生瀬勝久 仲間由紀恵に関するニュース

当代随一の“演技者”たちがそれぞれの個性を存分に注ぎ込む、新作リーディングドラマが誕生!物語は同じでも全く違う風合いを生み出す魔法の舞台、『Re:』の世界を再び。

PR TIMES / 2012年06月11日13時50分

出演は藤木直人×ベッキー、竹中直人×中越典子、古田新太×宮沢りえ、生瀬勝久×仲間由紀恵という豪華4組。共に一日限りという贅沢な公演日程で、チケットも即日完売の貴重なステージとなった。 物語は片山なつきという女性が、苦しい恋に悩む友人を助けようと交際相手の男性におせっかいメールを送ったことから始まる。受け取ったのは堂山参太郎。堂山は交際相手本人ではなく単な [全文を読む]

14年間の集大成 まさかの“泣けるトリック”が誕生!『トリック劇場版 ラストステージ』U-NEXTにて配信開始

@Press / 2014年07月16日11時00分

14年間の集大成となる最後の「トリック」にふさわしい、仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子といったレギュラー陣に加えて、東山紀之、北村一輝、水原希子などの多彩な豪華ゲストも参加し、“トリックワールド”が繰り広げられています。 U-NEXTでは、シリーズ完結編となる『トリック劇場版 ラストステージ』をPPV(ペイ・パー・ビュー)(※2)で配信いたします。な [全文を読む]

井川遥の活躍でおもしろくなった『貴族探偵』…武井咲と生瀬勝久はいらなかった!?

Business Journal / 2017年05月30日20時00分

現場を見せてもらうため、当時はまだ所轄の警官だった鼻形(生瀬勝久)に「ダメ?」とおねだりするシーンなどは、井川ならではの本領発揮といったところか。並の女優がやるとあざといだけなのだが、色気があふれているのにいやらしくなく、まったく自然な振る舞いに見える。話し方や仕草もエレガントで、安心して見ていられる。こう言ってはなんだが、台詞回しがキャンキャンうるさい武 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】仲間由紀恵演じる“鈴木”の出現で急展開 『貴族探偵』で愛香(武井咲)が狙われる?

TechinsightJapan / 2017年05月30日13時23分

ただ、鼻形雷雨(生瀬勝久)がまだ交番勤務の警官なのと貴族探偵から「鈴木」と呼ばれる謎の使用人の登場が「過去」ならではの展開である。 事件は2人の推理により解決するが、貴族探偵は「貴族を利用するとは相当なものですね」と切子の手腕を見抜く。その彼女から「教えてほしいの」とある人物の名前を書いたメモを渡されて目つきが厳しくなった。 切子が帰った後で「いい探偵なの [全文を読む]

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「貴族探偵」編

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日09時00分

さらに、刑事役・生瀬勝久の小市民ぶりや勘違いの数々と、武井咲演じる女探偵・高徳愛香とのボケ&ツッコミの掛け合い、そして極め付きはスマホ「ギリ」の声が仲間由紀恵という“トリック”まで。また、愛香とその師匠役の井川遥の2人のシーンはCM映像のように見えてしまうが、これも裏設定あってのこと。(田幸和歌子)■ ハイテンポなセリフの応酬が秀逸!!普段は謙虚で人懐っこ [全文を読む]

貴族探偵「仲間由紀恵の配役」に視聴者騒然!

日刊大衆 / 2017年04月21日11時05分

主演の相葉雅紀(34)を始め、武井咲(23)や生瀬勝久(56)など豪華キャストがそろったこのドラマ。同番組の公式サイトには、放送前から仲間の名前も特別出演としてクレジットされていた。しかし、肝心の役名は「謎」となっており、どのような役柄なのかは非公表。サイトの「イントロダクション」のコーナーには、「13年ぶりの月9出演となる仲間さんですが、今作では、どこ [全文を読む]

相葉雅紀『貴族探偵』奇抜すぎる作風に総ツッコミ! 今後の鍵を握るのは木南晴夏?

