松たか子 アナ雪に関するニュース

松たか子 TDLの“アナ行き”イベント登場で深まる「NHK嫌い」疑惑

アサ芸プラス / 2015年01月28日09時57分

国民の熱い期待もむなしく年末の紅白歌合戦でのアナ雪熱唱をパスした松たか子(37)。このまま「アナ雪」は封印かと思われたやさき野外イベントに生出演した。いったい何があった? 「スゴイスゴイ、本物だ~」 1月13日、東京ディズニーランドの新パレード「アナとエルサのフローズン・ファンタジー」初日セレモニーを見に来た大勢の観客の前にサプライズ登場して会場を大いに沸 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】たけし困惑。熱烈なアナ雪・エルサファンの仰天行動に、「整形して“ありのまま”?」

TechinsightJapan / 2014年10月12日18時25分

アナ雪に関するVTRで流されたのは、“松たか子のレリゴー(Let It Go)が大好き!”という30歳の女性だ。休日には一人でカラオケに出向き、1時間の滞在中にレリゴーを10回熱唱する。またお気に入りの髪型は、大好きな三つ編み一本のエルサ風。彼女は髪型を真似るだけでなく、エルサのような顎がほっそりとした小顔になるのが望みであった。 松たか子が歌うレリゴー [全文を読む]

松たか子VSMay J.今年の紅白の目玉「アナと雪の女王」を歌うのはどっち?

アサ芸プラス / 2014年05月08日09時59分

「『ありのままで』は、映画内で歌われる松たか子バージョンが圧倒的な人気。そのため、ファンの間では早くも、松たか子とMay J.のデュエットだ、いや松たか子だけでいい! と、喧々諤々の大論争に発展しています」(前出・映画ライター) とにかく、ミュージカル大好きの日本国民。一昨年も「レ・ミゼラブル」が大ヒットしたのは記憶に新しいが、昨年のアメリカのアカデミー [全文を読む]

『アナ雪』熱唱で改めて注目 歌手・松たか子の実力とキャリアとは?

リアルサウンド / 2014年04月24日19時42分

この勢いは音楽業界にも波及しており、劇中で使用されている「レット・イット・ゴー」などの曲は、本国アメリカ版で同曲を歌っているイディナ・メンゼル、日本語吹き替え版の劇中で同曲を歌っている松たか子のほか、ヒットチャートを席巻しつつある。(参考:CDチャートには反映されない、史上空前の『アナと雪の女王』旋風) その中でも歌手としての評価が一気に高まっているのは [全文を読む]

1回歌って100万円!? May J.が「レリゴー」ヒットで受けた恩恵と弊害

messy / 2014年12月24日16時00分

「Let It Go~ありのままで~」で知名度を上げた反面、ネットで「カラオケ歌手」「松たか子のLet It Goが聴きたいのに」とバッシングを受けることも多かったMay J.。しかし、ギャラの高騰を見ると好感度は低くとも需要はあるということだし、彼女がかねてから望んでいた『紅白』出場も勝ち取った。これが続いているうちにオリジナルのヒット曲を生み出せれば [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『アナ雪/エルサのサプライズ』日本版で姉妹役続投。松たか子が「やっと打ち解けられた」と感慨。

TechinsightJapan / 2015年04月21日05時00分

神田沙也加、松たか子の歌声を再び聴くことができる。エルサ役の松たか子はインタビューを受けて「やっとここに来て初めて打ち解けられて、姉妹らしい関係になれました」と感慨を伝えている。 世界中で大ヒットした『アナと雪の女王』の日本版でアナ役を務めた神田沙也加、エルサ役の松たか子、雪だるまのオラフ役で人気となったピエール瀧の面々が、短編『アナと雪の女王/エルサのサ [全文を読む]

【アナ雪】エルサ役の声優ギャラは10万円…アメリカでは訴訟に発展

デイリーニュースオンライン / 2014年11月19日12時00分

神田沙也加は400万、松たか子は500万 一方で11月19日発売の『週刊新潮』(新潮社)によると、アナの吹き替えを担当した神田沙也加(28)のギャラは400万。松たか子(37)は500万というから、その違いは歴然。 世界中で12億ドル(約1400億円)という爆発的なヒットを記録しただけあって、不当にも思えるほど安いギャラだが、これは1日あたりに支払われる [全文を読む]

