松嶋菜々子 家政婦に関するニュース

日韓ドラマをWで楽しもう! 「家政婦のミタ」&「怪しい家政婦」日テレプラスで4月放送決定!

PR TIMES / 2015年04月06日12時03分

松嶋菜々子が家政婦を演じた大ヒットドラマ「家政婦のミタ」と、韓流女王チェ・ジウ主演の韓国リメイク版「怪しい家政婦」をあわせて楽しもう! [画像: http://prtimes.jp/i/9198/60/resize/d9198-60-582250-0.jpg ] 株式会社シーエス日本(東京都千代田区)は、当社が運営するCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・ [全文を読む]

女装・TOKIO松岡の半端ない仕事人ぶり!『家政夫のミタゾノ』は痛快か胸糞か

messy / 2016年11月01日00時00分

そして2011年には、大胆にもタイトルをパロッた松嶋菜々子(42)主演『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が大ヒット! 最終回の平均視聴率が今のテレビ界では奇跡に近い40・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことは驚嘆の一言でした。そんな『ミタ』をさらにパロディ化したような『ミタゾノ』は、家政婦モノの主権を我が手に取り戻すべくテレ朝が放った一 [全文を読む]

TOKIO松岡主演のテレ朝ドラマ『家政夫のミタゾノ』 家政婦シリーズに新たな風

しらべぇ / 2016年09月12日18時30分

松嶋菜々子(42)が演じる独特なキャラクター「三田灯(みたあかり)」によって問題を抱えた家族が再生していく内容で、多くの支持を集めた。しかし「家政婦シリーズ」の元を辿れば、市原悦子(80)主演の2時間ドラマ『家政婦は見た!』シリーズが原点。現在では米倉凉子(41)主演の「協栄家政婦協会の沢口信子」に引き継がれ、ともにテレ朝で放送されていた過去がある。今回の [全文を読む]

松嶋菜々子や広末涼子ら仕事で子育て犠牲にしない女優が増加

NEWSポストセブン / 2013年07月28日07時00分

そして19時を過ぎたころ、続々と集まってきたメンバーには、時任三郎(55才)、風間俊介(30才)、芦名星(29才)、そして松嶋菜々子(39才)がいた。 そう、これはドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)のメンバーである。決起集会なのか、懇親会なのか、と思っていたら、実はもう打ち上げだという。ドラマはこの7月に放送が始まったばかりなのに、えっ、もう? と思 [全文を読む]

「家政婦のミタ」佐藤仁美“隣家のクソババア”大ブレイクまでの大苦闘

アサ芸プラス / 2013年02月01日10時00分

『ミタ』後に会う人には、『そんなに若かったんだ!』と驚かれるほど」 11年10月にスタートした同ドラマは、松嶋菜々子の11年ぶりの単独主演で話題を集めていた。物語は、母親が死に崩壊寸前の家庭・阿須田家に、松嶋扮する家政婦の三田が派遣されるところから始まる。 トラウマを背負い決して笑わないが、家族の業務命令なら、どんなことでも「承知しました」と引き受けて遂行 [全文を読む]

『逃げ恥』 過去のお化けドラマ『ミタ』『半沢』との共通点

NEWSポストセブン / 2016年12月24日16時00分

無表情でロボットのように淡々と仕事をこなす家政婦・三田(松嶋菜々子)。どんな無謀な要求にも「業務命令でしょうか」「承知しました」と機械的に実行。 しかしそんな家政婦の型破りな行動によって、バラバラだった家族は「絆」を取り戻していく──不思議な物語でした。このドラマのテーマは、「家族の再生」。その2011年、最大の出来事といえば3.11東日本大震災。この年の [全文を読む]

TOKIO松岡昌宏、“家政夫”役で新境地へーー頼れる兄貴分はダークな役柄をどうモノにする?