リアルサウンド / 2017年04月18日06時10分

主演の相葉雅紀を始め、武井咲、生瀬勝久、木南晴夏、滝藤賢一、中山美穂など、そのキャストの豪華さにも気合いが感じられる。麻耶雄嵩の同名小説を原作に、『謎解きはディナーのあとで』(2011年)、『すべてがFになる』(2014年)、『ようこそ、わが家へ』(2015年)など、近年のフジテレビのミステリードラマを多数手がけてきた黒岩勉が脚本を務める。 貴族であるとい [全文を読む]

貴族探偵、相葉雅紀の「怒り演技」に称賛続々

日刊大衆 / 2017年06月10日11時05分

彼は、刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久/56)に殺人事件の犯人だと疑われてしまう。しかしこれに貴族探偵は「覚悟はできているんだろうね」と詰め寄り、また真犯人が判明すると、その犯人に向かって「あさましいにもほどがある、目障りだ!」と激怒。 そして極めつきは、高徳愛香(武井咲/23)が“貴族探偵”の正体を詮索する場面。「もう1つ、聞きたいことがあります」と問いかけた愛 [全文を読む]

過去最低7.0%の嵐・相葉雅紀『貴族探偵』それでも絶賛したい制作陣の“クリエイティブ”の高さ

日刊サイゾー / 2017年06月06日21時00分

第7話では1年前の回想として「女探偵」を高徳愛香(武井咲)ではなく、その師匠である故・喜多見切子(井川遥)に差し替え、今回の第8話では女探偵を容疑者とすることで事件現場から追い出し、代わりに刑事の“ハナさん”こと鼻形雷雨(生瀬勝久)が貴族探偵と対峙することになりました。 そして、冒頭から不穏です。 1カット目の前に「今夜からでも間に合う、これまでの貴族探偵 [全文を読む]

フジ月9秋、天海祐希は出演拒否…篠原涼子「市長モノ」放送へ、木村拓哉『HERO』消滅

Business Journal / 2017年05月27日06時00分

そこで今クールの『貴族探偵』では、フジはジャニーズ事務所に頭を下げて、なんとか相葉に出演してもらったという経緯もあり、多額の制作費・宣伝費を投入し、さらには中山美穂、松重豊、滝藤賢一、生瀬勝久、仲間由紀恵、広末涼子という主役級の豪華俳優陣を揃え万全の体制で臨んだにもかかわらず、結果は大コケ。そのため、すでに決まっている次クールの『コード・ブルー』の次、秋ク [全文を読む]

フジテレビ、次クールで「月9」打ち切り決定か…俳優&スポンサー確保の目処立たず

Business Journal / 2017年05月24日06時00分

しかし実は、前クールの『突然ですが~』が悲惨な数字を叩き出し、さすがにスポンサーは一斉に手を引こうとする動きをみせましたが、フジはなんとか人気グループの嵐の相葉を主役に据え、中山美穂をはじめ松重豊、滝藤賢一、生瀬勝久、仲間由紀恵、広末涼子という主役クラスの俳優をズラリと揃えることで、スポンサーをつなぎとめたのです。広告を出す側の企業の広報部としては、知名度 [全文を読む]

キツすぎる『貴族探偵』! 豪華ゲスト・小ネタ連発も全て不発で視聴率は壊滅状態…

messy / 2017年05月23日20時30分

主演に国民的アイドル・嵐の相葉雅紀(34)を据え、脇には武井咲(23)、生瀬勝久(56)、中山美穂(47)、滝藤賢一(40)、松重豊(54)、井川遥(40)、仲間由紀恵(37)などそうそうたる役者を並べた同ドラマ。フジテレビとしては“話題性抜群”だったはずだが、視聴率は初回のみ11.8%と2桁越えで、第2話は8.3%、第3話は9.1%、第4話は8.9%、 [全文を読む]

『貴族探偵』主役級豪華俳優ズラリでも、月9史上最低視聴率目前…フジ自身も理解不能か

Business Journal / 2017年05月23日17時00分

“月9”ドラマ枠30周年のメモリアルイヤーということもあり、主演の嵐・相葉雅紀に加え、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、仲間由紀恵という主演クラスが脇を固めるという超豪華キャストで挑んできたが、22日に放送された第6話は平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と前話よりダウン。初回11.8%を記録して以降、5話連続での一桁台と [全文を読む]

