片岡愛之助 真田丸に関するニュース

「真田丸」関ヶ原の戦いでは片岡愛之助のおネエ愛弟子も活躍

NEWSポストセブン / 2016年09月14日07時00分

そんな中、私がものすごく気になるのは、関ヶ原の戦いで石田方につき、討ち死にした大谷吉継(片岡愛之助)…ではなく、吉継に影のように付き従っていた家臣・湯浅五助である。 その五助を演じていたのは、このコラムでも以前紹介した愛之助の弟子・片岡愛一郎である。かの『半沢直樹』で愛之助が演じたオネエキャラ黒崎のモデルになったという愛一郎。『波瀾爆笑』などで観た彼のし [全文を読む]

乱世にその名を知らしめた真田信繁の激烈な後半生をガイダンス!堺雅人ほか主要キャスト陣にインタビューで迫る!

PR TIMES / 2016年05月20日10時32分

[画像: http://prtimes.jp/i/6568/61/resize/d6568-61-416149-0.jpg ] ◆主要キャストインタビュー 堺雅人、大泉洋、長澤まさみ、山本耕史 片岡愛之助、竹内結子、小日向文世 鈴木京香、内野聖陽、草刈正雄 ほか ◆登場人物詳細関係図 ◆ドラマのワンポイント年表 ◆「真田丸」これまでのプレイバック&後半プ [全文を読む]

片岡愛之助も絶賛、キスマイが「ロマンティックな出会い」を演出 “本家”玉森裕太はプレッシャー?<「キスブサ」潜入インタビュー>

モデルプレス / 2015年11月30日20時26分

【モデルプレス】歌舞伎俳優の片岡愛之助が、30日放送のフジテレビ系バラエティ番組『キスマイBUSAIKU!?』(23:00~)にゲスト出演。モデルプレスでは、収録現場に潜入し、愛之助にインタビューを実施した。◆片岡愛之助も絶賛の“ロマンティックな出会い”、“本家”玉森裕太はプレッシャー「1位じゃなきゃヤバイ」 今回の放送では、「SNSで知り合った女性とのス [全文を読む]

片岡愛之助が3週連続で“真田丸”の強さに迫る!

Smartザテレビジョン / 2016年08月31日18時00分

毎週木曜にBS日テレで放送中の「片岡愛之助の解明!歴史捜査」では、9月1日(木)から3週連続で“真田丸”を特集することが決定。さらに、2週目となる9月8日(木)は2時間スペシャル! 9月1日(木)は「最新歴史捜査ファイル第5弾 真田家の強さの秘密」と題し、真田丸や真田信繁にまつわるこれまでの捜査と、最新捜査を織り交ぜて放送。 9月8日(木)のスペシャルでは [全文を読む]

NHK『真田丸』の配役に張り巡らされた、俳優たちのリアルな「裏」人間関係

Business Journal / 2016年07月14日07時00分

豊臣秀吉の重臣である大谷吉継を演じているのが、藤原紀香との結婚が話題の片岡愛之助。その愛之助の育ての母である高田美和は、89年のドラマ『風雲!真田幸村』(同)で、秀吉の側室である淀の方(茶々)を演じているのだ。『真田丸』では、竹内結子が演じている役だ。 吉継も茶々も、豊臣家を描く上では重要な役割だが、役柄だけでなくリアルな親子関係も『真田丸』には盛り込ま [全文を読む]

真田丸 中川大志が宣言『大坂の陣、絶対勝ちます』

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日23時22分

さらに、イベントの途中には、石田三成役の山本耕史、大谷刑部役の片岡愛之助、福島正則役の深水元基、そして、今後の豊臣と運命を共にする後藤又兵衛役の哀川翔、明石全登役の小林顕作、塙団右衛門役の小手伸也らから寄せられた、ボイスメッセージが披露された。 特に、小日向からは、「秀頼のこと、くれぐれも頼む‥源次郎」と、秀吉そのものの声の演技でメッセージが届き、ゲスト [全文を読む]

ベストカップル賞も近い? 片岡愛之助がノロケる紀香の「素敵な奥さま」ぶり

messy / 2016年08月02日23時00分

さて、そんな大河の撮影現場では、真田信繁(幸村)に大きな影響を与える名称の誉れ高き大谷吉継役で『真田丸』に出演中の片岡愛之助(44)が、藤原紀香(45)との結婚生活をのろけまくっていたという。ちょっとびっくりするようなノロケぶりを伝えているのは8月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)。 片岡の出演シーンは7月中に撮影終了したとのことだが、収録ではいった [全文を読む]

堺雅人主演大河、竹内結子・中川大志ら追加キャスト発表

モデルプレス / 2015年09月24日12時11分

なお、舞台公演のため欠席となったが、片岡愛之助(大谷吉継)の出演も合わせて発表された。 撮影はすでに今月1日よりスタートしており、新たに加わったキャストについて堺は「『真田丸』という船の乗組員でもあり、荒波でもあり、寄港であると思っております」とタイトルにかけて表現。「どの方に焦点を当てても一本の大河ドラマができそう」と豪華な顔ぶれに期待を膨らませた。 ◆ [全文を読む]

『半沢直樹』他、日本ドラマが海外で人気に!?

日刊大衆 / 2017年02月27日12時05分

ちなみに台湾で人気を得た登場人物は、片岡愛之助(44)が演じる、オネエキャラの黒崎駿一らしい。 そして大沢たかお(48)が演じる、江戸時代にタイムスリップした脳外科医の南方仁が人々の命を救っていく医療SF時代劇『JIN-仁-』(TBS系)は、2010年にフランスのカンヌで開催された、海外テレビ番組マーケットのバイヤーが「もっとも購入したい作品」を選ぶ世界最 [全文を読む]

片岡愛之助がスタジオを飛び出して真田丸調査へ!

Smartザテレビジョン / 2016年12月14日21時36分

BS日テレで毎週木曜に放送中の「片岡愛之助の解明!歴史捜査」が、12月15日(木)に“真田丸”をテーマにした2時間SPを放送する。 「真田丸 総決算!第三弾~大坂の陣2時間スペシャル~ 新発見!もうひとつの真田丸信繁の勝算と誤算」と題し、レギュラー放送では“捜査員”の報告を受けている“チーフ”片岡愛之助が、今回は自ら戦いの地・大阪へと足を運び、城郭研究の第 [全文を読む]

フォーカス