遠藤保仁 長谷部誠に関するニュース

ガンバ大阪・遠藤保仁が代表監督の目線で語った「2016年、日本の中心になれる若手有望株」

週プレNEWS / 2015年12月25日06時00分

2015年1月に日本代表で国際Aマッチ最多出場という金字塔を打ち立て、今季のJリーグでもG大阪の主将として大きな存在感を発揮した遠藤保仁。 前回記事「ガンバ大阪・遠藤が語った代表と最終予選『一緒にプレーしたら楽しいだろうなと思ってます』」では、2015年の自身、ガンバ大阪、そして日本代表を振り返ってもらった。 後編となる今回は、遠藤が注目する選手や来期の展 [全文を読む]

G大阪・遠藤保仁 「五輪美女密会」だけじゃない意外な夜遊び素顔

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時56分

アギーレ監督の八百長騒動の裏で昨年末に不倫疑惑が発覚していたサッカー日本代表の遠藤保仁(34)=ガンバ大阪=。実は番記者たちが「やっと漏れたか」と口をそろえるほど、素顔は肉食系だそうで‥‥。 08年北京五輪のシンクロ日本代表で、現在はモデルでタレントの青木愛(29)と遠藤の“深夜5時間密会”を写真付きで報じたのは女性セブン1月8・15日合併号。記事によれば [全文を読む]

UAE戦へ森重も先発、4試合連続でスタメンに変更なし

ゲキサカ / 2015年01月23日18時15分

中盤はMF長谷部誠がアンカーに入り、MF香川真司とMF遠藤保仁のインサイドハーフ。3トップは右からFW本田圭佑、FW岡崎慎司、FW乾貴士となる。 日本は過去にUAEと14回対戦し、戦績は5勝7分2敗。直近では2012年9月に新潟で対戦し、1-0で勝った。最新のFIFAランキングでは日本の54位に対し、UAEは80位となっている。 [日本代表] 先発 GK [全文を読む]

引き分け以上でGL突破のヨルダン戦、日本は3戦連続で先発変わらず

ゲキサカ / 2015年01月20日17時32分

中盤はMF長谷部誠をアンカーに、MF香川真司とMF遠藤保仁がインサイドハーフを務める。4バックは右からDF酒井高徳、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都と並び、GK川島永嗣がゴールを守る。 日本は過去にヨルダンと4度対戦し、戦績は1勝1分1敗1PK勝ち。アジア杯では3度目の対戦で、04年大会準々決勝では1-1のままPK戦に突入し、PK4-3で競り勝った [全文を読む]

遠藤が先発で150キャップ達成へ、イラク戦先発に変更なし

ゲキサカ / 2015年01月16日17時39分

この試合が国際Aマッチ150試合目の出場となるMF遠藤保仁はインサイドハーフで先発する。キャプテンのMF長谷部誠がアンカーに入り、遠藤とMF香川真司がインサイドハーフ。3トップは右からFW本田圭佑、FW岡崎慎司、FW乾貴士と並ぶ。 日本は過去にイラクと9回対戦し、戦績は4勝2分3敗。ブラジルW杯アジア最終予選でも同組となり、ホーム、アウェーともに1-0で [全文を読む]

連覇目指すアジア杯初戦に本田、香川ら先発!!

ゲキサカ / 2015年01月12日15時49分

中盤はMF長谷部誠がアンカーに入り、インサイドハーフがMF香川真司とMF遠藤保仁が務める。3トップは右からFW本田圭佑、FW岡崎慎司、FW乾貴士。GK川島永嗣がゴールを守る。 日本は国際Aマッチでパレスチナと初対戦。最新のFIFAランキングでは日本の54位に対し、パレスチナは115位となっている。 [日本代表] 先発 GK 1 川島永嗣 DF 5 長友佑 [全文を読む]

