小沢一郎 参院選に関するニュース

民主党議員 小沢一郎氏に復党お願いしないと党が死ぬと懸念

NEWSポストセブン / 2013年07月02日16時00分

※週刊ポスト2013年7月12日号 [全文を読む]

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

小沢一郎が18日の盛岡市の会見で述べたように、「衆院選は1つの統一団体で与党に対決しないと野党は全滅に近いことになる」ことは見えている。「自民党野田派」の領袖が安倍政治を止められるのか 政策面でも、何ら総括がない。北海道5区補選とそれに続く参院選での野党選挙協力は、昨夏の安保法制反対デモの盛り上がりを背景に、共産党の自己犠牲的な問題提起があってそれなりの成 [全文を読む]

渡る世間で鬼退治。政界渡り鳥・小池百合子は、なぜ出世していくのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時30分

小池さんは、小沢一郎さんが立ち上げた「新進党」に加わります。当時は、「小沢一郎の側近」でした。97年、新進党解党。小池さんは小沢一郎さんが新たに立ち上げた、「自由党」に参加。2000年、自由党が分裂したのを機に小沢さんを離れ、「保守党」に参加。2002年、ようやく自民党に。 こうやって見ると、政界に入ってから10年で、 日本新党 → 新進党 → 自由党 → [全文を読む]

自民党に鞍替え報道の谷亮子に、アノ大物女性議員が猛反発! 嫌われすぎて「ヤワラアレルギー」を訴える人も

tocana / 2016年06月21日18時30分

谷氏は小沢一郎氏率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属していたが、同党に見切りをつけ、参院選では自民党の比例区で出馬すると「週刊文春」で報じられた。 同誌によると、自民党にパイプを持つ谷氏の後援会長が以前から自民党に売り込んでいたという。谷氏は同誌の取材に「生活の党からは出馬しないと会見した直後に、複数の党から参院選出馬の打診をいただきました。どこ [全文を読む]

“ヤワラちゃん“谷亮子は自民党から鞍替え出馬が有力...でも男性秘書との不倫の噂は大丈夫なのか?

リテラ / 2016年06月20日23時30分

小沢ガールズの筆頭として2010年の参院選で民主党から出馬した谷氏だが、蜜月関係から一転、その後は小沢一郎氏との確執が伝えられてきた。その不仲から今回の参院選も不出馬が取り沙汰されていたのだが、しかし谷氏は「週刊文春」の取材に自民党からの出馬を思わせぶりながら"事実上"認めた上で、小沢氏との確執についてもこんなコメントをしている。「山本太郎さんと合流する [全文を読む]

野党共闘を妨害する原発推進の御用組合「連合」[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月26日16時16分

だからこそ、この新政権樹立を牽引した小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏に対して、メディアを総動員した総攻撃が展開されたのである。菅直人氏、野田佳彦氏、岡田克也氏は本当の意味での革新勢力である小沢氏と鳩山氏を排除するためのエージェントとして活用されたのである。2010年6月政変は、このエージェント勢力による権力の強奪であった。2010年2月に来日して小沢一郎氏と会談し [全文を読む]

東京都知事選に新たな大本命!? 「小沢を捨てて森に寄る」谷亮子氏に出馬の構えか

日刊サイゾー / 2016年06月28日23時30分

師・小沢一郎と行動をともにして現在の「生活の党と山本太郎となかまたち」(以下、生活の党)に移ったが、自民党など複数の党から出馬の打診を受け、離党を決断。しかし、いま抜ければ生活の党は「所属議員5人以上」の政党要件を失うことから、党代表の小沢氏から慰留され、その妥協案として「今回の立候補は断念するが離党はする」となった。本人は政治活動継続の意志を強く持ってお [全文を読む]

自民党・二階総務会長が野中広務氏復党提案 全土連対策か

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

そうした全国の土地改良区を統括し、農業土建会社、農業コンサル、測量会社などの団体を事実上、傘下に置いているのが全土連です」(同前) そのため、自民党選挙の裏を知り尽くしている小沢一郎氏は2009年の総選挙で民主党が政権を取ると真っ先に全土連つぶしに動いた。それまで年間約6000億円あった国の土地改良予算を一挙に3分の1に減らしたのだ。野中氏は政敵の小沢氏に [全文を読む]

「あまちゃん」ユイの父親・足立市長は小沢一郎系!? プチ鹿島の世相コラム『余計な下世話!』連載11

東京ブレイキングニュース / 2013年10月01日15時00分

「足立功は、岩手のドン・小沢一郎系の政治家なのか、否か。」 先日「あまちゃん」ロケ地の久慈市に行ったら小沢一郎のポスターをよく見かけた。岩手はあまちゃんならぬ「いっちゃん」のおひざ元であることをあらためて痛感したのだ。 しかし、岩手が「小沢王国」のままなら「ユイの父ちゃんも小沢系なんだろな」で終わった話だが、いま岩手でも小沢神話に陰りがあると言われている。 [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(9)CMが支えたイメージ戦略

アサ芸プラス / 2016年11月30日12時55分

小池の脳裏に小沢一郎のポスター案が、ふいに閃いた。さっそく、そのコピーをざっと書いてみた。「・ボク(小沢一郎)が永田町で嫌われるわけ 先送りしない 先見性がある 主張が一貫している(ネガティブのネガティブはポジティブ) 妥協しない 言い訳をしない 決断する 本当のことを言う 愛想がない 官僚を使いこなす 言動一致 おもねらない 言葉が少ない 小鳥が好き [全文を読む]

