酒井法子 松田聖子に関するニュース

ベッキーにのりピー…「サンミュージックの呪い」の元凶は四谷怪談ではなかった!?

tocana / 2016年01月21日08時00分

2009年には酒井法子が覚せい剤で逮捕された。ほかにも、人気絶頂期の松田聖子は多くの恋愛スキャンダルでマスコミをにぎわせた。 サンミュージックの所在地、四谷三丁目駅界隈は四谷怪談の舞台である。この呪いの源流は土地にあるのではないか。と思ってみたが、すぐ近くにある太田プロ(AKBタレント多数所属)に祟りが現れないのはおかしい。 では、このおどろおどろしいサン [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

そこから酒井法子や西村知美、森口博子や杉浦幸らの豪華な顔ぶれを輩出したのだ。河合奈保子松田聖子と同じ「黄金の80年組」だが、豊満なプロポーションでは聖子を圧倒。グラドル以上に水着になることが多かった。中森明菜松田聖子の最大のライバルとして、80年代の女王の座を争った。2年連続のレコード大賞やカラオケの浸透度などでは明菜がリードした。石川秀美「花の82年組」 [全文を読む]

サンミュージック相澤氏は芸能界の良心 解雇は酒井法子だけ

NEWSポストセブン / 2013年06月05日07時00分

そこには桜田淳子を筆頭に松田聖子、早見優、酒井法子ら相澤氏が育てたスターが集まった。45年の歴史で、事務所側からの解雇は、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された酒井法子、1人だけ。相澤氏が「芸能界の良心」といわれる所以である。 「生涯マネージャー」が信条だった相澤氏。日本中を明るく照らしたその人柄は、死してなお受け継がれていくだろう。 ※週刊ポスト2013 [全文を読む]

ベッキー、酒井法子を支援した事務所にご立腹!? 会長の“人間愛”に不満爆発か

サイゾーウーマン / 2013年05月28日13時00分

かつて相澤氏が世に送り出した松田聖子や酒井法子ら、大物タレントが悲しみの声を寄せる中、現在同事務所の“稼ぎ頭”であるベッキーについては進退が不安視されているという。 1998年に『おはスタ』(テレビ東京系)でデビューを飾ったベッキーもまた、相澤会長が発掘して育てたタレントの1人。番組出演だけでなく、歌手に女優にとマルチな活動を行い、現在もバラエティ番組10 [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

桜田淳子や松田聖子といった人気アイドルを輩出したことで知られていますが、所属タレントが数年ごとに大きなスキャンダルや悲劇、トラブルに見舞われてもいるのです」(夕刊紙デスク) 岡田有希子、桜田淳子、酒井法子と続く不運 世間に大きな衝撃を与えたのが、1986年4月の岡田有希子の自殺。当時、事務所が入居していた新宿区四谷のビル屋上から飛び降り18歳という若すぎる [全文を読む]

酒井法子 MXテレビ「5時に夢中!」で“裸の仕事”のオファーがあった?

アサ芸プラス / 2015年01月09日09時57分

シャブ逃避行劇からはや5年余! 酒井法子(43)がコッソリとワイドショーに生出演。元清純派アイドルをかなぐり捨てるヤンキー素顔をあらわにしていた。 ワイドショーデスクが酒井の近況について語る。 「クリスマスには昨年に続いて2度目となるディナーショーを開催。その後、大みそかにはカウントダウンライブにも出演するなど、地味ながらも着実に音楽活動を続けています」 [全文を読む]

【ウラ芸能】酒井法子、年末の「強気」

NewsCafe / 2014年12月11日15時00分

この2人がツートップ、以下、五木ひろし(66)の5万1500円、松田聖子(52)の4万9500円、玉置浩二(56)の4万1500円、高橋真梨子(65)の4万1000円…といったところが高額ディナーショーですが、オークションで販売価格を上回るほどの金額で人気を呼んでいるのはユーミン以外では聖子と玉置くらいで、他は安く売られているほどですね」デスク「ま、コンサ [全文を読む]