アジア杯前哨戦となる豪州戦に本田、香川ら先発

ゲキサカ / 2014年11月18日19時03分

それ以外はホンジュラス戦と変わらず、中盤のアンカーにキャプテンのMF長谷部誠が入り、MF香川真司とMF遠藤保仁がインサイドハーフを務める。 日本とオーストラリアの過去の対戦成績は7勝8分7敗(PK戦は引き分け扱い)とまったくの五分だが、日本のホームでは2勝4分と負けていない。ザックジャパン時代には4度対戦し、2勝2分だった。前回のアジア杯決勝では延長戦の末 [全文を読む]

日本vsホンジュラス 試合記録

ゲキサカ / 2014年11月14日21時42分

【キリンチャレンジ杯】(豊田ス) 日本 6-0(前半3-0)ホンジュラス [日]吉田麻也(9分)、本田圭佑(41分)、遠藤保仁(44分)、乾貴士2(47分、74分)、豊田陽平(69分) [日]遠藤保仁(35分)、豊田陽平(83分) [ホ]ビクトル・ベルナルデス(55分)、アルノルド・ペラルタ(84分)、マルビン・チャベス(89分) [日本代表] 先発 GK [全文を読む]

内田、遠藤らがホンジュラス戦先発!!キャプテンは長谷部

ゲキサカ / 2014年11月14日19時16分

午後7時35分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、ブラジルW杯以来の代表復帰となったDF内田篤人、MF遠藤保仁らが名を連ねた。 10月の代表合宿を途中離脱したMF香川真司も先発し、遠藤とインサイドハーフに入る見通し。ゲームキャプテンのMF長谷部誠が中盤のアンカーを務める。内田、遠藤、長谷部はW杯後初出場で、アギーレジャパン初先発となる。 [全文を読む]

内田、遠藤らが日本代表に復帰!!年内ラスト2試合のメンバーを発表

ゲキサカ / 2014年11月13日14時53分

DF内田篤人(シャルケ)、MF遠藤保仁(G大阪)、MF今野泰幸(G大阪)がブラジルW杯以来となる代表復帰。そのほか、FW豊田陽平(鳥栖)が今年3月のニュージーランド戦以来、FW乾貴士(フランクフルト)が昨年11月のベルギー遠征以来、GK東口順昭(G大阪)は11年8月の韓国戦以来の代表復帰を果たし、内田、遠藤、今野とともにアギーレジャパン初招集となった。ま [全文を読む]

アクロディア、サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」のテレビCMを放映開始

PR TIMES / 2014年01月22日15時35分

本テレビCMは、本ゲームで登場するサッカー日本代表選手11名(川島永嗣、内田篤人、長友佑都、今野泰幸、吉田麻也、本田圭佑、遠藤保仁、清武弘嗣、長谷部誠、香川真司、柿谷曜一朗 選手)の実名・実写の選手カードが戦う迫力と臨場感あふれるシーンが15秒間に演出されています。 アクロディアは、本テレビCMを通じて「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」のさらなる認知 [全文を読む]

サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」、iPhone版を配信開始

PR TIMES / 2013年11月07日16時39分

【サッカー日本代表イレブンヒーローズの概要】「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」は、川島永嗣、吉田麻也、内田篤人、酒井高徳、伊野波雅彦、遠藤保仁、長谷部誠、香川真司、岡崎慎司、前田遼一、乾貴士をはじめ多数のサッカー日本代表選手が実名実写で登場するソーシャルゲームです。手に入れた選手を自由に組み合わせて、自分だけのサッカー日本代表チームを作り上げよう。今回 [全文を読む]

日本vsパレスチナ 試合記録

ゲキサカ / 2015年01月12日18時23分

【アジア杯GL第1節】(ニューカッスル) 日本 4-0(前半3-0)パレスチナ [日]遠藤保仁(8分)、岡崎慎司(25分)、本田圭佑(44分)、吉田麻也(49分) [パ]アハメド・マハジナ(73分) [パ]アハメド・マハジナ2(45分+1、73分)、イスマイル・アルアムール(61分)、アブダルラティーフ・アルバフダリ(69分) [日本代表] 先発 GK 1 [全文を読む]

