伊東四朗 三宅裕司に関するニュース

三宅裕司の「東京喜劇」は爆笑の連続! 毎年5万人動員の人気公演を見に行こう

東京バーゲンマニア / 2017年05月24日15時29分

由来は「伊東」の手前で「四朗」の次 この一座は、伊東四朗と三宅裕司を中心に結成された『伊東四朗一座』がベースとなっています。伊東四朗が参加できなかった回に『熱海五郎一座』と銘打ち公演を行ったことがきっかけとなって、三宅裕司が率いる場合は『熱海五郎一座』と称するようになりました。ちなみに、名前の由来は、伊東の手前が熱海で、四朗の次は五郎、ということだそうで [全文を読む]

新婚の藤原紀香、東京喜劇でコメディエンヌに。シリーズ最新第4弾は「大爆笑ミステリー」

Woman Insight / 2016年10月14日06時15分

一座の皆様と共に、お客さまの口角を上げ、笑って帰っていただけるよう気愛を入れて頑張ります!(藤原紀香) お客さんが心の底から本当に面白いと思える東京の喜劇“軽演劇”を上演し、“東京の笑い”を継承しようと、2004年に伊東四朗座長のもとに三宅裕司さんを中心とした喜劇人たちが集結し旗揚げした「伊東四朗一座」。 そして、伊東さんがスケジュールの都合でどうしても参 [全文を読む]

大地真央が三宅裕司に要望「調教してもらいたい」

Smartザテレビジョン / 2015年03月10日23時51分

もともとは、今のお客が本当に面白いと思える「正統派の東京喜劇“軽演劇”」を上演しようと'04年に伊東四朗が座長となり旗揚げした「伊東四朗一座」が始まり。しかし、'06年に伊東がスケジュールの都合でどうしても参加できず、三宅裕司が座長になり“伊東ならぬ熱海”、“四朗ならぬ五郎”で「熱海五郎一座」を旗揚げし、毎年、練り込まれた台本をしっかりと演じることで生まれ [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産⑲「浅草軽演劇」と「吉本新喜劇」と「松竹新喜劇」の関係

メディアゴン / 2014年11月16日23時36分

三宅裕司さんは、浅草喜劇の流れを組む伊東四朗さんと、東京の喜劇、いわゆる“軽演劇”の舞台を再現するとして、「伊東四朗一座」の公演をしている。大将は高校卒業後、浅草公園六区にあった東洋劇場で軽演劇の先輩たちに、もまれて育った。 「僕は『なんでもあり』だとは思わなかったんだよねえ。軽演劇は動きの芝居、しかもチームでやるというルールがある。だから、ダジャレなんか [全文を読む]

三宅裕司率いる熱海五郎一座の最新公演を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年09月28日14時37分

三宅裕司が座長を務める「熱海五郎一座」は、もともと伊東四朗率いる「伊東四朗一座」が発端で、'06年に伊東が出演できないとき“伊東より少し東京寄りの熱海、四朗ではなく五郎”という、しゃれを効かせた名前で公演を打ったのが始まり。 熱海五郎一座が目指す娯楽重視の“軽演劇”というジャンルは、幅広い層に受け入れられ、'14年には東京・新橋演舞場に進出。この公演が大 [全文を読む]

【ウラ芸能】フジテレビとSMAP、2015年の蜜月関係

NewsCafe / 2015年01月01日15時00分

香取も稲垣もそれなりのトークネタで、司会の松本人志(51)ともども満足げでした」デスク「『すべらない話』は最近、視聴率1ケタに近づいてきたからテコ入れの必要があるだろうけど、 出演者が勝俣州和(49)や有吉弘行(40)あたりは別にして、ほぼ大阪勢というところがマンネリだぞ」.記者「ビートたけし(67)や伊東四朗(77)あたりは大御所過ぎて無理でしょうが、三 [全文を読む]

井上真央、ウェディングドレス姿披露も「心配がある…」

モデルプレス / 2013年03月04日13時04分

両親を亡くした5歳のもも(小林星蘭)を、71歳の祖父・茂吉(伊東四朗)がパパ代わりのおじいちゃん“ぱじ”として育て上げるというヒューマンドラマで、井上は25歳になった「もも」としてドラマ冒頭とラストに登場。主演の伊東と井上は初共演となる。 原作のファンという井上は「いつかドラマになるのではと期待していたので、少しだけですが、私も携わることができて嬉しかった [全文を読む]

東MAX&安の披露宴 相方の妻・田中美佐子は確執あって欠席

NEWSポストセブン / 2012年07月12日07時00分

昭和の名コメディアンだった父・東八郎さん(享年52)の代わりに、父親役として出席した萩本欽一(71才)をはじめ、伊東四朗(75才)、三宅裕司(61才)、小堺一機(56才)など380人もの豪華メンバーが駆けつけるなか、ひとり浮かない表情だったのが、相方の深沢邦之(45才)だった。 「深沢さんは、欽ちゃんと披露宴にやって来たんですが、終始うつむき加減でした。や [全文を読む]

フォーカス