山田哲人 トリプルスリーに関するニュース

流行語大賞は競馬チャンピオンズカップと連動していた!?|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年12月08日19時30分

本家トリプルスリーのヤクルト・山田哲人と同じではないか。サウンドトゥルーの馬主も山田さんだったが、私は3歳で若いノンコノユメ&山田コンビこそ「山田哲人馬券」にふさわしいと考えた。 まず単勝(1着を当てる)に変更した。そしてノンコノユメを1着固定にして、サンビスタとサウンドトゥルー、3歳馬ダノンリバティへ流した。ボックスではなく馬単に変更。このほうがコスパが [全文を読む]

【プロ野球】盗塁王の本当の価値。ヤクルト・山田哲人の「トリプルスリー」だけじゃない歴史的偉業

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日17時05分

2016年のプロ野球を「記録」で振り返る際、歴史的偉業として球史に輝くのがヤクルト・山田哲人の史上初となる2年連続トリプルスリーだろう。 打率.304はリーグ6位。本塁打38本はリーグ2位。そして30盗塁はリーグ1位だった。その打棒に注目が集まるばかりに、本来もっと評価されてもいい「2年連続盗塁王」の話題が少なくなってしまうのが山田哲人のすごいところだ。 [全文を読む]

とにかく明るい安村、流行語大賞ならず “ジンクス”動じず来年へ意気込み

モデルプレス / 2015年12月01日19時05分

「トリプルスリー」はプロ野球のシーズンにおいて、「打率3割」、「30本塁打」、「30盗塁」の同時達成を意味し、今年、65年ぶりに福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手と、東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手が、二人揃ってのトリプルスリーを記録した。「爆買い」は外国人観光客、中でも中国人観光客のドラッグストアや家電量販店、スーパーマーケットなどでの買い物の様 [全文を読む]

チョコをあげたい侍戦士は? 1票差であの選手がナンバー1“モテ男”に

ベースボールキング / 2017年02月14日08時00分

投票数1位に輝いたのは、史上初の2年連続トリプルスリーを達成した若き侍、ヤクルトの山田哲人。全体の11.6%にあたる115票を獲得した。 ファンからは、「プレー中の真剣な表情とバラエティでの可愛い表情とのギャップ」、「やんちゃなかわいさとプレー中の別人のような顔つきのギャップにメロメロ」、「プレーしているときのかっこよさと、クシャッと笑うときのかわいさに [全文を読む]

【プロ野球】今季レアードが達成したレア記録は!? 忘年会までに仕込みたい「野球トリビア」をクイズ形式で紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日16時05分

【Q3】2016年シーズン山田哲人以外の「20本・20盗塁」達成者は誰だ? 今シーズンは山田哲人(ヤクルト)が前人未到の2年連続トリプルスリーを達成。昨シーズンは柳田悠岐(ソフトバンク)もトリプルスリーを達成していることもあり、トリプルスリーが簡単そうに見えてしまうのが恐ろしい。 そのトリプルスリーを達成するためにクリアしなくてはいけない「20本・20盗 [全文を読む]

ヤクルト山田哲人を狙う「巨人VSソフトバンク」獲得バトル

日刊大衆 / 2016年06月29日10時30分

“トリプルスリー男”こと山田哲人(23=ヤクルト)の勢いが、今季も止まらない。6月11日のロッテ戦で、2年連続となるリーグ最速20号本塁打。今年も快調にかっ飛ばしているのだ。「日本人では、2年連続は97、98年の松井秀喜以来。しかもペナントレースの半分にも満たない65試合で、20本です。このまま本塁打を量産していけば、年間44本のペースですよ」(スポーツ [全文を読む]

流行語大賞「流行してない」とツッコミ多発…真の大賞は「Google検索トップテン」でわかる

デイリーニュースオンライン / 2015年12月05日07時30分

年間大賞: 爆買い 羅怡文(ラオックス株式会社 代表取締役 社長) 年間大賞: トリプルスリー 柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス) 山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) トップテン: アベ政治を許さない 澤地久枝 トップテン: 安心して下さい、穿いてますよ。 とにかく明るい安村(お笑い芸人) トップテン: 一億総活躍社会 安倍晋三(内閣総理大臣) トップ [全文を読む]

「体のサイズのこと?」誰も知らない流行語大賞に“女性蔑視”批判が殺到

アサ芸プラス / 2015年12月03日17時58分

表彰されていた山田哲人選手(ヤクルト)や柳田悠岐選手(ソフトバンク)のことも知らない女性のほうが圧倒的に多いです。候補に挙げるなとは言いませんが、日本人女性の大半が知らない言葉を大賞だといわれると、女性蔑視されているような気持ちにすらなります。スポーツからどうしても選びたいなら、今年は『五郎丸』以外になかったと思いますよ」(前出・女性誌編集者)「トリプルス [全文を読む]

2015年新語・流行語大賞&トップテン発表

モデルプレス / 2015年12月01日17時00分

「トリプルスリー」はプロ野球のシーズンにおいて、「打率3割」、「30本塁打」、「30盗塁」の同時達成を意味し、今年、65年ぶりに福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手と、東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手が、二人揃ってのトリプルスリーを記録した。「爆買い」は外国人観光客、中でも中国人観光客のドラッグストアや家電量販店、スーパーマーケットなどでの買い物の様 [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(1)履正社が見据えるトリプルスリー山田哲人超え

アサ芸プラス / 2016年08月09日17時58分

昨年、日本プロ野球史上9人目のトリプルスリーを達成し、今季は史上8人目の三冠王も射程圏内にある山田哲人(現・ヤクルト)。今や日本を代表する強打者へと成長したが、履正社(大阪)の2年生だった09年秋の段階では、山田はプロ野球のスカウトもほぼノーマークに近い存在だった。 当時、関西球界で名が轟いていた野手は同じ大阪の強豪・PL学園の吉川大幾(現・巨人)、勧野甲 [全文を読む]

フォーカス