ」などのコメントもチラホラあるものの、大抵は「信じたくな [全文を読む]

桑田と清原の運命を分けたドラフト会議「30年後の真実」とは

NEWSポストセブン / 2015年08月18日16時00分

30年前、甲子園をわかせたPL学園の清原和博と桑田真澄のKKコンビは、ドラフト会議で巨人の1位指名確実と言われた清原が指名されず、桑田が巨人から1位指名を受けた衝撃的なプロ入り経緯でさらに注目を集めた。あのとき、いったい何が起きていたのか。『「巨人V9──50年目の真実』などの著書があるジャーナリストの鵜飼克郎氏が、30年後の真実をレポートする。 * * [全文を読む]

テリー伊藤対談「桑田真澄」(1)プロ野球1年目は目の前真っ暗

アサ芸プラス / 2015年05月19日05時54分

●ゲスト:桑田真澄(くわた・ますみ) 1968年生まれ、大阪府出身。PL学園で、1年からエースとして活躍し、甲子園5季連続出場。86年、ドラフト1位で読売巨人軍に入団。通算173勝をあげ、米大リーグ挑戦のため、06年に21年間在籍した巨人軍を退団。沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀防御率、最多奪三振など数々のタイトルを獲得。07年、ピッツバーグ・パイ [全文を読む]

【プロ野球】大型補強で挑む巨人・高橋由伸体制の2年目はいかに!? 巨人の大型補強の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日16時05分

開幕ダッシュに失敗し、先発三本柱の一角・桑田真澄が右ヒジを痛め戦線離脱。サードを任されていたハウエルはシーズン途中でアメリカへ帰国とアクシデントが続いた。 結局、ヤクルト、広島の後塵を拝し、9月30日のヤクルト戦では敵地・神宮球場でヤクルトの胴上げを目の当たりにする屈辱を味わった。広沢は20本塁打を放つも打率.240の低打率に終わり、川口はわずか4勝と期待 [全文を読む]

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

また、この年は西武・清原和博と巨人・桑田真澄という、PL学園で名をはせた「KKコンビ」がプロの頂点で対戦することも大きな話題となった。 シリーズは、西武の左腕・工藤公康がキャリアの絶頂期で、その工藤の快投もあって3勝2敗で西武が王手をかけた。 迎えた第6戦。西武は2回に清原が出塁して二塁に進むと、ブコビッチのセンター後方へのフライでタッチアップを敢行。三 [全文を読む]

あの野村貴仁が清原と巨人のドラッグ汚染を改めて暴露!「覚せい剤を東京ドームのトイレに隠していた」

リテラ / 2016年10月08日12時00分

その時のチームメイトでグリーニーを使っていなかったのは、槙原寛己、高橋尚成、桑田真澄、松井秀喜ほか何名かほどしかいなかったと野村氏は綴っている。 もちろん、同書には、清原和博に覚せい剤を提供した問題も書かれている。オリックスと西武、お互いもともとはパ・リーグにいながら特に親交はなかった二人が同じチームになり初めて交わした言葉は、練習中に清原からかけられたこ [全文を読む]

PL学園野球部が初戦敗退で休部!ファンから悪しき伝統を悔やむ声

しらべぇ / 2016年07月16日11時00分

とくに桑田真澄氏と清原和博氏が中心になった1983年から85年はその強さが際立ち、「南海ホークスより強い」と揶揄されることもあるほどに。さらに 1987年には立浪和義を中心としたチームで春夏連覇を達成。以降優勝はないが松井稼頭央、福留孝介、今江敏晃などプロで高い成績を残す選手を輩出し、強豪として君臨し続けた。最近は大阪桐蔭高校の後塵を拝することが多くなり、 [全文を読む]

キヨハラ元嫁とキムタク嫁…同じアイドルグループ出身女性の明暗

デイリーニュースオンライン / 2016年02月13日12時00分

2人の関係は、清原と桑田真澄のそれとよく似ている……。 (1)木村亜希…清原亜希の旧芸名。本名は非公表。(2) 前歴を隠して…司会のとんねるずには「八百長オーディション」であることをギャグにされていた。(3) セレブ妻の地位…清原亜希がモデルとして売れたのは、夫の知名度が大きかった。 著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大 [全文を読む]

どうなる『かっとばせ!キヨハラくん』!? 清原和博容疑者覚せい剤逮捕でオタク業界へ影響はあるのか?