“切り札”『貴族探偵』低迷、亀山社長の退任で、いよいよフジ“月9”ドラマ「消滅」の危機

日刊サイゾー / 2017年05月10日18時00分

主演の嵐・相葉雅紀、ヒロインの武井咲をはじめ、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵ら豪華キャストが集結。これにより、出演料は高騰し、制作費は1話あたり約1億円ともいわれている。にもかかわらず、のっけからの不振で、局内では“月9不要論”がさらに強くなっているという。 看板ドラマ枠であるのに、昨年1月期『いつかこの恋を思い出してきっと泣い [全文を読む]

相葉『貴族探偵』桐谷『人は見た目』が急落、『櫻子』観月ありさは論外……フジドラマオール1ケタに一直線!?

日刊サイゾー / 2017年04月26日07時00分

メーンキャストは、主演の相葉以下、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵らで超豪華。制作費は1話あたり、1億円前後が投入されているともいわれる力の入れようだ。当然高視聴率が求められ、数字が取れなければスポンサーからの信頼は失墜する。 第2話で、これだけ数字を落としたとなると、早くも多くの視聴者が“脱落”したことを意味する。その厳し [全文を読む]

GWに予定がなくてもこれで安心!?「トリック」シリーズ完全放送!

Smartザテレビジョン / 2017年04月25日22時00分

仲間由紀恵と阿部寛演じる、自称売れっ子奇術師・山田奈緒子と天才物理学者・上田次郎という“迷”コンビをはじめ、全く新しい刑事像を見せてきた矢部謙三役の生瀬勝久、常に圧倒的な存在感を出してきた野際陽子らレギュラー陣と、毎回豪華絢爛(けんらん)なスペシャルゲストも作品に彩りを与え、盛り上げてきた。 ハイテンションな演出とキャストが生み出す“トリックワールド”全 [全文を読む]

『貴族探偵』、若者層手放し「事件解決より笑いで勝負」の大バクチに一抹の不安…

Business Journal / 2017年04月24日20時00分

昨年の大みそかに『NHK紅白歌合戦』の司会にも抜擢された人気者を主演に立て、武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、滝藤賢一、中山美穂、松重豊と、超豪華な助演を配したことから、「絶対に失敗できない」勝負の一本である様子がうかがえる。 注目の初回平均視聴率は、11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、まずまずのスタート。ただ、インターネット上では「相葉が [全文を読む]

月9でメイド役・中山美穂 「浮き世離れ感」でハマり役

NEWSポストセブン / 2017年04月19日07時00分

貴族と対立する新人探偵に武井咲、空回り刑事鼻形に生瀬勝久、“謎”の存在に仲間由紀恵と豪華な顔ぶれが揃う中、私が気になるのはメイド田中役の中山美穂である。田中は、いつでもどこでも貴族のために最高の紅茶を淹れる。 第一話では、人里離れた屋敷での殺人事件捜査のため、貴族は突如、巨大テントのような移動邸宅を現場の隣にぶっ建てる。田中は早速紅茶をサービス。もちろん [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『貴族探偵』初回から脇役も熱い ハリー杉山「3キロ絞る」強行ダイエットで“死体”役に臨む

TechinsightJapan / 2017年04月18日18時45分

刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久)と常見慎吾(岡山天音)のコンビから『TRICK』シリーズの香りが漂うのは、仲間と生瀬が共演していることによる制作サイドのオマージュとも思える。 そんななかで執事の山本(松重豊)、メイドの田中(中山美穂)、運転手の佐藤(滝藤賢一)の存在は本作の要となりそうだ。櫻井翔が執事役で主演した『謎解きはディナーのあとで』の黒岩勉氏が脚本を手掛 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀「貴族探偵」のビジュアルが「まるでコント」と視聴者があ然

アサ芸プラス / 2017年04月18日09時58分

「相葉の脇を固めるのは井川遥、中山美穂、仲間由紀恵、生瀬勝久とそうそうたるメンバー。1話あたりの制作費は『突然ですが~』とは比べ物にならないほど高いはずです。3月31日に行われたフジテレビ定例会見で亀山社長は月9の存続を明言し、本作への期待を口にしていました」(スポーツ紙記者) ところが、視聴者の間ではスタート前からドラマのデキを不安視する声が流れている。 [全文を読む]

フォーカス