[練習試合]日本代表vsオークランド・シティ 試合記録

ゲキサカ / 2015年01月04日19時54分

【練習試合】(セスノック) 日本代表 2-0(前半1-0)オークランド・シティ [日]遠藤保仁(33分)、岡崎慎司(89分) ※日本代表のみ [日本代表] 先発 GK 1 川島永嗣 DF 5 長友佑都 DF 6 森重真人 DF 16 塩谷司 (85分→DF 19 昌子源) DF 21 酒井高徳 MF 7 遠藤保仁 (61分→MF 15 今野泰幸) MF 1 [全文を読む]

「サボり」から生まれたゴール…本田は内田に感謝

ゲキサカ / 2014年11月15日00時12分

MF遠藤保仁やMF長谷部誠らW杯を戦った日本代表メンバーを復帰させたアギーレ・ジャパンが大勝を飾った。18日には今年最終戦となるオーストラリア戦をヤンマースタジアム長居で行う。 「立ち上がりの入り方が良かった。セットプレーで先制点を取れたことでチームがリラックスできた。あの1点があったか、なかったかで、こういった結果になっていたかというくらい、違うんじゃな [全文を読む]

有言実行の3年2か月ぶり弾も…麻也「かすんじゃった」

ゲキサカ / 2014年11月15日00時11分

前半9分、MF遠藤保仁の左CKにニアで合わせたFW岡崎慎司のヘディングをGKが前に弾くと、DF吉田麻也が頭で押し込んだ。 「やっと入った」。11年9月2日のW杯アジア3次予選・北朝鮮戦以来、約3年2か月ぶりとなる国際Aマッチ3得点目。ベンチから飛び出してきたGK西川周作らと“ゆりかごダンス”を披露し、11日に次女が誕生したばかりの西川を祝福した。 西川は「 [全文を読む]

日本代表の選手背番号が決定!内田2番、遠藤7番で柴崎は20番に

ゲキサカ / 2014年11月12日17時02分

ブラジルW杯以来の代表復帰となったDF内田篤人は2番、MF遠藤保仁は7番、MF今野泰幸は15番に決定。9月、10月の代表戦で7番を付けていたMF柴崎岳は20番に変更になった。 ▽GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ) 23 東口順昭(G大阪) 12 西川周作(浦和) ▽DF 6 森重真人(F東京) 21 太田宏介(F東京) 2 内田篤人(シャルケ [全文を読む]

大迫勇也が高校選手権の応援リーダー就任、“あのフレーズ”を直筆メッセージに

サッカーキング / 2017年08月03日09時39分

第81回(2002年度):小野伸二(清水商業高校) 第82回(2003年度):小野伸二(清水商業高校) 第83回(2004年度):平山相太(国見高校) 第84回(2005年度):大久保嘉人(国見高校) 第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東高校) 第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工業技術高校) 第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡高校 [全文を読む]

コンフェデ杯が開幕…連続出場逃した日本代表、4年前のメンバーは?

サッカーキング / 2017年06月18日08時00分

(所属クラブは当時のもの)▼GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)西川周作(サンフレッチェ広島)権田修一(FC東京)▼DF今野泰幸(ガンバ大阪)栗原勇蔵(横浜F・マリノス)伊野波雅彦(ジュビロ磐田)長友佑都(インテル/イタリア)内田篤人(シャルケ/ドイツ)吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)酒井高徳(シュトゥ [全文を読む]

「ニューヒーロー賞」はG大阪MF井手口陽介に決定「これからも成長した姿を見せていきたい」《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2016年10月12日15時06分

メディア投票1位での選出となった」 「準決勝第2戦では遠藤保仁選手のゴールの起点となるボール奪取で決勝進出に貢献。井手口選手がボランチとして固定されていることで、遠藤選手が前線でプレーできるなどチーム編成にも大きく貢献している」 「今夏のリオデジャネイロオリンピックで大舞台を経験。また、日頃今野選手などFIFAワールドカップ等でも活躍した偉大な先輩選手達と [全文を読む]

フォーカス