おたぽる / 2016年02月03日15時00分

高校野球時代には桑田真澄氏との“KKコンビ”で甲子園を沸かせ、プロ野球時代には西武黄金期、巨人、オリックスで長い現役時代を過ごした清原容疑者だけに、野球マンガ・アニメファンの中でもショックを受ける人も多いだろうし、さまざまな作品でモデルになっていたりする。ブログでは自身の高校時代の写真を掲載し「少年たちが甲子園を夢ではなく目標にしてほしい」と、野球少年た [全文を読む]

自民党、桑田真澄へ大阪首長選挙出馬要請か

Business Journal / 2015年09月03日22時00分

「橋下氏の市長退任が見えてきた時点で、党本部が本気で獲得に動いていたのは、元読売ジャイアンツ投手の桑田真澄です。知名度や人気、実績などを考えると当選は十分考えられるだけに、自民はなんとしても桑田を出馬させるべく接触や説得を行いました」(議員秘書) ところが桑田はこれを完全に拒否し、出馬要請報道が出ることさえ許さない構えとあって、説得は空振りに終わりつつあ [全文を読む]

清原和博、テレビ復帰に「茶番」「悲劇を演出」と批判殺到 ダークイメージ返上に必死

Business Journal / 2015年04月15日06時00分

「今さらのように、生い立ちからPL学園高校での桑田真澄との出会い、さらに意中の読売ジャイアンツから指名されなかったドラフト会議をめぐる騒動などを紹介する演出には違和感がありました。インターネット上では『なんだ、この茶番』『前ふり長すぎ』という声が出ているように、実際に清原がスタジオに登場したのは番組の後半でした。それまでは再現VTRと過去の映像、さらに著書 [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

甲子園を湧かせ歴代最多13本塁打の記録を持つ清原と、戦後最多勝の20勝をあげた桑田真澄のPL学園KKコンビは、1985年の運命のドラフト会議当日を迎える。巨人フロントの思惑からか、王貞治監督は投手補強を主張し、早大進学を表明していた桑田を強行単独指名。巨人スカウト陣に翻弄された二人の仲は引き裂かれる。巨人以外の6球団に重複指名を受けた清原は、堤義明オーナー [全文を読む]

球界を干された清原和博、復活に残された「最後の条件」とは?

アサ芸プラス / 2015年03月14日09時59分

一部で格闘技界転身が報じられましたが、今のところは具体的な話しにはなっていません」(スポーツ紙デスク) すっかりダーティなイメージが定着した清原に対して、KKコンビとして活躍した桑田真澄は、今では東大大学院で研究を続ける一方、東大野球部の特別コーチや、ボーイズリーグの会長も兼任、かつてのダーティなイメージを払しょくしている。 「PL学園の野球部が消滅の危機 [全文を読む]

プロ野球「ドラフト会議」50年 “あの大騒動”を一挙プレイバック!(1)KK事件の知られざる真相

アサ芸プラス / 2014年10月28日09時57分

早稲田大学進学を公言し、プロ入りはないと思われた桑田真澄氏(46)と、巨人入団を熱望していた清原和博氏(47)。この年のドラフトは、甲子園でPL旋風を巻き起こした超大物新人の仲を無残に引き裂いた。巨人以外の6球団に1位指名された清原氏の交渉権を得たのは西武。対する桑田氏は、巨人がまんまと単独1位指名に成功し、清原氏の「涙の会見」を演出したのだった。 「報道 [全文を読む]

タイトルよりもチームの勝利優先・・・傷だらけの「真の4番バッター」清原和博

AOLニュース / 2014年10月12日20時25分

その高校時代、読売ジャイアンツやピッツバーグ・パイレーツで活躍した桑田真澄と、いわゆる「KKコンビ」として活躍した清原は、高校通算64本塁打という途轍もない大記録を引き下げ、6球団の指名が競合する中、85年オフのドラフト会議を経て鳴り物入りで西武ライオンズに入団。 すると、1年目からレギュラーを獲得し、126試合に出場、打率.304・本塁打31・打点78 [全文を読む]

清原に薬物疑惑報道、番長キャラの功罪か!? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.34

東京ブレイキングニュース / 2014年03月11日10時00分

いや、それどころか、清原は番長キャラによって救われたのではないか? PL学園時代、桑田真澄とのKKコンビで日本中の注目を浴びていた清原。将来は「ポスト王貞治」の声もかかっていた。成績だけでなく人格も兼ね備えたスーパーヒーロー、超善玉の期待。 おまけにドラフトでは早大進学を表明していた桑田がまさかの巨人入り。桑田はその後「投げる不動産屋」の異名を取りヒール化 [全文を読む]

フォーカス