菊池涼介 丸佳浩に関するニュース

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【最多犠打】 菊池涼介(広島):23犠打 橋本到(巨人)/堂上直倫(中日):20犠打 菊池涼介(広島)が2年連続3度目の最多犠打に輝いた。昨年は49犠打だったが、今年のセ・リーグはバントが少ない傾向に。その結果、菊池は安打数と犠打数で同時トップに輝く史上初の快挙を成し遂げた。 【最多犠飛】 ロペス(DeNA):7犠飛 坂本勇人(巨人)/福留孝介(阪神)/ [全文を読む]

広島・緒方監督、鈴木4番構想「成長が見られれば」

ベースボールキング / 2017年03月27日18時20分

昨季は田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、鈴木誠也、野村祐輔、ジョンソン、ジャクソン、中崎翔太といった選手たちの活躍が目立ち、圧倒的な強さで25年ぶりのリーグ優勝を達成した。 投手陣に目を向けると、今季はチームの精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。先発ローテーションの枠が1枚空いた。この穴埋め役として緒方監督は「大瀬良、九里に期待している」と2013 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

■MVP・新井貴浩、最多安打・菊池涼介、ベストナイン・石原慶幸らがタイトル! 25 新井貴浩 132試合:打率.300/19本塁打/101打点 通信簿:大変よくできました(5) 40歳にしてかつての輝きを取り戻した。また、2000本安打、300号本塁打の金字塔を打ち立てるなどメモリアルなシーズンとなった。最終的にはMVPも獲得。紆余曲折を経て、最良の1年 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島 ≪開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 2 二 菊池涼介 3 中 丸佳浩 4 三 ルナ 5 左 エルドレッド 6 一 新井貴浩 7 右 下水流昂 8 捕 石原慶幸 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 ◎ 2 二 菊池涼介 ◎ 3 中 丸佳浩 ◎ 4 一 ルナ ◎ 5 左 松山竜平 [全文を読む]

【プロ野球】今年のカープ打線と歴代最強の赤ヘル打線を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日16時04分

今年の好調の要因は打線にアリ! 昨季は不調に終わった菊池涼介や丸佳浩が復活。通算2000安打を達成した新井貴浩やベテラン助っ人・エルドレッドも中軸として大活躍だ。5月1日終了時点で、チーム打率.283、165得点、32本塁打はいずれもリーグトップ。抜け目ない打線を構築している。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今季の主な [全文を読む]

自己犠牲ができる2番打者・菊池涼介

ベースボールキング / 2017年06月02日11時00分

今季はペゲーロ(楽天)、梶谷隆幸(DeNA)といった攻撃的な2番打者が主流になりつつあるが、広島の菊池涼介は数少ない自己犠牲のできる2番打者だ。 1日の西武戦で、これぞ2番打者という仕事を見せた。初回、先頭の田中広輔が二塁打で出塁し迎えた第1打席。この場面、田中を三塁に進めたいところ。菊池は2球連続でバントを試みるも失敗。2ストライクと追い込まれたが、1ボ [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデングラブ賞発表! セ・リーグで激戦だったのはどのポジション!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日16時05分

■最多得票は菊池涼介 なお、セ・パを通じての最多得票は、二塁手部門の菊池涼介(広島)で、257票。4年連続4回目のゴールデングラブ賞受賞となった。 同じ二塁手で、打撃では史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)は7票。シーズン前はこの賞を目標のひとつに掲げていた山田だったが、毎日のようにスーパープレーを繰り出す菊池に、票数で大きく [全文を読む]

【プロ野球】去年の自分を超えろ! 2016年プロ野球・自分の壁を突き破った選手たち!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日17時05分

【内竜也の年度別投球回数】 2004年:投球回16 2006年:投球回20.2 2009年:投球回26 2010年:投球回20 2011年:投球回24.2 2012年:投球回25 2013年:投球回25.2 2014年:投球回5.1 2015年:投球回21.1 2016年:投球回28.1(9月19日現在) (※2005年、2007年、2008年は1軍登板 [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

■犠打王 【セ・リーグ】 菊池涼介(広島) 小林誠司(巨人) 11個 荒木雅博(中日) 中村悠平(ヤクルト) 9個 【パ・リーグ】 中島卓也(日本ハム) 27個 今宮健太(ソフトバンク) 21個 パ・リーグでは2013年から3年連続で今宮健太が最多犠打をマークしていたが、今季は中島がトップ快走中。小技の帝王に新たな称号が増える予感がする。 セ・リーグは昨 [全文を読む]

【広島】カープにも「アベ」がいる “カープ黄金世代”の10年目・安部友裕がブレイク間近

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

思い返せば、菊池涼介と丸佳浩がキクマルコンビと言われはじめた2013年からはや4年。昨年から、そこに田中広輔が新たに加わり、タナキクマルと呼ばれるようになった。 この三人は同級生で、世の中全般には「菅野智之世代」「中田翔世代」と言われている平成元年生まれ(早生まれは除く)だ。しかし、広島ではタナキクマル世代の方がしっくりくるし、ピンとくる。投手には昨年のセ [全文を読む]

