吉田松陰 花燃ゆに関するニュース

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナルグッズ 2015年1月5日(月)新発売

@Press / 2014年12月22日11時00分

希望小売価格:800円(税別) 本体サイズ :(約)20cm×20cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 6438 http://www.atpress.ne.jp/releases/55368/img_55368_1.jpg ■商品2:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 吉田松陰柄 ■商品3:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 高杉晋作柄 幕 [全文を読む]

井上真央が開会式に登場! 江戸博で「花燃ゆ」展開催

Smartザテレビジョン / 2015年06月04日00時00分

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上)を主人公に、幕末の動乱を生き抜いた文とその家族、さらに松陰が育てた若者たちの倒幕を目指す戦いを描いている。 「花燃ゆ」展では、そんな松陰や文、長州志士たちのゆかりの品から、彼らの実像に触れることができる。吉田松陰の自賛肖像画や処刑直前に書いたという和歌、文の夫・久坂玄瑞から文への手紙など、展示品の数は210点に上る。 [全文を読む]

『花燃ゆ』、ラスト1話残して『平清盛』下回る! 最終回12.5%割れで「大河ワースト」に

サイゾーウーマン / 2015年12月12日12時45分

「『花燃ゆ』の敗北は、主人公が吉田松陰の妹(杉文)で、視聴者がほとんど、その存在を知らなかった点が第一。かつ、井上が大河の主役を張るほどの女優ではないことに尽きます。その意味でこの低視聴率は、大方予想されたことであり、その責任を井上に問うのはかわいそうな気もしますね。前半は東出昌大、高良健吾、伊勢谷友介、瀬戸康史、要潤らのイケメン軍団で視聴率を稼ぐ作戦だ [全文を読む]

NHK大河 「日米戦争」を「日仏戦争」に歴史修正していた

NEWSポストセブン / 2015年06月16日11時00分

久坂はドラマの主人公・文(吉田松陰の妹)の夫で、主演の井上真央が久坂の無事を祈る中、見張り役が声を張り上げる。 「来たぞ! フランス船じゃ!」 その報を受け、洋上に船の姿を認めた久坂は「撃て」と指示を出す。 「でもまだ、御奉行さまのお許しが……」と躊躇する藩兵に久坂が返す。 「構わぬ。撃て!」 文久3(1863)年5月10日に長州藩が攘夷を決行した、いわ [全文を読む]

文から美和へ「花燃ゆ」第弐集発売

Smartザテレビジョン / 2015年09月15日17時12分

「花燃ゆ」は、長州藩(現在の山口県)に松下村塾を開き、多くの維新志士を育てた吉田松陰の妹・文(井上真央)を主人公に、幕末の動乱を乗り越えた家族の絆と、松陰の志を継いだ若者たちの青春群像劇。 松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史ら実力派キャストをそろ [全文を読む]

大河ドラマ「花燃ゆ」公式キャラクター『もゆるん』LINEスタンプで「みてみて!」

@Press / 2015年05月11日17時00分

≪参考情報≫ 2015年度 大河ドラマ「花燃ゆ(はなもゆ)」 明治維新で活躍した志士を育てた吉田松陰。その松陰を育てたのが、杉家の家族たちでした。松陰の実家である杉家は、父母、三男三女、叔父叔母、祖母が一緒に暮らす大家族で、多い時には11人が小さな家に同居していたと言います。 そして、杉家のすぐそばにあった松下村塾では、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、品川 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊勢谷友介が現代の“松下村塾”始める。NHKの番組で「ホントに! マジで!」と宣言。

TechinsightJapan / 2015年01月27日18時20分

彼はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で吉田松陰役を演じており、その考え方にならって平成の世に“松下村塾”を開くもの。彼がその志を解説したFacebookの投稿には1月27日現在で3800件を超える「いいね!」があり、680件以上シェアされている状況だ。 1月24日に生放送された公開バラエティ『土曜スタジオパーク』(NHK総合)に出演した伊勢谷友介は、大河ドラマ『 [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』 大コケの背景に作品巡る政治的配慮あり

NEWSポストセブン / 2015年01月18日16時00分

* * * 幕末の長州藩士で維新志士の理論的指導者であった吉田松陰の妹・杉文の生涯を描く新大河ドラマ『花燃ゆ』が出鼻をくじかれた。 1月4日放送の初回視聴率は関東地区で16.7%。1989年の『春日局』(初回14.3%)、1977年の『花神』(同16.5%)に次ぐ史上3番目の低さとなり、第2回も視聴率13.4%とまったく振るわなかった。 井上真央演じる主 [全文を読む]

