仲代達矢 無名塾に関するニュース

日本映画界に苦言も……大御所・仲代達矢と「無名塾」の本当の評判

日刊サイゾー / 2013年04月10日09時00分

俳優の仲代達矢が先日出版した『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』 (PHP研究所)の発売を記念したトークショーでの発言が、波紋を呼んでいるという。 「『最近は特にテレビは、昨日までモデルやっていたような人が映画の雰囲気に合っているからって抜擢されたりしていますよね』とか、『主役を立てようとする俳優がいなくなりましたよね。俳優が勉強をしなくなった。技を極めなく [全文を読む]

滝藤賢一“3年間、芝居のことだけ考えた”修業時代

WEB女性自身 / 2015年12月07日06時00分

だから、仲代達矢さんが主宰している俳優養成所『無名塾』に入って初めて芝居の世界はそんな甘いものではないことを知るという 」 中山「無名塾を選んだ理由は?」 滝藤「タダだからです。あ、仲代さんに怒られるかな(笑)。お金もなかったし、生活するので精いっぱいだったので 。しかも入塾のオーディションは、1千人のうち受かるのはほんの数人。どうせ受からないだろうと思っ [全文を読む]

滝藤賢一 舞台を10年間…「毎日吐きそうだった」下積み時代

WEB女性自身 / 2014年04月13日07時00分

映画の世界を夢見ていた滝藤は、22歳で仲代達矢主宰の「無名塾」に入るが、待っていたのは想像とは違う日々だった――。「無名塾は役所広司さんがいらしたところという認識だったので、これで映画の世界で生きていけるんだって思ったら舞台ばかりで。だって、役所さんっていえば映画のイメージじゃないですか。舞台は観たことがなかったし、とても焦りました」(滝藤・以下同) しか [全文を読む]

山本圭 セリフは言葉の理を理解して息を絞って外に出すもの

NEWSポストセブン / 2015年12月11日16時00分

俳優座時代の先輩でもある仲代達矢と舞台で共演したことで知ったことについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 山本圭は1964年、日生劇場での俳優座二十周年記念公演『ハムレット』に出演、後には自身もハムレットを演じている。 「仲代(達矢)さんがハムレット、平(幹二朗)さん [全文を読む]

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

主役の庄司佐之助を演じるのは、1954年「七人の侍」で映画デビューし、御年82歳の俳優・仲代達矢。黒澤明監督作品を始め、日本映画を代表する作品に多数出演。自らが主宰する「無名塾」でも舞台活動を行うなど、82歳を迎えてもなお精力的に活動を行っています。 (C)2015 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 そんな仲代について、杉田監督と桜庭は以下のように [全文を読む]

ギョロ目俳優・滝藤賢一が『半沢』同期近藤を演じるまで

WEB女性自身 / 2013年10月07日07時00分

その後、友人に誘われ、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾する。「無名塾は舞台が中心。映画をやりたい僕としては戸惑いましたが、映像の世界に入ることを夢見ながらも、日々、役者としての修業を積ませてもらいました。3年の塾生時代を含め、役者として鍛えてもらった10年間は、今の僕の土台になっています」(滝籐・以下同) 俳優人生を大きく変えたのが、堺雅人との初共 [全文を読む]

真木よう子が打ち上げ中に失踪?前代未聞の”奇行”で危惧される深刻な内情

デイリーニュースオンライン / 2017年09月13日19時05分

新規オファーを受けられる状態でもなく、このままでは実質的な休業、下手すれば引退の可能性すらある危険な状況です」(芸能関係者) ■「非常事態レベルのダメージ」から再起なるか 真木は自ら「男っぽい」「気が強い」と称するサバサバ系の性格で知られ、俳優養成所「無名塾」時代に主宰の大御所俳優・仲代達矢(84)と激しい口論を繰り広げた末に退塾したという武勇伝的なエピソ [全文を読む]

