渡辺淳一 失楽園に関するニュース

没後1年 渡辺淳一先生のベストセラー『失楽園』 牧美也子先生のコミカライズ作品が記念復刊! 3/20(金)~書泉ブックマート3階にてフェアを開催!

DreamNews / 2015年03月20日12時30分

没後1年 渡辺淳一先生のベストセラー『失楽園』 牧美也子先生のコミカライズ作品が記念復刊! 3/20(金)~書泉ブックマート3階にてフェアを開催!■一世を風靡した『失楽園』!! そのコミカライズ作品が復刊!直筆カラー原画の展示や、サイン本販売も! 牧美也子先生ファンは必見です!! 『悪女聖書』などの官能的な作品で知られている牧美也子先生がコミカライズを手掛 [全文を読む]

渡辺淳一文学館、中国大手出版社が購入「中国人の来館増が期待できる」=『失楽園』など今も中国で高い人気―東京で調印式

Record China / 2016年09月20日17時20分

2016年9月20日、人気直木賞作家・渡辺淳一(1933〜2014年)に関する資料を展示している「渡辺淳一文学館」(札幌市)が中国の大手出版社に譲渡され、東京・港区虎ノ門ヒルズで調印式が開催された。 渡辺淳一文学館は安藤忠雄氏の設計で、1998年に設立されて以来、大王製紙(東京、愛媛)が所有・運営していたが、中国・青島市の大手出版社「青島出版集団」に売却し [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

「先日、渡辺淳一先生のお墓参りへ秘書の方と行ってきました。ソメイヨシノが散り際で、桜の花びらがまるで絨毯のように敷き詰められて……。墓前で手を合わせていると、花びらが舞い降りてきて、『桜の時期になったら俺のことを思い出してくれ』と、先生がそうおっしゃっているように思えました」直木賞作家・渡辺淳一さんが前立腺がんで亡くなったのは昨年4月30日。不倫愛の代名詞 [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

渡辺淳一にもたかじんと同様のトラブルが勃発?■X 今年の文壇をふりかえるってことなんだけど、これまで以上に今年はとにかく本が売れなくて、さみしい状況だったね。とくに、小説は......。Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『 [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、氏からはダメ出しの連続で逆に手ほどきを受けるようになっていた。男女としての仲は終始、 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

『遠き落日』『失楽園』などで知られる直木賞作家の渡辺淳一氏が4月30日午後11時42分、前立腺がんのため、東京都内の自宅で亡くなったことが5日、各メディアで報じられた。享年80歳。喪主は妻、敏子さんが務め、すでに葬儀・告別式は親族で行ったという。 渡辺氏の死を受け、映画『失楽園』に出演した女優の黒木瞳は「今、訃報を知り、一人泣いています。先生に初めてお会い [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

が、それもかなわぬうち、川島との前からつきあっていた渡辺氏の愛人が、2人を別れさせたのです」(文芸誌編集者) [全文を読む]

渡辺淳一氏のベストセラー3作品『鈍感力』、『化粧』(上・下巻)、『化身』(上・下巻)が、ゴマブックスより電子書籍化!! Kindleストアなど6電子書店で配信開始!

DreamNews / 2015年12月21日17時30分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年12月21日(月)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、ならびにニコニコ静画にて、渡辺淳一氏の電子書籍3作品『鈍感力』、『化粧』(上・下巻)、『化身』(上・下巻)の配信を開始したことを発表します。ゴ [全文を読む]

石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……

日刊サイゾー / 2015年10月08日13時00分

川島さんの出世作といえば、故・渡辺淳一さん原作のドラマ『失楽園』(日本テレビ系)。川島さんはヒロインを演じ、俳優・古谷一行との激しい濡れ場は当時大きな話題となった。 その『失楽園』に関して、石田は突然「実は謝らなくちゃいけないことがあって……」と切り出し、次のように続けた。 「このドラマは渡辺淳一先生が僕をイメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演 [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

それが昨年逝去したベストセラー作家・渡辺淳一との関係だ。 女子大生DJとして芸能界入りし女優に転身した川島だが、長らく不遇時代にあった。その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだっ [全文を読む]