西郷隆盛が主役の大河ドラマ 安倍首相地元の観光振興策にも

NEWSポストセブン / 2016年08月31日07時00分

結果、歴史上では無名の吉田松陰の妹を主人公とする苦肉の策がとられた。「そもそも、この年の本命は2015年に没後400年を迎える真田幸村を主人公とする作品、つまり『真田丸』でした。しかし、そこにいきなり『花燃ゆ』が出てきて、『真田丸』は“没後401年”という妙なタイミングで今年に放送されているのです」(放送関係者) その『花燃ゆ』の制作発表は2013年12月 [全文を読む]

『花燃ゆ』、大河ワースト『平清盛』下回る視聴率推移! 「乙女ゲー」「花男みたい」と違和感噴出

サイゾーウーマン / 2015年02月03日13時44分

『花燃ゆ』は、明治維新で活躍した数々の志士を育てた吉田松陰と、その松陰を育て支えた家族たちの物語。家族の強い絆や、松陰の志を継いだ若者たちの青春群像が描かれ、主演・井上真央は松陰の妹・文(ふみ)を演じている。最新の第5話では第2話の13.4%を下回る12.8%で、さらにワーストを更新してしまった。 井上を始め、松坂慶子やかたせ梨乃、井川遥という人気女優陣 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

ストーリーは、吉田松陰の末妹・文を中心に人間模様を織り交ぜ、幕末の動乱の中、強い絆で困難を乗り越えた家族、そして松陰の志を継いだ若者たちの青春群像を描くものだ。 吉田松陰の末妹・文(井上真央、27才)を主人公に立てた今回の大河ドラマだが、イケメン大河、セクシー大河との呼び声高い。 吉田松陰には伊勢谷友介(38才)、後に文の夫となる久坂玄瑞には東出昌大(26 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

井上真央が主演を務め、幕末の風雲児・吉田松陰の妹である杉文の生涯を描く「花燃ゆ」。ドラマのタイトルロゴは、まさに“燃える”ようなデザインとなっており、そのイメージを題材にしたオリジナルハンカチタオルが登場。また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉 [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

そんな幕末の偉人の中でも人気が高く、安倍総理も大好きな吉田松陰と松下村塾の門下生を中心に展開していく物語だ。 とはいえ、「大河ドラマってオジさんだけが楽しみに観てるドラマじゃないの?」なんて思っている人はいないだろうか? そんな人たちのために“女子目線”で楽しむ「花燃ゆ」の見どころを紹介しよう。 ヒロインは吉田松陰の妹・文。高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

NHKは2015年に放送する大河ドラマを長州藩士・吉田松陰の妹・文(ふみ)が主人公の『花燃ゆ』に決定したと発表。ドラマの主な舞台となる長州(山口県)は安倍晋三・首相のお膝元である。地元に莫大な経済効果をもたらす大河ドラマの決定に至る過程を検証すると、「異例」続きだったことが浮かび上がった。 昨年12月3日、大河ドラマ『花燃ゆ』の制作発表が行なわれ、主人公を [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

久坂は長州藩出身の志士で、松下村塾で知られる吉田松陰の弟子であり、義弟でもあります。 司馬作品にも、幕末の長州藩を舞台にした小説があります。兵学者・大村益次郎が主人公の『花神』や架空の武士・天堂晋助を中心にした『十一番目の志士』などがありますが、特に好きなのは『世に棲む日日』です。吉田松陰と高杉晋作が主人公で、久坂も重要人物として登場します。 今回の役作り [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

「おまえが言うな!」NHK籾井勝人会長の“『花燃ゆ』批判”で、井上真央がノイローゼに!?

日刊サイゾー / 2015年05月16日11時00分

吉田松陰が中心だけど、いっぱい長州の人たちが出てくる。だから話が散漫だったかなという気がしています」と分析。続けて「これから上がっていくと期待している」と述べたものの、厳しい評価であることに変わりはない。 これに現場関係者は「主演の井上真央さんは低視聴率の責任を感じ、ノイローゼ状態になっている。局のトップがそれに追い討ちをかけるような発言をするなんて、あり [全文を読む]

惨敗は覚悟の上だった!?井上真央が大河出演を決めた知られざる決意とは?

アサ芸プラス / 2015年05月13日09時59分

他の若手女優だったらこうはいかなかったでしょう」(芸能関係者) そんな井上が吉田松陰の妹という一般人が知らない主人公のドラマに出たのには、彼女のなみなみならぬ決意があったからだという。業界関係者が語る。「視聴率で苦戦するであろうことは始まる前からわかっていて、出演を反対する声もありました。それでも井上さんがオファーを受けたのは『時代を作ったのは教科書に載っ [全文を読む]

フォーカス