真木よう子のイタさが急上昇「男子派なんで。女の子とキャピキャピするのが苦手」な自称サバサバ系女子

messy / 2017年08月31日23時40分

15歳の時に入塾した俳優養成所「無名塾」は、主宰の仲代達矢と口論になり退塾したのも有名な話だ。だが、番組での真木の言動は、まさに自称サバサバ系のテンプレートすぎて、“オス”と言えるのかどうか怪しい。むしろよくいるタイプの女性である。 [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>

アサ芸プラス / 2017年08月23日17時57分

往年の名作映画をリメイクし、物語のカギを握る娼婦の杉戸八重役で、仲代達矢との濡れ場を演じた。若村は仲代が主宰する「無名塾」の出身であり、師弟のカラミを演じたことになる。「隠れた名作といえば、中森明菜(52)が主演した『悪女2 サンテミリオン殺人事件』(93年、フジ系)も、保阪尚希を相手に、かなり濃厚な濡れ場を演じた。シーツにくるまれてはいたが、明菜は上半身 [全文を読む]

滝藤賢一 7月クール2作出演!名脇役が奮起の陰で抱く野望

WEB女性自身 / 2017年08月05日10時00分

「もともと俳優・仲代達矢さん(84)主宰の俳優養成所・無名塾・に在籍し、舞台を中心に活動し演技力を磨いてきました。その後、映像作品に幅を広げるために退所。コツコツ脇役をこなしてさらに演技力を磨き、13年放送のTBS系『半沢直樹』では堺雅人さん(43)演じる主人公と同期の銀行員を熱演。一躍注目を集めました」(民放キー局のドラマ班スタッフ) 今クールは「黒革 [全文を読む]

竹内力は銀行員、バナナマン設楽は駅員だった!? 意外すぎる経歴をもつ芸能人たち

dmenu映画 / 2017年08月05日07時00分

東京都千代田区役所職員だった俳優の役所広司は、俳優を目指して仲代達矢が主宰する俳優養成所「無名塾」へ。入所時に役所勤めをしていたことから、仲代に“役所広司”と命名されました。そこには“役どころが広くなる”という意味も込められているそうです。日本を代表する名俳優の活躍ぶりは、まさに“名は体を表す”芸名のおかげかもしれませんね。 また、セクシーなお姉さんとし [全文を読む]

涙が…21年前に妻失った仲代達矢から海老蔵へのメッセージが話題

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月27日19時26分

俳優の仲代達矢が、27日にTwitterで発信した歌舞伎俳優の市川海老蔵への言葉が、「涙がでました」「気持ちが穏やかになりました」と注目を浴びている。仲代は21年前に妻の宮崎恭子さんを膵臓がんのため亡くしており、今回のツイートはその宮崎さんへの思いをつづったものだった。 仲代は、27日に「私事で恐縮ですが今日は女房の命日です」とツイート。宮崎さんは女優とし [全文を読む]

真木よう子、質素な主婦役でホストクラブ豪遊疑惑を蒸し返される! 整形疑惑も再燃?

おたぽる / 2017年05月29日12時00分

「真木と滝藤は、仲代達矢主宰の俳優養成所『無名塾』の同期なのですが、真木は仲代との確執から00年に退塾。滝藤は07年まで在籍していたのですが、『週刊女性』のインタビューでは、05年に公開された映画『パッチギ!』を見た時に、『凄い女優さんがいるなって思っていて、エンドロールを見るまでそれが真木よう子さんって気づかなかった』と語っていました。真木は以前から整 [全文を読む]

阿部寛が「すごく気になる」役者は佐藤浩市と中井貴一だった!

anan NEWS / 2016年11月10日08時00分

先日、仲代達矢さんが20ページ分くらいの長ゼリフを2回もこなされるのを目の当たりにして、感動しました。記憶力がピークの若い役者でも覚えるのが大変な量ですよ。無名塾の代表である仲代さんの、役者として一歩も引かないぞという気概が伝わってきました」 そう話す阿部さん自身が役者として心がけていることは? 「見てくれる人が楽しんでくれる、感動してくれる作品を作ること [全文を読む]

真木よう子の“髭ダンス”に「無理すんな」の声 小泉今日子とのツーショットでヘビースモーカー疑惑浮上?