「失楽園」「愛の流刑地」でお馴染みの作家・渡辺淳一の作品群を、CS放送「TBSチャンネル2」×「チャンネル銀河」で、2ヶ月連続特集放送! 男女の愛と性を赤裸々に描いた渡辺淳一の世界観をご鑑賞ください。

PR TIMES / 2014年08月21日13時35分

CS放送「TBSチャンネル2」(株式会社TBSテレビ、東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾)と「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、先日逝去した作家・渡辺淳一を偲び、渡辺淳一原作のドラマを2ヶ月連続で特集放送します。 激しい男女の性愛を描き、その大胆な描写で世間を魅了 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

4月30日、前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)。渡辺さんは、男女の濃密な関係を描いた『愛の流刑地』や『鈍感力』など数々の作品を世に送り出す。特に映画やドラマにもなった『失楽園』は、作中の過激な性描写などが話題を呼び、流行語大賞を受賞するなど、一大ブームを巻き起こした。 「渡辺さんの恋愛小説が読者を引きつけたのは、単に性描写が刺激 [全文を読む]

稲森いずみ、渡辺淳一原作ドラマ主演で“高まる期待”

アサ芸プラス / 2013年04月23日10時00分

何しろ、原作はあの「失楽園」で世のお父さんを奮い立たせた渡辺淳一氏。過激な性描写に早くも期待が高まるのだ。 * 放送前から、話題に上っているのは、やはり“濡れ場”の存在。「かなり激しいシーンがある」と断言するのは、テレビ誌編集者だ。 「昨年BPO(放送倫理・番組向上機構)で『性表現が行き過ぎている』と問題になった昼ドラ『幸せの時間』(フジテレビ)の影響もあ [全文を読む]

山口敏夫さんの失楽園

クオリティ埼玉 / 2016年08月02日11時43分

失楽とは渡辺淳一さんの世界ではない。ミルトンの失楽だ。人生の楽園を失ってしまったということだ。75才のこの失楽の人に再び陽光はふりそそぐのだろうか。人生100年。何らかの再起を祈るしかない。 [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記されていた。渡辺氏が川島に宛てた贈呈本のようだ。週刊アサヒ芸能に写真を提供した古物商関係者が語る。「11月の初旬に、複数の業者を介して、ある熱心なファンの手に渡ったと聞いています」 その本は、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(50)が大量処分した「遺品」の一部だという [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

「川島さんの一般的な代表作というと、やはり渡辺淳一さん原作の『失楽園』が挙げられますが、個人的にはその前後に出演した『イグアナの娘』や『可愛いだけじゃダメかしら?』など、岡田惠和さんが脚本を手がけた作品の演技が印象に残っています。『イグアナの娘』では、娘を愛することができない母親・青島ゆりこをシリアスに演じて評価されましたし、コメディタッチの青春ドラマ『 [全文を読む]

渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのためこの世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80才)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 そこには、共演NGといわれてきた、映画『失楽園』で主演を務めた黒木瞳(53才)と川島なお美(53才)が同席した。2人とも渡辺さんとはただならぬ関係にあったと言われているが、『お別れの会』でのその胸中はいかに。17年前の映画『失 [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

4月30日、濃厚な描写で男女の性愛を描き続けた直木賞作家・渡辺淳一氏(享年80)が、前立腺ガンで逝去した。特別な寵愛を受けた人気女優も、計り知れない衝撃に襲われたようだ。 渡辺氏の訃報を知り、女優・川島なお美(53)は、「ショックで何も言葉が出てきません。思い出がたくさんあり、気持ちの整理が今はつきません」 と、心境を吐露。かつて渡辺氏との“不倫旅行”を2 [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

4月30日、小説家・渡辺淳一さんが前立腺がんのため逝去した。享年80。男女の性愛の世界を書き続け、不倫をテーマにした代表作『失楽園』は’97年に映画も大ヒットし、社会現象に。それだけに渡辺さんには不倫愛の第一人者としての強い自負も持っていたようだ。「’96年10月、石田純一さんの発言が世間で話題になっていたころです」と、親しかった知人が、こんなエピソードを [全文を読む]

フォーカス