松井秀喜 高校野球に関するニュース

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

早実・清宮幸太郎 松井秀喜と比較されても良いレベルとの評

NEWSポストセブン / 2016年04月16日16時00分

いずれも清宮と体格も似た左打ちのスラッガーだが、私は長打力のある外野手として、清宮は巨人やニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏と比較されても良いレベルにあると思う。 松井氏の打球はライナー性だが、清宮の打球は放物線を描く。これはボールの芯の少し下を叩き、バックスピンをかけることで飛距離を伸ばす打ち方だ。後者の方が、合理的により遠くに飛ばすこと [全文を読む]

プロ野球より面白い?選抜高校野球の魅力をスター5人から検証

しらべぇ / 2016年03月21日21時00分

(2)松井秀喜(星稜)平成4年の選抜高校野球大会に出場し、宮古戦で2打席連続の特大ホームラン。続く堀越戦でもホームランを放ち、怪物の片鱗をみせつけた。この活躍は他の高校に脅威を与え、夏の大会で明徳義塾が4打席連続で敬遠することになる。(3)松坂大輔(横浜)平成10年の選抜高校野球大会に横浜のエースとして登場。東福岡の村田修一、PL学園高校の上重聡、関大一の [全文を読む]

【高校野球】高校野球での敬遠は是か非か? 早稲田実対秀岳館戦の敬遠騒動を考えてみる

デイリーニュースオンライン / 2017年05月21日16時05分

松井秀喜への5打席連続敬遠 しかし、高校野球となると事情は少し違ってくる。 その最たる例が、1992年、夏の甲子園で起こった星稜の松井秀喜(元ヤンキースほか)に対する5打席連続敬遠だろう。 明徳義塾の馬淵史郎監督が勝利のためにとった非情、かつ苦肉の策が「5打席連続敬遠」だったのだが、狙い通り星稜を下した明徳義塾は高校野球ファンから非難され、脅迫まで受け [全文を読む]

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

朝日新聞がスポンサーの「甲子園」をテーマにしたテレ朝「アメトーーク」の眉唾感

メディアゴン / 2015年07月20日07時10分

前者については、別に、後にプロで有名になった選手(松井秀喜・松阪大輔・田中将大・ダルビッシュなど)であればプロ野球で見ることができるので、まだ技量も経験も乏しい高校時代にその人を見ることがプロ野球を見るより魅力的だとは思えなかった。また別の見方をすれば、甲子園には(後に)プロになる人は一部しか出ていないということになるので、全員がプロのプロ野球よりはやっぱ [全文を読む]

明徳義塾馬淵監督「潔く勝負して散ったら喜ぶのは相手と客」

NEWSポストセブン / 2012年08月04日07時00分

その代表格が、松井秀喜への5連続敬遠を命じ、甲子園を埋めた高校野球ファンから“帰れ”コールを浴びた明徳義塾監督の馬淵史郎だ。馬淵は、甲子園において20大会連続初戦勝利という記録を持つ。甲子園で最も嫌われた男は、甲子園の戦い方を最も熟知した指揮官のひとりといえる。 「大投手、大打者がいればそりゃあ楽でしょうが、そうそう松井のような選手は生まれない。高校野球で [全文を読む]

高校野球バカ芸人たちがセンバツ注目の早実・清宮で激トーク!

週プレNEWS / 2017年03月20日06時00分

早出 松井秀喜さんで高校通算60本、筒香嘉智選手(DeNA)で69本だから、すでに抜いちゃった。歴代最多の「107本」も十分に射程圏内に入ってる! いけだ ふっくらした体形で足が遅いイメージがあるけど、50m走で6秒3と、意外とストライドがあって速いんだよね。 酒井 お父さんの克幸さんはラグビー界の名将(ヤマハ発動機ジュビロ監督)ですし、清宮君も小学生の [全文を読む]

甲子園で超スローボールが物議 過去大会の奇策の数々を紹介

NEWSポストセブン / 2014年08月25日07時00分

星稜・松井秀喜が明徳義塾戦で5打席すべて敬遠され、後に「ゴジラ伝説」のひとコマとなった。 1995年の観音寺中央は、日大藤沢戦で「内野5人シフト」のスクイズ封じを敢行。延長11回、1死三塁、サヨナラのピンチで中堅手を投手脇に配置。しかし、同打者への四球の後、次打者のセカンドゴロの間に失点し、試合は敗れた。 プロ野球と違って、高校野球では金属バットの使用が許 [全文を読む]

清宮幸太郎の「高校通算100本塁打」への疑問

Business Journal / 2017年06月06日20時00分

その後の松井秀喜(星稜高校→92年に読売ジャイアンツ入り)あたりまでは、このキャッチフレーズも有効だったのですが、その後はだんだん怪しくなってきました」(スポーツライター) この「高校通算」という数字には、当時からさまざまな解釈があり、「公式戦のみなのか」「練習試合も含むのか」は解釈が分かれるところだ。そして、現在では練習試合も含めてカウントするのが一般化 [全文を読む]