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

意外にもグラマラスなビキニショットがマブしい ・酒井法子『夢冒険』(学習研究社)実勢価格5800円 16歳の等身大の彼女が収められているファースト写真集。水着よりも白いワンピースにドキッとする ・渡辺満里奈『NOTEBOOK-渡辺満里奈 放課後アルバム』(集英社)実勢価格3800円 ビキニ、スク水、ブルマなど、お宝ショットが盛りだくさん。人気絶頂期は1万円 [全文を読む]

サンミュージック相澤会長 岡田有希子、酒井法子らとの絆

NEWSポストセブン / 2013年05月31日07時00分

2009年8月に、当時の夫が覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されると、逮捕現場にいた酒井法子(42才)が任意同行を拒否して失踪。家族よりも誰よりも早く捜索願を出すよう指示したのが相澤さんだった。その脳裏には、岡田さんのことがあったのかもしれない。 しばらく行方をくらませた後、酒井は自ら出頭、逮捕された。会見に臨んだ相澤さんは、「どんな理由があろうとも、薬物に [全文を読む]

木村拓哉にも薬物疑惑?あの女優の"暴露ブログ"が大騒動に

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日19時05分

木村自身に薬物疑惑が降りかかったのは初といってもいいが、妻の工藤静香(46)は覚せい剤事件を起こした酒井法子(45)と親友だったこともあって幾度となく週刊誌のネタにされた過去がある。それだけに「石原真理の妄想」と簡単に切り捨てられず、ファンが動揺する事態となっているのだ。 「無論、石原さんのブログを見れば彼女が正常とは言い難い状態なのは明白。しかし、盗聴・ [全文を読む]

ベッキー復帰路線に拍車? サンミュージックから次々マネジャー退社で……

日刊サイゾー / 2016年04月19日09時00分

サンミュージックはかつて桜田淳子が抜けると松田聖子が、岡田有希子が抜けると酒井法子が登場するなど、次世代のニューフェイスがブレークした伝説がいくつもあり、古い芸能関係者からは「ベッキーの穴をベッキー復帰で埋めるより、新しいスターを推したほうがいい」という声も聞かれる。 老舗芸能プロの采配は、いかに……。 (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo) [全文を読む]

語っていいとも! 第18回ゲスト・芳本美代子「なんか、コケちゃあ起き上がってルンルンしてた感じです(笑)」

週プレNEWS / 2016年02月28日12時00分

で、1コ下になると、のりピー(酒井法子)とか西村知美ちゃんかな。まさに新人賞レースっていうのが大変な時のラストだったんじゃないかな。 ―その中で、それこそ松本隆さんが作詞、作曲が井上大輔さんという力の入った…。押し出され方がわかりますよね。 芳本 うーん…そうですね、歌は(笑)。でも実際、本人は意外となんかこう、飄々(ひょうひょう)と。 ―プレッシャーも特 [全文を読む]

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

たとえば ・岡田有希子が自社ビルから飛び降り自殺 ・大スターに育てた松田聖子が何の相談もなく独立 ・初期のスターだった桜田淳子が、統一協会(注3)の「合同結婚式」に出席 ・酒井法子が覚醒剤所持で逮捕される そして今回、現在のサンミュージックにとって稼ぎ頭だったベッキーの泥沼不倫が発覚。愛情をかけたはずのタレントたちに、裏切られ続けている。 ■タレント管理は [全文を読む]

ベッキー謝罪会見、“異様な光景”にマスコミ驚愕! 事務所スタッフが“余裕で談笑”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年01月09日12時45分

記憶に新しいものでは、のりピーこと酒井法子の覚せい剤事件に関する諸々の会見ですね。酒井本人の謝罪会見はもちろん、事件発覚当初は、酒井の足取りや逮捕、起訴など、事あるごとに事務所幹部が会見していました」(同) さまざまな騒動で鍛えられてきた同社のスタッフらにとっては、不倫報道の釈明会見くらいは朝飯前なのだろうか。 「のりピー騒動のときにも大活躍していたベテラ [全文を読む]

酒井法子が「マンモスうれピー」と絶叫した本当の理由とは?

