吉田松陰 高杉晋作に関するニュース

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナルグッズ 2015年1月5日(月)新発売

@Press / 2014年12月22日11時00分

希望小売価格:800円(税別) 本体サイズ :(約)20cm×20cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 6438 http://www.atpress.ne.jp/releases/55368/img_55368_1.jpg ■商品2:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 吉田松陰柄 ■商品3:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 高杉晋作柄 幕 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

志士を弾圧する老中・間部詮勝の暗殺を計画したことで、わずか数え30歳で死刑となった吉田松陰。しかし、その遺志は松下村塾の門下生に受け継がれ、彼らは日本を近代国家たらしめました。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、死を前にした吉田松陰が残した思いを振り返りながら、「尊皇攘夷」の意味について今一度考えます。 吉 [全文を読む]

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰が後世に残した数々の教えは、現代のリーダーや次世代のリーダにとっても多くの学びがあるはずです。その吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が、吉田松陰の教育観、松下村塾の塾生等々について語ります。吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英 [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

久坂は長州藩出身の志士で、松下村塾で知られる吉田松陰の弟子であり、義弟でもあります。 司馬作品にも、幕末の長州藩を舞台にした小説があります。兵学者・大村益次郎が主人公の『花神』や架空の武士・天堂晋助を中心にした『十一番目の志士』などがありますが、特に好きなのは『世に棲む日日』です。吉田松陰と高杉晋作が主人公で、久坂も重要人物として登場します。 今回の役作り [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

ストーリーは、吉田松陰の末妹・文を中心に人間模様を織り交ぜ、幕末の動乱の中、強い絆で困難を乗り越えた家族、そして松陰の志を継いだ若者たちの青春群像を描くものだ。 吉田松陰の末妹・文(井上真央、27才)を主人公に立てた今回の大河ドラマだが、イケメン大河、セクシー大河との呼び声高い。 吉田松陰には伊勢谷友介(38才)、後に文の夫となる久坂玄瑞には東出昌大(26 [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

まずは、ヒロイン・文(井上真央)の兄・吉田松陰を演じる伊勢谷友介について。 「第一話では主役のようにクローズアップされていましたね。でも、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、今回も同じ長州藩の話ということもあって雰囲気モロかぶり。強いて言えば、高杉役のときにはなかったチョンマゲが今回はあったことが新鮮かな」(32歳・一般事務) [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台、山口県・萩に行く前に知っておきたい10のこと

しらべぇ / 2015年01月06日18時00分

吉田松陰の妹、文の活躍を中心に描いた大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)がスタート。舞台となっている山口県萩市は、放送開始前から観光客が増えているそうです。 しかし「萩って、名前は聞くけど、どうやって行くの?どんな街なの?」という方も多いのでは?そこで、山口県出身の筆者が、萩に行きたいと思っている皆さんへの基本情報を紹介します。 ■萩に着くまで ▲位置関係を、ざ [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

井上真央が主演を務め、幕末の風雲児・吉田松陰の妹である杉文の生涯を描く「花燃ゆ」。ドラマのタイトルロゴは、まさに“燃える”ようなデザインとなっており、そのイメージを題材にしたオリジナルハンカチタオルが登場。また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉 [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

そんな幕末の偉人の中でも人気が高く、安倍総理も大好きな吉田松陰と松下村塾の門下生を中心に展開していく物語だ。 とはいえ、「大河ドラマってオジさんだけが楽しみに観てるドラマじゃないの?」なんて思っている人はいないだろうか? そんな人たちのために“女子目線”で楽しむ「花燃ゆ」の見どころを紹介しよう。 ヒロインは吉田松陰の妹・文。高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など [全文を読む]

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の準主役 楫取素彦(小田村伊之助)のことが一番詳しくわかる決定版『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』