センバツ高校野球全試合を完全無料で Player! がリアルタイム速報

PR TIMES / 2017年03月21日10時40分

早稲田実業はなんと初戦、伝説の松井秀喜五打席連続敬遠策を講じた明徳義塾と戦う。春夏連覇を狙う作新学院、21世紀枠で出場部員10人の不来方など、球児たちの戦いに目が離せない。■1日目 1回戦3/19 (日) 第1試合 至学館(愛知) 5-6 呉(広島) https://web.playerapp.tokyo/live/27933/19 (日) 第2試合 日大 [全文を読む]

朝日新聞社、Android TVアプリ「オンデマンド高校野球」をリリース

ITライフハック / 2016年07月21日17時00分

松坂大輔の決勝でのノーヒットノーラン、池田高校のやまびこ打線、松井秀喜の5打席連続敬遠など、過去の名シーンを余すところなく楽しめる。■オンデマンド高校野球(ソニー)■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■デジタル家電に関連した記事を読む・海洋ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載した“G-SHOCK”が登場 [全文を読む]

Android TV(TM)アプリ「オンデマンド高校野球」スタート

PR TIMES / 2016年07月20日19時05分

松坂大輔の決勝でのノーヒットノーラン、池田高校のやまびこ打線、松井秀喜の5打席連続敬遠など、過去の名シーンを余すところなくお楽しみください。この「オンデマンド高校野球」についての詳細は、以下の動画をご参照ください。元プロ野球選手の森本稀哲(ひちょり)さんと高校野球大好き芸人のかみじょうたけしさんが、実際に「オンデマンド高校野球」アプリを使って過去の名勝負を [全文を読む]

“高校野球大好き芸人”が再びゴールデン特番に登板!

Smartザテレビジョン / 2016年07月16日07時02分

「ヒーローたちの最後の夏」と題し、イチロー、松井秀喜らの敗退場面を紹介していく。 ダルビッシュ有、前田健太、田中将大、大谷翔平ら現在の野球界で活躍する選手たちのターニングポイントとなった敗退の瞬間、という貴重な映像に「高校野球大好き芸人」たちも驚きの表情を見せる。 さらに、昨夏の甲子園で演奏された応援歌トップ20をランキングで紹介。前回放送時に発表した同ラ [全文を読む]

松井秀喜、イチロー、上原浩治、田中将大、大谷翔平……ほか、名選手、名指導者たちの熱い言葉を集めた"野球名言集"が誕生。5月26日(火)に『ことだま 野球魂を熱くする名言集』(集英社)が発売!!

DreamNews / 2015年05月22日10時00分

■『ことだま 野球魂を熱くする名言集』発売日:2015年5月26日(火)編:「野球太郎」編集部+石井孝定価:本体1,300円+税体裁:四六判/160ページhttp://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-780754-7&mode=1【問い合わせ先】 集英社広報部 [全文を読む]

夏に比べてドラマがない? センバツ甲子園の隠れ伝説

週プレNEWS / 2015年03月21日06時00分

最近では92年に出場した星稜・松井秀喜(元ヤンキース)。この年から外野のラッキーゾーンが撤去されたが、2試合で3アーチと関係なし。 98年には“平成の怪物”横浜・松坂大輔(ソフトバンク)がセンバツデビュー。久保康友(DeNA)がエースの関大一に勝って優勝し、春夏連覇に向けて進み始めた。 “ハンカチ王子”と呼ばれる以前の早稲田実業・斎藤佑樹(日本ハム)は、 [全文を読む]

「高校野球は地方予選にこそ本当の青春がある!」 スポーツの新しい見方を綴った爆笑エッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月21日11時50分

元ヤンキースの松井秀喜氏の母校である星稜高校が大逆転劇の末、小松大谷高校を下した。0-8で迎えた9回裏に9得点を挙げてサヨナラ勝ちを収めたのだ。この試合は「奇跡の大逆転劇」と呼ばれ、松井氏の母校であったこともあってアメリカでも報じられた。 しかしながら、そのさらに下の地区予選ではもっと凄まじい「大逆転劇」が“よく”あるうえ、リアルな現実を見せつけられるよう [全文を読む]

ラッキーゾーン撤去後、最初の選抜で最初にホームランを打ったのはあの大打者

アサ芸プラス / 2017年03月28日09時58分

この中には元木大介(元・読売)、松井秀喜(元・読売など)といった、のちにプロ野球で活躍するビッグネームも含まれている。 松井といえば、あの明徳義塾(高知)戦での“5打席連続敬遠”のせいで夏の選手権のイメージが強いが、春夏の甲子園で放った通算4本塁打のうちの3本が春の選抜でのものなのだ。その第1号が92年の第64回大会。この年から甲子園はラッキーゾーンが撤去 [全文を読む]

【プロ野球】歴代5位・48勝の名将が優勝宣言! 「帝京魂」が復活!? センバツはこの監督に注目!!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月18日16時05分

馬淵監督の甲子園エピソードといえば、どうしても松井秀喜の5打席連続敬遠がクローズアップされてしまう。この件への賛否両論はあったが、勝負に勝つための手腕は確か。2002年には森岡良介(現ヤクルトコーチ)を擁して全国制覇。その後も甲子園で上位進出を果たし、名将として名を轟かせる。節目の50勝を今センバツで達成したい。 ■鍛治舎巧監督(秀岳館) 「中学五冠」を [全文を読む]

フォーカス