松たか子 紅白内定でNHKが出した「民放出演NG」要請

WEB女性自身 / 2014年06月10日00時00分

「民放テレビ局から『松たか子さんに生歌を披露してほしい』と番組への出演オファーが殺到しているのですが、彼女サイドはすべて断っているそうです。『あくまで自分はエルサの吹き替え担当』というのが表向きの理由みたいですが……」(音楽関係者)興行収入が200億円を突破してもなお勢いの衰えない映画『アナと雪の女王』。オリジナル・サントラも100万枚以上出荷の大ヒットで [全文を読む]

ディズニーランド、「夢の国」に「現実」取り入れ“安売り”開始か ブランド低下の懸念も

Business Journal / 2015年01月22日06時00分

具体的には、松たか子をはじめとするアナ雪の声優陣、歌手を呼んだことだ。●ディズニーランドの最大の価値 そもそも、ディズニーランドのコンセプトは「夢の国」だ。どんな人も一歩足を踏み入れたら、現実社会のことは忘れてしまう。周りの人がまったく気にならず100%自分自身も夢の国の住人になれるというのが、ディズニーランドの醍醐味なのだ。それゆえ、前回と同じアトラクシ [全文を読む]

【ディズニー】『アナ雪』イベント開催でアナとエルサがパーク初登場!神田沙也加、松たか子、ピエール瀧、May J.もサプライズで登場!

恋学 / 2015年01月19日09時00分

1月13日(火)、東京ディズニーランドで、ディズニー映画『アナと雪の女王』のその後の世界をテーマにした新スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」がスタート! 世界中で人気を博した映画『アナと雪の女王』の主人公アナとエルサたちが初登場ということで、数多くのゲストでパーク中がにぎわうなか、日本語吹替え版で声優を務めた神田沙也加、松たか子、ピエ [全文を読む]

May J.実父は有名プロ野球選手の元マネージャー

WEB女性自身 / 2014年06月26日12時00分

日本語版吹き替えを務める松たか子・神田紗也加とともにMayJ.のスケジュール確保に動いている」(芸能プロ関係者) 東京で生まれ横浜で育った彼女。芸歴は意外に長く、’06年にメジャーデビューしている。「イラン、トルコ、ロシア、スペイン、英国の血が流れる母を持つ歌姫の本名は橋本芽生(めい)。彼女の名前とミドルネームのジャミーレをとって『MayJ.』の芸名が生ま [全文を読む]

【ウラ芸能】松たか子、出し惜しみのワケ

NewsCafe / 2014年06月11日15時00分

来月にDVD発売予定というのに人気は未だ衰えません」デスク「日本語版で声優をつとめ、その歌声が評判を呼んだ女優、松たか子(36)の周辺がチト騒がしいな」記者「先月末、歌舞伎俳優の尾上菊之助(36)と人間国宝・中村吉右衛門(70)の四女・瓔子(ようこ)さん(31)の結婚披露宴に松が現れなかったって話でしょ」デスク「そうそう。松の父、松本幸四郎(71)は吉右衛 [全文を読む]

東山紀之、松たか子の前で思わずアナ雪を口ずさむ!?

Smartザテレビジョン / 2016年06月22日06時01分

7月4日(月)にTBS系で放送されるドラマ特別企画「ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-」の会見が行われ、東山紀之と松たか子、プロデューサーの石井ふく子が登場した。 同ドラマは、直木賞受賞作家である藤沢周平が貫いた家族への愛を描いた物語。どうしても本作には東山と松に出演してほしい、と熱望し続けたという石井は「約3年を経て今日に至りました」と、大願成就 [全文を読む]