日本共産党 「大衆党」に党名変更なら自民圧勝の構図崩壊か

NEWSポストセブン / 2015年12月24日11時00分

そうした展開の仕掛け人は、野党統一名簿での選挙を提唱する小沢一郎・生活の党代表だ。 「小沢氏は志位氏らと何度も会談して現実路線への転換を促した。現在は松野頼久・維新の党代表の指南役として民主党との合流を勧める一方、共産党には党名を変更すれば民主、維新、生活と一緒に日本版オリーブの木に参加できると決断を迫っている」(小沢側近) 参院選の決戦場となる32の1 [全文を読む]

小沢新党支持率 00年総選挙で660万票獲得の自由党より高い

NEWSポストセブン / 2012年07月22日07時00分

※週刊ポスト2012年8月3日号 【関連ニュース】青木愛議員が受ける小沢一郎の深すぎる愛情小沢一郎氏 公明党吸収を画策かと元側近が説明する自民党幹部「小沢氏無罪で党資金200億円握れば選挙大惨敗」民主党議員 小沢一郎支持を地元で説明できぬジレンマあった造反者57人束ねる小沢一郎氏 新党結成でも影響力低いとの声 [全文を読む]

都知事になった小池百合子氏は、古巣「テレ東」で何を語ったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日19時03分

細川内閣の退陣後は、当時の永田町の実力者、小沢一郎氏のもとで新進党や自由党の結党に参加。仲良さげだった小沢氏とも、その後はたもとを分かち、最後は自民党へ。 「あちこちいくのは時の流れでよくあることだと思う。あってもおかしくない。政治的な勘はいいし、今、東京も豊洲の問題とかいろいろなことがありますが、なかなか“ジジ殺し”も上手。バランス感覚もいいし、落し処も [全文を読む]

社会学者・古市憲寿が小沢一郎を怒らせた騒動の構図

東京ブレイキングニュース / 2016年07月14日19時00分

社会学者の古市憲寿氏のニコニコ生放送の公式放送「参院選前の党首討論」での小沢一郎氏への質問の内容、およびその後の謝罪の仕方が批判にさらされている。 もともと、炎上発言の多い人ではあった。が、これを望んでいるテレビ、視聴者も一定層いる事だからさほど問題はあるまい。テレビというマスに出ると共感する人ばかりではない。必ず、アンチは出てくるものだ。それは目くじらを [全文を読む]

“真っ黒“な甘利明を検察はなぜ「不起訴」にしたのか? 官邸と癒着した法務省幹部の“捜査潰し“全内幕

リテラ / 2016年06月03日08時36分

しかも、特捜部は最近、政界捜査に弱腰になっていたとはいえ、小渕優子元経産相や小沢一郎のケースのように、秘書の立件まではやるのが普通だった。それが、今回は一切なんのおとがめもなし。これはいくらなんでも異常すぎるだろう。 取材してみると、今回の不起訴決定の裏には、法務省幹部の露骨な捜査潰しの動きがあったことがわかった。しかも、この幹部は明らかに官邸と深いつなが [全文を読む]

参院選出馬の小林節氏 小沢一郎氏や社民党から合併話か

NEWSポストセブン / 2016年05月31日16時00分

※週刊ポスト2016年6月10日号 [全文を読む]

甘利氏の収賄疑惑、なぜか動きの鈍い検察と安倍政権の不適切な関係

まぐまぐニュース! / 2016年03月06日20時00分

民主党への政権交代で次の総理になることが確実視された小沢一郎の政治資金収支報告書に些細な記載上の疑義を見つけ出し、自公連立体制を維持するために東京地検特捜部がでっちあげた、いわゆる「陸山会事件」は、「国策捜査」の典型例だ。 同時にこの事件は「国策不捜査」にもつながった。ウソの捜査報告書を出してまで有力政治家を陥れようとした特捜検事たちの犯罪についての「不 [全文を読む]

共産党変身の仕掛け人? 小沢一郎氏が野党共闘のキーマンに

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

そうした共産党変身の“仕掛け人”と見られているのが、小沢一郎・生活の党共同代表だ。 小沢氏は志位氏との党首会談(9月28日)で、「国民連合政府は大いに結構だ。従来の方針を大転換した共産党の決断を高く評価する」と賛同してみせた。だが、実は、「6月に志位さんと会談して地元・岩手県知事選での選挙協力で合意して以来、これまでに5~6回は極秘に共産党側と話し合いを [全文を読む]

小沢一郎「鳩山遺産250億円」強奪計画をスッパ抜く!(2)「新党友愛」で大勝負に出る

アサ芸プラス / 2013年03月21日09時57分

鳩山家関係者が明かす。 「幸夫人の映画熱については脚本の翻訳を手伝った由紀夫氏を含め、安子さんも快く思っていませんでした。その安子さんが亡くなり、幸夫人がその気になっているのを見て、誰かが『待った』をかけなければと、鳩山、石橋の両家では頭を抱えていたんです」 ところが、「待った」の声は意外なところから飛び出した。小沢氏である。 「小沢氏は『ハリウッド映画に [全文を読む]

自民党の大奥バトル(2)「評価される者」と「干される者」

アサ芸プラス / 2013年01月23日09時57分

【関連記事】 自民党の大奥バトル(1)「女性議員が党三役にW登用」 自民党の大奥バトル(3)「日本初の女性総理構想とは」 2013年100大予測(4)アベノミクス生活「資源高で親父の昼飯代が200円台に」 2013年100大予測(6)安倍総理夫妻、小沢一郎、橋下徹「政界大激震」 池上彰、そうだったのか!安倍新政権(5)「電気料金値上げと消費増税」 [全文を読む]

フォーカス