山谷えり子 国家公安委員長に関するニュース

[細川珠生]【大規模化する自然災害にどう立ち向かう】~国家公安委員長・内閣府特命担当大臣山谷えり子参院議員に聞く~

Japan In-depth / 2015年09月29日21時00分

(この記事は、ラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2015年9月26日放送 の内容を要約したものです) 「細川珠生のモーニングトーク」 ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分 ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php 細川珠生公式HP http://www.cheering.net/tamao/# 細川 [全文を読む]

“女の敵“参院立候補者リスト! DV、不倫・隠し子、セクハラ暴言常習犯...改憲勢力は女性差別主義者だらけ

リテラ / 2016年07月07日17時40分

★「性教育は結婚後」と明言も、「東大生わいせつ事件」に親族が関与!山谷えり子(自民党/比例代表) 第二次安倍改造内閣では国家公安委員長、拉致問題担当相などを務めた山谷えり子氏。以前も紹介したように、山谷氏といえば2007年、教育再生担当として内閣総理大臣補佐官を務めていた際、「子守歌を聞かせ、母乳で育児」「授乳中はテレビをつけない」などといったトンデモ教育 [全文を読む]

小林よしのりも「カルト」と批判! 山谷えり子をなぜ放置するのか

リテラ / 2014年10月06日21時45分

山谷えり子拉致問題担当相兼国家公安委員長や高市早苗総務相など、安倍内閣の閣僚とネオナチや在特会など極右団体との関係が明らかになってから2週間。その間に「知らなかった」という彼らの弁明が真っ赤なウソであることも次々に明らかになった。ところが、新聞やテレビなどのマスコミではこの問題はほとんど報道されていないのだ。先日、始まった国会でも彼らを追及しようという動き [全文を読む]

山谷えり子大臣に「在特会」の質問集中――外国特派員協会の会見でどう答えたか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年09月25日22時18分

在日韓国・朝鮮人の排斥を主張する「在特会」の幹部だった男性と記念撮影をしていたとして、議論を呼んでいる山谷えり子国家公安委員長・拉致問題担当大臣が9月25日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。山谷大臣は会見冒頭のスピーチで、北朝鮮による拉致問題の解決に向けた熱意を強調した。しかし、会見に集まった記者たちからは、在特会(在日特権を許さない市民の [全文を読む]

安倍首相にも「在特会」との親密写真が! 自民党とヘイト団体の蜜月

リテラ / 2014年09月22日22時30分

高市早苗総務大臣、稲田朋美政調会長のネオナチ団体代表とのツーショットに続いて、今度は山谷えり子拉致問題担当相兼国家公安委員長がヘイトスピーチを続ける在特会(在日特権を許さない市民の会)関係者と写真におさまっていたことが発覚した。 この写真は2009年2月22日に撮影されたもので、山谷氏と一緒に映っていたのは在特会の関西支部長(当時)だった増木重夫氏、後に京 [全文を読む]

山谷えり子氏、在特会幹部らと記念写真の舞台裏

東京ブレイキングニュース / 2014年09月19日12時45分

なんの冗談なのか国家公安委員長に就任した山谷えり子が、在特会幹部らと記念写真を撮っていたという情報が話題になっている。 ネトウヨ問題を何年も追い続けて来た身としては非常に「いまさら」なのだが、現時点で在特会~山谷えり子の繋がりばかりがフィーチャーされているため、「最も注視すべき点はそこではない」と説明させていただきたい。 まず、今回話題になっている写真に写 [全文を読む]

森友と大阪維新の接点? 橋下徹後援会長の息子の講演会を籠池人脈の元在特会幹部が企画、直撃取材したら...

