佐藤昭 田中角栄に関するニュース

スペシャル対談・田中京×大下英治「今の日本には“田中角栄”が必要だ」(1)息子が見た名宰相の素顔は

アサ芸プラス / 2016年08月16日05時55分

でも、京さんのお母さんの辻和子さんと、「越山会の女王」と呼ばれた女秘書の佐藤昭さんは、2人とも最後まで角さんへの悪口を言わずに、愛し続けて、褒めて、この世を去っていった、こういう政治家は、そうはいないよね。角さんは、家ではどんなお父さんだったの?田中 家で政治の話なんかは一切しなかったですね。新聞なんか読んだりして、ノンビリしていました。大下 なるほど。京 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(13)運命の女性との出会い

アサ芸プラス / 2016年07月19日05時55分

それが、秘書として田中を影からサポート、さらには政治資金の采配までも担った「越山会の女王」こと佐藤昭である。田中と佐藤の強い絆は、昭和日本の政界を大きく塗り替えていくことに! 1972年(昭和47年)、田中角栄の秘書である早坂茂三と麓(ふもと)邦明の2人が、自民党総裁選を前に田中にたのみこんだ。麓は、田中が総裁選を戦うために著した政権構想「日本列島改造論」 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(15)金庫番として田中を支える

アサ芸プラス / 2016年07月21日05時55分

それから間もない夜、代議士の1人から、赤坂の佐藤昭の自宅に電話がかかってきた。その代議士はあわてていた。「資金不足で、当落が危ないんです。今日の11時の夜行列車に、使いの者を乗せます。どうか援助してください」 時計は、夜の10時になろうとしていた。早寝早起きの田中は、すでに床に入っているにちがいない。起こしては悪い。 田中が次の総理総裁の椅子を狙い始めた [全文を読む]

田中角栄の娘 酒と薬に逃げて自殺未遂繰り返した過去明かす

NEWSポストセブン / 2012年05月18日07時00分

“越山会の女王”と呼ばれた母・佐藤昭とオヤジ・田中角栄が、娘の私に遺してくれたことはいったい何だったのか――。2年前の3.11に逝った母。その三回忌を前に、激動の昭和を懸命に生きた父母の素顔を娘・佐藤あつ子さんが綴る書籍『昭 田中角栄と生きた女』が発売された。 遊びたい盛りだった小学4年生、あつ子さんはすでに塾通いをしていたという。私立中学を受験する準備の [全文を読む]

田中角栄と「越山会の女王」の間に生まれた女性が綴った本

NEWSポストセブン / 2012年04月20日16時01分

「今太閤」田中角栄と、彼を陰で支え「越山会の女王」と呼ばれた女・佐藤昭。その間に生まれた娘が、母の死を機に父と母、そして自身の過去について赤裸々に綴った。父母の出会いから、自分が生まれた後に続く“家族関係”など、父母の熱い生き様がみてとれる。立花隆との対談も収録。 ※週刊ポスト2012年4月27日号 【関連ニュース】田中角栄が机をがんがん叩いたからこそ成 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(14)久々の再会から秘書へ転身

アサ芸プラス / 2016年07月20日05時55分

その後、佐藤昭は田中の初めての選挙の応援弁士と結婚したものの、いつしか夫婦仲は冷えていった。 52年(昭和27年)2月23日、所用から自宅に戻ってきた昭は、不審に思った。家の脇に続く塀に、紺色の高級車ポンティアックが横づけされている。〈誰だろう、こんなところに‥‥〉 家の近くまで来た時、ポンティアックの窓が開かれ、ひとりの男が顔を出して声をかけてきた。「奥 [全文を読む]

フォーカス