アサ芸プラス / 2015年11月25日17時59分

「マンモスうれピー!」 酒井法子が久々にのりピー語を炸裂させた。11月23日、都内で観にアルバム「Truth~飛べない鳥よ~」の発売記念のイベントに出演。中国や台湾からファンが駆けつけたためだ。しかも、「楽しかったなっしー」 と、ふなっしー語まで飛び出すハイテンション。まったく薬物事件の後遺症を感じさせないステージだった。 そんな酒井が会場で「今年を表す漢 [全文を読む]

選ばれた松岡茉優「“伸びしろ”を買っていただいた」

Smartザテレビジョン / 2015年03月23日19時10分

同ポスターのモデルはこれまで松田聖子、中山美穂、酒井法子、南野陽子、柴咲コウ、上戸彩、長澤まさみなど、そうそうたるメンバーが務めてきたこともあり、「スターへの登竜門」ともいわれている。 37代目のモデルとなる松岡は「私は15歳で演技の素晴らしさにとりつかれ、俳優一本で生きていきたいと決意しました。素晴らしい先輩が務め上げてきたポスターに起用していただき、 [全文を読む]

“純白アイドル“さんみゅ~の黒い一面も!? 「スマホでUSEN」ラジオ番組『さんみゅ~の!純白ラジオ』収録現場を突撃!

おたぽる / 2015年03月21日06時00分

松田聖子、早見優、酒井法子ら数多くのアイドル歌手を輩出してきた芸能プロダクション「サンミュージック」が、満を持して送り出したアイドルグループ、さんみゅ~。同社名を掲げたグループは、2012年に岡田有希子の『くちびるNetwork』のカバーでインディーズデビュー。14年には1stアルバム『未来地図』をリリース、今年3月18日には最新シングル『はじまりのメロデ [全文を読む]

西日本短期大学の通称「アイドル養成学科」 有利な就職先も

NEWSポストセブン / 2015年02月12日11時00分

松田聖子、酒井法子、元AKB48の篠田麻里子など、数多くのアイドルを輩出する福岡で2011年に設立された、通称“アイドル養成学科”。 メーク、オーディション対策などの実務科目のほか、学科内でアイドルユニットが結成されて地元の祭りやイベントに出演している。 在学中からオーディションを受け、芸能事務所入りやデビューを目指すのが主な目的だが、意外に有利な就職先 [全文を読む]

ディナーショーの宣伝がしたかった! のりピーが『5時に夢中!』に出演した裏事情

日刊サイゾー / 2014年11月18日09時00分

女優の酒井法子が14日、TOKYO MXの『5時に夢中!』に、ゲストコメンテーターとして約1年ぶりにテレビ出演した。ノリノリの酒井はアイドルの口パクが議論された際「私も口パクだったことがあります。中国に行った時に、言葉もわからなかったので」と衝撃発言。自身のAV出演のウワサに話が及んでも、酒井は「風のウワサで、そんなような記事を見たことがありますけど、ない [全文を読む]

矢沢永吉が掟破りの6万円設定! 大物芸能人たちの“荒稼ぎ場”ディナーショーの相場とは

日刊サイゾー / 2013年12月15日09時00分

意外なところでは、1日に五井グランドホテル(千葉県市原市)で、歌手活動の本格復帰を宣言した女優で歌手の酒井法子が、歌まね芸人のオフコース小田とディナーショーに出演しましたが、2万円という“お手頃価格”もあってか、結構な動員数だったそうです」(同) 完全に芸能界復帰を果たしたとはいえないのりピーにしても、この稼ぎっぷり。やはり芸能人にとって、ディナーショーは [全文を読む]

フォーカス