リアルサウンド / 2016年09月05日06時10分

ちなみに松嶋菜々子主演で大ヒットした『家政婦のミタ』は、日本テレビ系だったため、テレ朝としては勝負をかけてきた作品といえそうだ。 参考:滝沢秀明 vs 中村蒼、好対照のイケメンぶりーー『せいせいするほど、愛してる』のキャラ比較 『家政夫のミタゾノ』は、松岡演じる家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が主人公。三田園は掃除、選択、料理、子守など家事全般を完璧に [全文を読む]

松嶋菜々子、迫る5%台に「奇策」

NewsCafe / 2016年08月10日11時35分

5%台が視野に入ってきました」 デスク「本来なら、打ち切り水準だけど、広告代理店のイケイケ女性クリエーターが、結婚・出産から3年ぶりに復帰したら、お飾りの営業部長にさせられたっていう設定が受けてないみたいだな」 記者「ヒロインの松嶋菜々子(42)が脚本に注文をつけ、色っぽいシーンにNGを出したなんて話も聞きます」 デスク「そりゃ、松嶋ならそんな安売りはしな [全文を読む]

松嶋菜々子「家政婦」バブルを狙い「濡れ場あり」新ドラマ撮影現場でのサービスカット

アサ芸プラス / 2016年07月02日17時57分

今夏、新ドラマで主演を務める松嶋菜々子(42)。脚本家の過去作品から、濡れ場解禁の期待も高まっている。すでに始まった撮影現場では、胸元を見せるサービスもしていた。放送ではカットされるお宝ショットを余すことなく伝える! 7月21日から放送が始まる新ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)。松嶋にとっては、3年ぶりの主演を務める連ドラとなる。 作中での松 [全文を読む]

日テレ『ミタ』続編を蹴った!? 松嶋菜々子が連ドラ復帰に“落ち目のフジ”を選んだ「したたかな計算」

日刊サイゾー / 2016年06月16日09時00分

7月から放送されるドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)に主演する松嶋菜々子。2013年に出演した同局の『救命病棟24時』 第5シリーズ以降、連ドラ主演は実に3年ぶりとなる。 『魔女の条件』(TBS系)、『やまとなでしこ』(フジテレビ系)、さらには最終回の視聴率が40%を超えた『家政婦のミタ』(日本テレビ系)など、これまで高視聴率女優と呼ばれてきた [全文を読む]

松嶋菜々子3年ぶり連ドラ主演で「働く女性」に!

Smartザテレビジョン / 2016年05月20日08時00分

7月スタートのフジテレビ系“木10”枠ドラマに、松嶋菜々子が主演を務める「営業部長 吉良奈津子」が決定した。 松嶋が連続ドラマで主演を務めるのは、「救命病棟24時 第5シリーズ」('13年フジテレビ系)以来3年ぶりとなる。 同作は、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」('14年フジテレビ系)で主婦の本音をリアルに描き、女性の共感を得た井上由美子が脚本を担当。 [全文を読む]

最高視聴率40%を記録した大ヒットドラマ『家政婦のミタ』の韓国リメイク版が放送決定!

Woman Insight / 2014年08月21日19時00分

主演の松嶋菜々子さん演じる、家事を完璧にこなすのに“感情がない”家政婦の「承知しました」という名台詞とともに、社会現象を巻き起こしました。 このドラマが、2013年に韓国で、チェ・ジウさん主演でリメイクされましたが、そのドラマ『怪しい家政婦』が、ついに日本でも放送されます! 本国で“涙の女王”と呼ばれるチェ・ジウさんが、“無表情”で挑んだドラマ。しかも、ド [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング 松島菜々子「共演者と口を利かない」

アサ芸プラス / 2012年01月18日11時00分

感情を表に出さないクールな家政婦役は松嶋菜々子(38)にとって新境地開拓の大きなステップとなった。「松嶋は脚本を担当した遊川和彦氏の作品等を徹底的にチェックし、誰にも相談せずに“家政婦ミタ”のキャラクター像を作り上げたんです。撮影現場では、松嶋は他の出演者とはほとんど口をきくことなく、孤立化した状況を作り撮影に臨んでいました」(テレビ関係者) そんな苦労が [全文を読む]