おたぽる / 2016年02月22日09時00分

「CMで真木は、『私のこと、クールな女だと思ってます?』とカメラ目線で問いかけ、『甘いなー』と言ってから画面転換し、チョビ髭を付けた姿で加藤茶と髭ダンスを始めるのですが、真木といえば、本人が問いかけた通り、世間的にはクールなイメージが強く、さらに、15歳の時に入塾した仲代達矢主宰の俳優養成所『無名塾』では、仲代と口論になり退塾。また、10年に公開された映 [全文を読む]

橋本愛、竹内結子らの二十歳のほろ苦い思い出に苦笑い

Movie Walker / 2016年01月14日19時49分

仲代達矢さんの無名塾が恋愛禁止だったので、名古屋の内海の海でつき合っていた彼女と別れ話をしました」と暗い面持ちで告白。最後に中村監督が「痩せてました。いまより25kgくらい……」とコメント。橋本は、5人の弁に「ほろ苦いですね」と苦笑いした。 最後は、映画に合わせて、お清めの塩を入れたポチ袋をバズーカ砲で飛ばし、大盛況のなか、舞台挨拶は幕を閉じた。 第26回 [全文を読む]

芸能界「映像の黒歴史」(2)真木よう子が屈辱を味わったハリウッドデビュー作

アサ芸プラス / 2015年04月23日17時59分

デビュー前に属していた「無名塾」は、主宰の仲代達矢にタンカを切って飛び出している。出世作の映画「パッチギ!」やドラマ「SP」など、ケレン味あふれるキャラを演じて存在感を示す。かと思うと、映画「ベロニカは死ぬことにした」で、ド迫力のGカップをさらし、自身の指で登りつめる過激シーンに挑むなど、オンナの部分もアピールする。 そんな真木にとって唯一の泣きどころは、 [全文を読む]

美しいバストを持つ美人女優の“ボディ解禁”生報告!(2)世の中の男を骨抜きにする「真木よう子」の美バスト

アサ芸プラス / 2015年04月20日09時56分

俳優養成所の無名塾にいた頃、ほぼ毎日課されていたマラソンがきっかけで、主宰者の仲代達矢と大ゲンカして脱会したのは有名な話。走っている時に、養成所のメンバーにオッパイをジロジロ見られるのがイヤで、誰よりも早くスタートしてマラソンを終えるようにしていた。しかし、それを仲代にサボりだと指摘されてブチ切れたそうです」 私生活では08年に元俳優の片山怜雄氏と結婚して [全文を読む]

真木よう子 不思議な夫婦関係を築く私生活

アサ芸プラス / 2014年09月30日09時59分

とにかく気が強くて、下積み時代に『無名塾』に在籍していた時には、主宰の仲代達矢さんと大喧嘩をして退塾しているほど。映画『ゆれる』(シネカノン)のオーディションの際は、監督の西川美和さんをライバルと思ってガンを飛ばすなど、その武勇伝は数知れない。一方の片山さんが内向的で温和な性格のため、まさに主夫にはピッタリのタイプなんです。2人が結婚した際には、『なんで真 [全文を読む]

『半沢直樹』同僚役の滝藤賢一、ブレークの裏に「ワークショップに100万円以上」地道な努力あった

日刊サイゾー / 2014年06月30日13時00分

「彼は、仲代達矢さん主宰の俳優養成所『無名塾』で、真木よう子さんと同期でした。昨年の『半沢直樹』でブレークするまでは、知る人ぞ知るといった俳優さんでしたね。今では、顔と名前が一致するほどの知名度になったんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者) 滝藤がデビューしたのは2000年あたりだが、俳優として注目を集めるようになったのは、08年に公開された映画『クラ [全文を読む]

フォーカス