平幹二朗 佐久間良子に関するニュース

佐久間良子の『私の履歴書』で元夫の平幹二郎が新発見し驚く

NEWSポストセブン / 2012年02月28日07時00分

元夫・平幹二朗についても、出会いからロンドンへの〈愛の逃避行〉を経て1970年の結婚、そして心が離れていった心情まで、こと細かに告白している。 〈夫婦となるとこちらが見たくないものまで見えてしまう。相手を十分に見極める時間が少なかったせいもあるだろう。「結婚してから初めて分かった」ということも少なくはなかった〉(2月19日付) 〈平さんとの意識のズレは、 [全文を読む]

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」

日刊サイゾー / 2016年11月03日09時00分

演劇界を代表する俳優で、10月22日に死去した平幹二朗(享年82)。 「突然の訃報に、周囲もいまだ動揺を隠せません。あの年齢で、あれだけの演技をする人は、芸能界にもそうはいませんからね。キャスティングでいつもライバルとなる近藤正臣さんが74歳、石橋蓮司さんが75歳と、それでも7~8つ違っていましたから、貴重な存在でしたよ」(芸能事務所関係者) 1970年に [全文を読む]

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

和装の老人は、主人公・優(山田涼介)の祖父で、不動産会社会長の宗一郎を演じる平幹二朗(享年82)だ。これが名優の最後のセリフとなった。《10月23日、高田宗一郎役の平幹二朗さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈りいたします》 放送の冒頭では、そうメッセージが映し出された。 平は広島市出身。父親とは1才になる前に死別し、母親は平が疎開中に被爆。高校 [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

さんまさん以前の、平幹二朗さん・佐久間良子さんや、香川照之のご両親の市川猿翁さん・浜木綿子さんのころの離婚は、別れたら子どもには会わせない、親子でも縁が取り戻せない 離縁 の多い時代でした」 92年に離婚したさんま・しのぶ以降は、元夫婦が子どもを通して会うように変化した。 「さんまさんは大変だったはずですが、『バツイチ』という言葉がブームになるほど、建てた [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(3)松田聖子のあの名言は…

アサ芸プラス / 2016年06月27日05時57分

全てが計算づくの彼女らしい会見でしたね」 別れといえば、84年の平幹二朗(82)と佐久間良子(77)の「離婚会見」。佐久間には男の噂が、そして平にもまた“男の噂”が立ち、その時すでに夫妻は別居状態だったという。「円満に別れたことをアピールするため、お互いの非をかばい合っていました。夫婦が最後に力を合わせて臨んだという、前代未聞の会見でしたね」(前田忠明氏) [全文を読む]

『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

父は平幹二朗(82才)、母は佐久間良子(76才)。小学4年生の時に両親が離婚して以来、双子の妹と共に佐久間の元で育てられた。俳優デビューは27才と遅咲きだ。 「小さい頃から家族のことで騒がれたため、はじめは俳優という仕事を避けていたんです。高校在学中にアメリカに留学、現地の名門大学を卒業して不動産ファンドの会社などでサラリーマン生活をしていました。でもどう [全文を読む]

フォーカス