野村弘樹氏、西武・十亀を評価「腹を括って腕を振りましたね」

ベースボールキング / 2017年06月01日22時15分

3回、2番菊池涼介から始まる打順を3人で打ち取ると、4回と5回も三者凡退に仕留め、尻上がりに調子をあげていった。打線も同点の5回に源田壮亮、浅村栄斗のタイムリーで2点を奪い勝ち越しに成功。 2点のリードをもらった十亀は6回も、先頭の菊池を二ゴロに打ち取り、簡単に一死を奪う。この回もテンポよく抑えるかと思われたが、丸佳浩、鈴木誠也の連打で一、三塁とされる。な [全文を読む]

好調が続く広島打線

ベースボールキング / 2017年05月28日11時15分

広島打線は1番・田中広輔、2番・菊池涼介がチャンスメイクし、3番・丸佳浩、リーグトップの39打点をマークする4番・鈴木誠也が還す。5番には打率リーグトップの.346を記録する安部友裕が座り、6番・エルドレッドや新井貴浩で、さらに追加点を奪うという抜け目のない打線となっている。 山崎氏はこの日のスタメンについて「(エルドレッドの)後ろに松山でしょう。8番に [全文を読む]

山崎武司氏、巨人・宮国の交代に「遅い」

ベースボールキング / 2017年05月27日21時25分

しかし2回一死走者なしから会沢翼にライト前に運ばれると、二死後、田中広輔に先制タイムリー、菊池涼介がライト前ヒットで繋ぐと、丸佳浩、鈴木誠也の連続タイムリーを浴び、この回3点を失った。 続く3回はエルドレッドに12号ソロで失点すると、4回も鈴木、エルドレッドのタイムリーを打たれ3失点。宮国はエルドレッドにタイムリーを浴びたところで降板となったが、山崎氏は「 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

DeNA・久保康友の準備力

ベースボールキング / 2017年05月01日10時00分

2本のヒットなどで一死一、二塁のピンチを招くと、菊池涼介にレフトへタイムリー。丸佳浩の内野ゴロの間に失点、鈴木誠也にタイムリーを浴び3点を失った。結局、久保はこの回を投げ終えたところで降板。6回以降はリリーフ陣に託した。 終盤、リリーフ陣が乱れ最大7点あったリードを1点差に迫られたが、「僕は常に後ろのピッチャーを信じているので、当然勝つと思っていました」と [全文を読む]

【プロ野球】高山俊の足。左を並べた打順。踏ん張った能見篤史。阪神が「強すぎる広島」を倒した戦略とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日16時05分

続く、菊池涼介はバント。一塁走者の田中がスタートダッシュの利いた好走塁で捕手・梅野隆太郎の野選を誘う。丸佳浩はしぶとく四球を選び、無死満塁。ここで、4番・鈴木誠也の当たりはボテボテのピッチャーゴロとなり、ダブルプレーかと思われた。 しかし、本塁送球を焦った青柳がこの打球を取り損ね1点を献上してしまう。田中の鋭い走塁が頭に焼きついて、リズムを崩したのだろう [全文を読む]

【プロ野球】巨人をトラウマ級の3タテ。強すぎる広島! こうなったらあえて“アラ”を探してみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月18日17時05分

強いて挙げれば、WBC帰りの菊池涼介が打率.250とやや出遅れているが、スランプというほどではない。 アラを探してみても、現段階ではなかなかアラが見つからない……。「打線は水物、今は打ち勝っていてもどうなるかわからない」という小言ぐらいしか思い浮かばない。悔しい! こうなったら、伸び悩む堂林翔太でも槍玉に挙げようか、と邪心が芽生えたが、代打で打率.429 [全文を読む]

広島・菊池の復調で脅威の“打線”に

ベースボールキング / 2017年04月12日12時35分

連勝を続ける好調なチームにあって、打率.189と打撃の状態が上がらなかった広島の菊池涼介が11日の巨人戦で躍動した。16年8月7日の巨人戦以来となる1試合5安打を記録し、打率を.「279」まで上昇させている。 前カード(ヤクルト戦)の3連戦で無安打に終わるなど、打撃不振に陥っていた菊池が、この日は1打席目から快音を響かせる。初回の第1打席、WBC日本代表で [全文を読む]

【プロ野球】筆者の秘蔵品も公開! 今年も繰り広げられた限定グッズ争奪戦。カープグッズの奇抜な魅力に迫る!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月03日17時05分

ラインナップは新井貴浩、丸佳浩、菊池涼介の3選手。各20個の限定商品だ。シワや血管までもリアルに再現した完成度の高さは衝撃的だ。 ■グラブ革ランドセル(¥8万円) 話題となった大人ランドセルのカープバージョン。グラブの革を用いて作った真っ赤なランドセルは限定50個。希少価値が高く、8万円の高額ながら完売御礼となった。存在感のあるカープの刻印もポイントだ。こ [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 1番・山田哲人構想? ヤクルトの気になるところはここだ ~野手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日16時05分

昨シーズンの広島も田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の「タナキクマル」が故障せずフルシーズン戦えたのが、優勝の大きな要因だった。 今シーズンは負傷離脱者のいないヤクルト野手陣の活躍を見たいものである。 文=勝田 聡(かつた・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

フォーカス