リテラ / 2017年03月20日22時00分

一時はヘイト市民団体・在特会(在日特権を許さない市民の会)の関西支部長を務め、2014年に安倍晋三首相や山谷えり子元国家公安委員長との"親密ツーショット写真"が発覚したことでも有名だ。 [全文を読む]

慶應レイプ事件も! 東大生集団わいせつ事件加害者たちの女性蔑視と選民意識が法廷で明らかに

リテラ / 2016年10月21日22時22分

この事件は、逃げ出した女子大生の通報で5人が逮捕されたが、そのなかの1人は山谷えり子元国家公安委員長の親類だと報じられるなど、世間に大きな衝撃を与えた。その後、山谷氏の親類を含む2人は示談が成立し不起訴処分となったが、3人は起訴された。そしてこの東大集団わいせつ事件もまた、その背景に慶応レイプ事件と同様、いやそれ以上のエリート学生による下劣な女性蔑視が存 [全文を読む]

東大強制わいせつ事件“不起訴”メンバーの親戚・山谷えり子議員が怖すぎる!?「敵に回すと……」

日刊サイゾー / 2016年06月09日22時00分

東京大学のインカレサークル「東京大学誕生日研究会」に所属する5人の東大生、東大院生が起こした強制わいせつ事件で、元首相補佐官の山谷えり子参院議員の親戚とされる容疑者が不起訴となったことに、疑心暗鬼の声が持ち上がっている。 5人は5月10日、自宅マンションに女子大生を連れ込んで裸にした上、殴る蹴るの暴行のほか、カップラーメンの汁をかけたり、局部にドライヤーで [全文を読む]

東大レイプ事件、学内で「盗撮動画で利益」のウワサ 実名が1人しか出ない理由は「議員の親戚」だから?

日刊サイゾー / 2016年06月03日18時00分

今回の事件、松見容疑者以外の4人の名前が警察側から伏せられた形で伝わったのは、容疑者のひとりが前国家公安委員長・山谷えり子議員の親戚であるからだというウワサだ。もっともネット上ではすでに、4人とも実名が出てしまっているのだが……。 (文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo) [全文を読む]

相次ぐキャスター降板の背景にあるもの…問題視すべきはメディア側の自粛と安倍政権の自信のなさ

週プレNEWS / 2016年04月07日10時00分

ファクラー 正確に言うと、「2014年9月24日の山谷えり子国家公安委員長(当時)の会見以来」ですね。この時の質疑応答で在特会との関係を指摘され、山谷委員長はシドロモドロ状態になってしまった。それ以来、こちらからオファーを何度送っても、安倍政権内部の政治家が外国特派員協会の会見に応じることはありません。 記者クラブ制度に代表される日本的ジャーナリズムの記 [全文を読む]

「目玉」だった安倍政権女性閣僚 高市、山谷、小渕氏の軽さ

NEWSポストセブン / 2015年09月03日16時00分

安倍首相に近いタカ派の論客であり、第一次安倍内閣では教育再生担当の首相補佐官を任せられた山谷えり子・国家公安委員長(64)は、ヘイトスピーチが問題視される「在日特権を許さない市民の会(在特会)」関係者とのツーショット写真が流出。2014年9月に日本外国特派員協会で開かれた会見では、極右問題に敏感な外国人記者からの批判が殺到した。 小渕優子・前経産相(41 [全文を読む]

百田尚樹も安倍首相も...今度は“同性愛ヘイト“に走る歴史修正主義者たち

リテラ / 2015年03月18日21時00分

下村博文文科相に高市早苗総務相、山谷えり子国家公安委員長といった安倍政権で要職につく議員がズラリ。ほかにも衛藤晟一・内閣総理大臣補佐官や、西田昌司・自民党副幹事長、稲田朋美・自民党政調会長などといった議員たちも参加している。 [全文を読む]

