萩生田光一 官房副長官に関するニュース

第二の「君の名は。」誕生なるか、日本と中国が合作映画の製作協定締結を加速へ―中国メディア

Record China / 2017年03月21日09時20分

2017年3月19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が17日に北京を訪問し、中国政府関係者との間で日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。 萩生田光一官房副長官は、日中国交正常化45周年の記念イベントに出席するため、17日に北京入りした。滞在は3日間を予定しており、文化交流を通して両国関係の改善を図る狙いだという。 記事 [全文を読む]

加計学園問題まとめ 「要注意発言」で振り返る

文春オンライン / 2017年05月20日07時00分

重要人物の萩生田官房副長官と義家文科副大臣の発言は? 萩生田光一 官房副長官 「本件について、ここまで詳しいやりとりをしたという記憶は私はございません」 FNNニュース 5月19日 問題の文書の中に登場する重要人物が、学部設置の認可を判断する文部科学省の義家弘介副大臣と、萩生田光一官房副長官だ。 5月18日、日刊ゲンダイが計8枚に及ぶ文書を全文公開してい [全文を読む]

安倍首相「私は起立・拍手を促してない」は大嘘! 側近の“報道圧力男“萩生田官房副長官が指令を出していた

リテラ / 2016年10月02日22時19分

実際、本サイトはこの光景の異様さを報じた記事のなかで、「安倍さんの側近幹部や閣僚が手下の若手議員に事前に指令を出し、リードさせたものらしい」という政治評論家のコメントを伝えたが、事実、その後の複数大手紙の報道でも、事前に萩生田光一官房副長官が糸を引いていたことが判明している。 萩生田官房副長官といえば、2014年末の衆院選に際して、在京キー局に対し〈報道 [全文を読む]

日本官房副長官「従軍慰安少女婦像の移転と支援財団設立はパッケージ」=韓国ネット「支援財団は自分たちの力で」「朴政権の退陣もパッケージ」

Record China / 2016年04月09日23時57分

2016年4月8日、韓国のテレビ局KBSは、日本の萩生田光一官房副長官が「従軍慰安婦少女像の移転と慰安婦支援財団設立をパッケージとして考えている」と主張したことを伝えた。 萩生田副長官は6日夜、日本のテレビ番組「プライムニュース」に出演し、「慰安婦支援財団への10億円の拠出と従軍慰安婦少女像移転は、どちらが先か」という質問に、「両国間の関係で言えばパッケー [全文を読む]

安倍首相側近の出世競争に差 加藤勝信氏、世耕弘成氏の明暗

NEWSポストセブン / 2016年02月19日16時00分

総理の専権事項の人事のことなので理由はわからないが〉 その加藤氏の後任の官房副長官に抜擢されたのは、当選4回の萩生田光一氏。最近、菅義偉官房長官に急接近と噂だが、この人事も波紋を呼んだ。 自民党幹部がいう。 「安倍側近には入閣適齢期の議員が多い。当選6回の河井克行氏や衛藤晟一氏、当選5回の柴山昌彦氏という総理補佐官たちはいずれも官房副長官を狙っていたが、政 [全文を読む]

世耕、萩生田氏ら安倍首相にゴマをする「茶坊主政治」花盛り

NEWSポストセブン / 2014年12月16日07時00分

首相側近の萩生田光一・自民党総裁特別補佐による報道統制もそこに根がある。 解散直後、TBSの報道番組(11月18日)に出演した安倍首相は、番組中に「お給料は上がってない」とアベノミクスに否定的な街の声がVTRで流されると、「これおかしいじゃないですか!」と色をなして反論した。 その翌日、萩生田氏は在京キー局の編成局長、報道局長あてに、〈街角インタビュー、 [全文を読む]

小池知事 安倍官邸の「空気支配力」の怖さを熟知

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

メディア出身の彼女は、小池都政に80%近い支持があっても、安倍首相はなにやら得体の知れない世論の空気を味方に付けていて、正面切って戦うのは不利と感じ取っているからではないか」 そんな小池氏の足元を見て自民党が「ご自身の立ち位置さえも決められない知事」(萩生田光一・官房副長官)と“二重党籍”批判で反転攻勢をかけると、小池氏も決断を迫られた。 懸案の五輪費用分 [全文を読む]

15回断られても…加計学園はなぜ獣医学部に執着したのか

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年06月06日09時26分

官房副長官の萩生田光一は、客員教授をいまも務め、第1次安倍内閣の首相秘書官を務めた井上義行参院議員も、08年に千葉科学大の客員教授に就任している。岡山選出の逢沢一郎衆院議員とも近く、先代で設立者の加計勉氏は、宮沢喜一元首相の後援会長だった。 加計学園が過去、15回も却下されても獣医学部の新設に執着したのには、理由があるという。加計学園傘下の学校を見るとあ [全文を読む]

<アベノミクス>財界・官界が弱体化、政権のチェック機能働かず―“安倍一強”に独走許す

Record China / 2017年03月28日05時50分

トップの局長に萩生田光一氏(自民党衆院議員)ら総裁特別補佐官が就任したことが大きい。かつて人事は基本的に各省庁に委ねられ、「霞が関の人事部長」は官房副長官(総務省などの事務次官経験者)が担う慣例になっていたが、それを官邸が動かすようになった。この結果、官邸の特命チームがトップダウンで各官庁を差配するようになった。官僚も自分の人事を握る官邸の意向には逆らえな [全文を読む]

安倍トランプ"ゴルフ会談"で本当の人間力が試されている!|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2017年02月11日18時36分

萩生田光一官房副長官と言えば「田舎のプロレス」発言で昨年注目を浴びたが、実は同じ会合でもっと味わい深い発言をしている。それが安倍首相に関する次の言葉である。 《首相はおぼっちゃま育ちの割には不良と付き合うのが上手だ。荒っぽい政治家と堂々と話すことができる。》 ここでいう「不良」とは、トランプ、プーチン、フィリピンのドゥテルテ、トルコのエルドアン大統領のこと [全文を読む]

フォーカス