ドラマ『過保護のカホコ』から考える母娘関係

オールアバウト / 2017年09月06日22時05分

『家政婦のミタ』では、松嶋菜々子演じる家政婦が、依頼主の家族に対し「それはあなたが決めることです」と突っぱねるシーンが何度もありました。親子の間でも、どこまでが自分の領域で、どこから先が相手の領域なのか、それを意識していくことが大切です。(文:福田 由紀子) [全文を読む]

「ミタ」はハッタリ?松嶋菜々子「女の勲章」惨敗で視聴率女王株がダダ下がり

アサジョ / 2017年04月18日18時15分

4月15、16日の2夜にわたって放送された松嶋菜々子主演の2夜連続ドラマ「山崎豊子ドラマスペシャル女の勲章」(フジテレビ系)は、第1夜は8.1%、第2夜が6.2%と、期待を下回る結果に終わった。 同ドラマは、大阪の裕福な羅紗問屋の娘として生まれた大庭式子(松嶋)が、戦争で家族も家も失い、そこからファッションデザイナーとして成功し、その後の運命を描いている。 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

松嶋菜々子演ずる笑わない家政婦・三田灯が主人公。こちらも『女王~』同様、物語の前半は彼女の過激な行動に視聴者は驚かされるが、それも全て意味があり、おかげでバラバラになりかけた家族は絆を取り戻す。最終回は、当の三田が過去のトラウマを乗り越え、笑顔を取り戻すというオチ。ちなみに、最終回の視聴率40.0%は、『半沢直樹』(TBS系/2013年)に次いで今も21世 [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

実は彼は、コネで教師になった未知(松嶋菜々子さん)が勤める高校の転校生で有名な問題児でした。お互いちょっといじめにあっており、お互いを心配しながら心を通わせ、即交際宣言してしまう驚きの急展開。息子ラブなあまりに過激な愚行に走る光母、同級生の純の家庭トラブルや周囲からの嫌がらせ、お互いを思うあまりのすれ違いや、信頼した人の裏切りなど、愛がスパークしてしまった [全文を読む]

懐かしの韓流美女があの人気ドラマをパクっ!

アサ芸プラス / 2013年10月16日10時00分

松嶋菜々子ばりに無表情演技をしているが、視聴率はずっと1ケタ台と低滑空しています」(前出・韓国メディア関係者) 全20話のドラマは笑顔の最終回までたどり着ける? [全文を読む]

「了解」は対人関係の非円滑用語 目上・上司にはなじまない

NEWSポストセブン / 2012年12月07日07時00分

崩壊寸前の阿須田家の家政婦・松嶋菜々子は、家族の者に命ぜられると口が裂けても「了解です」とはいわなかった。「承知しました」 ※週刊ポスト2012年12月14日号 【関連ニュース】現代は部下が「仕事で飲むのに残業つかないの?」と思う時代上司と部下の“最終決戦”を描いたウェブ人気コラムが本に上司に叱られたOL ツイッターに「言葉は人を殺す」と書く女性の肩を叩い [全文を読む]

究極のライバル対決「生き残るのはどっち」だ(2) 子役「マルモリ」芦田愛菜×「家政婦のミタ」本田望結

アサ芸プラス / 2012年01月15日11時00分

よもやの視聴率40%を更新したドラマ最終回で、松嶋菜々子が抱き上げるシーンが瞬間最高視聴率を記録したあの泣かせ子役と言えばおわかりだろうか。 「愛菜ちゃんと同学年世代は演技派ぞろいで、“黄金の04年生まれ子役”と呼ばれています。望結ちゃんも涙を自在に出せるなど、愛菜ちゃんに劣らぬ天才肌。所属事務所が福くんと同じとあって、『芦田愛菜に追いつけ、追い越せ』と下 [全文を読む]

フォーカス