海外メディア 安倍政権は報道の自由ない独裁政権とみている

NEWSポストセブン / 2014年12月10日16時00分

今年9月には山谷えり子・国家公安委員長が同協会の会見で在特会との関係について厳しく追及された。日本の記者クラブがやらなかった当然の仕事だ。 するとどうなったか。外国特派員協会はこれまで国政選挙の前には毎回、自民党の幹部の会見を開いていたが、今回は自民党側が「投票日前に外国特派員協会の会見には出ない」と出席を拒否。フランスの通信社AFPは「厳しい質問におじ [全文を読む]

安倍首相と在特会元幹部──“ツーショット事件“は偶然ではない

リテラ / 2014年12月03日20時30分

この高市と稲田の写真が「発掘」されてから2日後、内閣改造の当日に、今度は新しく国家公安委員長に就任した山谷えり子の衝撃写真がネット上をかけめぐった。2009年2月に島根県松江市内で撮影されたその写真に写っていたのは、山谷を囲むようにたたずむ元在特会のメンバー2人と幹部1人である。 このメンバー2人はそれぞれ西村斉と荒巻靖彦といい、2人とも現在刑務所に服役 [全文を読む]

安倍内閣のスキャンダル議員達 塩崎、西川、有村、山谷氏ら

NEWSポストセブン / 2014年11月19日07時00分

山谷えり子(国家公安委員長):ヘイトスピーチが問題となっている「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の関係者と一緒に記念撮影していた。 ●御法川信英(財務副大臣):顔写真入りカレンダーを選挙区で無料配布していた。公職選挙法で禁じられた有権者への寄付にあたる疑い。 ●野田聖子(前自民党総務会長):選挙区内で「顔写真入りうちわ」を、政治資金パーティーで「 [全文を読む]

中国はゴキブリ、韓国はダニ!安倍首相がヘイトスピーチ連発の宮司を大絶賛

リテラ / 2014年11月14日17時00分

第二次安倍政権では、山谷えり子拉致問題担当相兼国家公安委員長、高市早苗総務大臣、稲田朋美政調会長など、複数の閣僚にヘイトスピーチ団体の在特会やネオナチとの関係が次々浮上したばかりか、安倍首相自身にも在特会元幹部とのツーショット写真が出回った。 彼らは一様に「そういう団体の関係者だとは知らなかった」と弁明していたが、これは明らかなごまかしであり、安倍政権とヘ [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(1)スキャンダルまみれの改造内閣

アサ芸プラス / 2014年11月11日09時56分

山谷えり子国家公安委員長(64)が、ヘイトスピーチでトラブルを起こしている在特会の関係者と写真に収まっていたり、高市早苗総務相(53)にネオナチ団体の代表者と議員会館で記念撮影に応じていた事実が明るみに出たり。 閣僚のスキャンダル発覚が本格化したのは、10月7日の参院予算委員会で松島みどり前法相(58)が「うちわ配布」問題を追及されてから。立て続けに、安倍 [全文を読む]

みのもんた「国会で女性同士の論戦はいいことだと感じる」

アサ芸プラス / 2014年10月26日09時56分

同じ日の同じ委員会で山谷えり子国家公安委員長に「ねんごろ」ってヤジ飛ばすなんて情けないよ。日本の議員はフランスを見習いなさいよ。あそこは大統領に愛人がいても、そんなセコいこと言わないよ(笑)。国会がせっかく女性が輝く場になってきたんだから程度の低いヤジでその芽を摘んじゃダメだよ! ◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。 [全文を読む]

小渕・松島両大臣辞任、海外紙は「ウーマノミクス」「原発再稼働」に暗雲と報道

NewSphere / 2014年10月21日18時35分

高市早苗総務相がネオナチのメンバーと、山谷えり子国家公安委員長もまた「ウルトラナショナリストグループの在特会のメンバー」(NYT)と一緒に写真に収まっていたことや、高市氏、山谷氏、有村治子女性活躍担当相が18日、揃って靖国神社を参拝したことが併せて伝えられている。 ガーディアンは、これらは「働く女性の地位向上を目指す安倍首相の計画に影を落とした」と記してい [全文を読む]

フォーカス