PR TIMES / 2014年12月10日12時24分

中経出版ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA中経出版ブランドカンパニー(東京都千代田区)は、新人物文庫『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』を刊行しました。来年の大河ドラマの予習にどうぞ! 【俳優大沢たかおさん演じる楫取素彦(小田村伊之助)ってどんな人?】 本書は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文の夫にして、 吉田松陰の「至誠」を継いだ、知られざる [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

ぜひ挑戦してみてください!【クイズ1】ペリーが再来航した嘉永7年(1854)、吉田松陰はある企てに失敗し、その一件で罪に問われました。このとき彼が企てたのは、どんなことでしょう?(い)密航しようとした(ろ)老中を暗殺しようとした(は)江戸の町に放火しようとした(に)公使館を焼き打ちしようとした【クイズ2】松下村塾は、幕末の維新の志士を多く輩出しました。では [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

吉田松陰の松下村塾である。 松下村塾には、学塾につきものの教卓がなかったといわれている。松陰は塾生たちの間を移動し、個人指導を行なっていた。明確な時間割もなく、来るメンバーや時間もばらばらで、教科書も塾生中心に選ばれたという状況の中では、おのずと指導は一斉ではなく個別的になる。(同上) 授業の課題の中には課業作文というものもあった。これは今でいうレポートで [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

近著に『幕末「長州」史跡散歩』『山県有朋の「奇兵隊戦記」』(洋泉社歴史新書)、『吉田稔麿 松陰の志を継いだ男』(角川選書)、『吉田松陰と高杉晋作の志』(ベスト新書)、『吉田松陰とその家族』(中公新書)、『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』(新人物文庫)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)など。山口県ふるさとづくり功労賞受賞。講演やテレビ出演も多数。 [全文を読む]

高良健吾 出会いは高校時代…東出昌大は「特別な人」

WEB女性自身 / 2015年08月31日06時00分

ずっと高杉が近くにいたし、彼からはもちろん、吉田松陰や文、久坂玄瑞、そして、現場から多くのことを学びました」 そのなかでも、久坂玄瑞を演じた東出昌大は、「特別な人」と語る高良。「東出とはずっと一緒にいて、いろんな話をしました。彼は『お前、仕事の話ばかりだな』と言うけれど、ふだん、何を話したらいいのかが、よくわからないんです(笑)。東出とは、僕が初めて受けた [全文を読む]

高杉晋作を救う“ようかん”作り 「花燃ゆ」第30回

Smartザテレビジョン / 2015年07月24日18時15分

「花燃ゆ」では、吉田松陰の妹・美和を主人公に、長州藩を中心とした幕末の動乱が描かれている。夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)に仕えている。 前回放送では、藩主・敬親(北大路欣也)が山口から萩へと居城を移転。狭い萩城に移るため、奥御殿でも女中を減らすことになり、美和は女中の選別 [全文を読む]

『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

同市の旧城下町・菊屋横町には、吉田松陰の弟子である幕末志士・高杉晋作の「生家」があるとしても有名なのだが、これに関する疑惑があると6月1日発売の週刊ポスト(6月12日号)が報じている。 高杉は、武士と庶民の混成部隊「奇兵隊」を組織、長州藩を倒幕に向かわせた。大河ドラマでは若手人気俳優の高良健吾が高杉役を務めている。 菊屋横町には「高杉晋作誕生地」の石碑が立 [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』展 吉田松陰や高杉晋作らの貴重な資料登場

太田出版ケトルニュース / 2015年05月29日10時14分

今年度のNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』は、幕末の思想家・吉田松陰の妹「杉文(すぎふみ。のちの楫取美和子)」が主人公の物語。井上真央演じる文は1843年に現在の山口県で生まれ、兄・吉田松陰の主宰する松下村塾の塾生・久坂玄瑞と結婚したが、「禁門の変」で夫を失った。 そして文は長州藩の毛利家につかえ、その後「美和子」と名前を変え、群馬県令・楫取素彦と再婚。群馬の [全文を読む]

フォーカス