吉田松陰 高杉晋作に関するニュース

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナルグッズ 2015年1月5日(月)新発売

@Press / 2014年12月22日11時00分

希望小売価格:800円(税別) 本体サイズ :(約)20cm×20cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 6438 http://www.atpress.ne.jp/releases/55368/img_55368_1.jpg ■商品2:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 吉田松陰柄 ■商品3:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 高杉晋作柄 幕 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

志士を弾圧する老中・間部詮勝の暗殺を計画したことで、わずか数え30歳で死刑となった吉田松陰。しかし、その遺志は松下村塾の門下生に受け継がれ、彼らは日本を近代国家たらしめました。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、死を前にした吉田松陰が残した思いを振り返りながら、「尊皇攘夷」の意味について今一度考えます。 吉 [全文を読む]

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰が後世に残した数々の教えは、現代のリーダーや次世代のリーダにとっても多くの学びがあるはずです。その吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が、吉田松陰の教育観、松下村塾の塾生等々について語ります。吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英 [全文を読む]

井上真央主演“セクシー大河”新キャスト発表「いい女になれそう」

モデルプレス / 2014年09月22日14時00分

【モデルプレス】女優の井上真央がヒロインをつとめ、吉田松陰の妹・文の生涯を描く2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ(はなもゆ)」の新キャストが22日、都内で発表された。 発表されたのは文の運命を変える人々、総勢10人。第13代長州藩主・毛利敬親の正室で“大奥”の女帝・都美子役に松坂慶子、のちに文の夫となる小田村伊之助の母・志乃役にかたせ梨乃、吉田松陰の弟子・ [全文を読む]

伊勢谷友介が照れ笑い「恥ずかしい」

モデルプレス / 2014年06月12日13時01分

そこでは、志士たちの花を咲かせ続けた熱血先生・吉田松陰役を伊勢谷、「面白いこと」を求め続けた幕末の風雲児・高杉晋作役を高良、松陰が認めた「天下の英才」にして文の夫・久坂玄瑞役を東出が演じることが発表された。 ◆「恥ずかしい」と照れ笑い 伊勢谷は以前、2010年大河ドラマ「龍馬伝」で高杉晋作を演じたためイメージがかぶることが心配だったが、土屋チーフプロデュー [全文を読む]

井上真央主演大河ドラマ、新キャスト発表「イケメンも意識」

モデルプレス / 2014年06月11日14時00分

志士たちの花を咲かせ続けた熱血先生・吉田松陰役を伊勢谷友介、「面白いこと」を求め続けた幕末の風雲児・高杉晋作役を高良健吾、松陰が認めた「天下の英才」にして文の夫・久坂玄瑞役を東出昌大が演じることが決定。新キャスト3名が加わり井上は「どんな現場になるのか、和やかな現場になりそうで楽しみです」と胸を弾ませた。また、制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは「イ [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

久坂は長州藩出身の志士で、松下村塾で知られる吉田松陰の弟子であり、義弟でもあります。 司馬作品にも、幕末の長州藩を舞台にした小説があります。兵学者・大村益次郎が主人公の『花神』や架空の武士・天堂晋助を中心にした『十一番目の志士』などがありますが、特に好きなのは『世に棲む日日』です。吉田松陰と高杉晋作が主人公で、久坂も重要人物として登場します。 今回の役作り [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

フォーカス