May J.が『アナ雪』バッシングを振り返って当時の心境を告白! 「幻聴で“自分の曲じゃないのに“という声が」

リテラ / 2016年04月07日11時40分

そして、さらにこのバッシングをひどくしたのは、ご存知の通り、エルサ役の吹き替えを担当し、劇中で「Let It Go〜ありのままで〜」を歌った松たか子がメディアでその歌声を披露することは一切なく、一種「神格化」すらされる一方で、May J.はたびたびこの曲をテレビで披露していたことだった。「松たか子バージョンを一度でいいから聴いてみたいのに、聴かされるのは [全文を読む]

都道府県別も見逃せない! 『グラスリップ』『ロマンシング佐賀』...2014年Google検索ランキング

おたぽる / 2014年12月25日18時00分

今年の急上昇ランキングには、2位に『妖怪ウォッチ』、5位に『アナ雪』、急上昇【話題の男性】には5位に「やしきたかじん」、6位に「佐村河内守」、7位に「ASKA」、8位に「福士蒼汰」、急上昇【話題の女性】には5位に「橋本環奈」、8位に「松たか子」、9位に「May J.」となっている。 言うまでもなく『妖怪ウォッチ』は福岡のゲーム会社・レベルファイブが開発し [全文を読む]

『紅白』がMay J.を“その他大勢”扱い!? 松たか子不在“アナ雪コーナー”の炎上回避策

日刊サイゾー / 2014年12月22日20時30分

この演出に、ネット上では「May J.は、その他大勢扱いなの!?」「May J.が1人で歌うより、マシ」「沙也加の『生まれてはじめて』が楽しみ!」「松たか子のレリゴーが聞きたかった……」といった声が見受けられる。 May J.といえば、今年は日本各地での“営業”の急増で、懐はウハウハ状態。発売中の「女性自身」(光文社)は、「『レリゴー』1曲歌うだけで、1 [全文を読む]

これがテッパン!盛り上げ上手になるためのカラオケ曲ランキング

Daily Beauty Navi / 2014年12月17日15時00分

やっぱりアレ! 総合1位はテッパンの盛り上がり曲【総合ランキング】Let It Go~ありのままで~ 松たか子恋するフォーチュンクッキー AKB48千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク2014年JOYSOUND年間ランキングカラオケ総合ランキング、堂々の第一位を獲得したのは、今年大ヒットした映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go〜あ [全文を読む]

カラオケアプリ『カラオケ♪採点@セガカラ』 2014年度 カラオケリクエストランキング(スマートフォン向け)ベスト100を発表!

PR TIMES / 2014年12月16日15時38分

今年、セガカラで一番歌われた曲は、映画「アナと雪の女王」の日本版劇中歌「Let It Go~ありのままで~」(松たか子)。2位にセガの音楽ゲーム『初音ミク -Project DIVA-』や『maimai』などでもおなじみのWhiteFlame feat.初音ミク「千本桜」がランクイン。4位と6位にも映画「アナと雪の女王」の主題歌、劇中歌がランクインし、「ア [全文を読む]

2014年思い出に残った曲のランキング1位は「アナ雪」

Walkerplus / 2014年12月15日14時09分

第1位に輝いたのは、空前のヒットとなった映画「アナと雪の女王」の挿入歌「レット・イット・ゴー~ありのままで」(松たか子)。劇場興行収入の他、DVDレンタルやサウンドトラックの販売に至るまで、数多くの記録を打ち立てた作品なだけに全世代の男女から支持を集めた。 また、総合5位には「ひまわりの約束」(秦基博)がランクイン。3DCG映画「STAND BY ME [全文を読む]

2014年 JOYSOUND年間ランキングを発表!「Let It Go~ありのままで~」を筆頭に“アナ雪”がカラオケシーンを席巻!

PR TIMES / 2014年12月01日12時21分

2014年のカラオケランキングで頂点に輝いたのは、映画『アナと雪の女王』のヒットと共に社会現象とも言えるブームを巻き起こした松たか子の「Let It Go~ありのままで~」。今年4月に初登場1位を獲得して以来、33週連続で週間ランキングのトップを独走中と圧倒的な人気を誇っています。同作からは本楽曲を筆頭に「とびら開けて」「雪だるまつくろう」「生まれてはじ [全文を読む]

フォーカス